ブラジルという国のサッカーへの厳しさ

スキルアップ DVD教材 講師

高校からサッカーを始めて、ろくにリフティングも出来ずにブラジルに渡ったわけですが、そんな自分がブラジルの1部リーグのプロサッカー選手になれるなんて、全く思いませんでした(笑)

そんな自分がプロサッカー選手になれた理由の一つに、当時ブラジル最強のユースチームに入れられたおかげと思います。

入れられたというのも、ブラジル留学は、斡旋業者を通じてブラジルに行き、チームも勝手に決められるというのが普通でした。

お金を払ってブラジルに行くわけで、ブラジルのチームとしては、日本から来るお客様って感じです。

チームの選手たちは、厳しいテストをくぐり抜けて来た選手ばかりですから、僕のような人間が普通は入れるわけがないのです。

日本人留学生として、ただの練習生として所属するだけです。

このような状況は、もちろん想定済みで、そりゃそうです。

ブラジル人選手たちは、テストで受かった金の卵で、僕はと言うと、日本からお金を払って来た、ただの留学生ですから。

ましてや高校からサッカーを始め、リフティングすらろくにできないわけですから、悲惨な状況は簡単に想像できました(笑)

 

■サッカー大国 ブラジルの凄さを肌で感じた日

さらに、チームは当時ブラジル最強のユースチームですから…

先ず、ボールコントロールの簡単な練習が出来ない…リフティングは落とすし、ドリブル、トラップ、キック、全くボールが自分のものになってない…

我ながらこんな技術でよくブラジルに来たなと思いました(笑)

んなのはブラジルの厳しさでもなんでもなく、単純に僕が下手なだけで、その下手なことが、これから先に待ち受ける「ブラジルの厳しさ」に繋がるわけです。

ラジルでは、基本技術トレーニング、基本戦術トレーニング、フィジカルトレーニング、紅白戦など、非常にシンプルなものばかりです。

その中で、紅白戦は非常に重要で、ここでしっかりプレーする、アピールすることが、レギュラーをつかみ、プロへの一歩となります

全員が必死、全員が本気なのです。

その中で、日本から来たお客様留学生が、まともにプレーなどできるわけがありません。

紅白戦出場時間は、始めは15分です。

そこで、まともなプレーが出来なければ、10分、5分と減っていき、最終的には、出場もなくなります。

ミスしたら、チームメイトから罵声を浴びせられ、パスは二度と来ません。

どんなに良いポジションにいても、ミスする選手、簡単にボールを失う選手には、パスなど来ないのです。

日本でそんなことがありますか?

ミスしたら味方から罵声、文句を言われ、もう二度とパスが来ない

これぞ、ブラジルだと感じました。

 

■だからこそ、本物の技術を身に付けなければいけない

そして、これこそ本物の技術を身につけるために必要なことだったのです。

サッカー選手として成功するために一番必要な技術は、「ボールを取られない技術」ですから。

もし、完璧に、どんな状況でも「ボールを取られなければ」、世界のトップになれます。

ある意味、究極の技術ですが、それこそが本質的に大切なことだとブラジルから感じ、学びました。

「ボールを持てる技術、ボールを取られない技術」

そのために、全ての練習、トレーニング、努力があると、心底思えたからこそ、プロへと繋がったと信じています。

ブラジルの厳しさは、非常にシンプルで、サッカー選手としての核心を突いていました。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。