閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  4. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  5. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  7. 【千葉コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  8. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
  9. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする
  10. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

身体の開きの矯正について

前回、ざっくりかもしれませんが、「身体の開き」について書かせて頂きました。

どんなスポーツにおいても、身体が開かないでプレーすることは、とても重要です。

今回は、身体が開かないように、体幹を鍛えて、軸を作る方法をお伝えしたいと思います。

 

■利き足理論を習得すると、身体が開かなくなる

選手育成指導やDVDなどでも、「利き足のポイント」について、お伝えしていますが、「利き足のポイントの技術」こそが、身体の開きのない技術であり、身体の開きのないプレースタイルです。

利き足だけをただ使っていれば、それが「利き足のポイントの技術」ではなく、この技術については、非常に深い意味があるので、おいおいお伝え出来ればと思います。

先ずは、簡単な身体が開かないようにするためのトレーニングとして、アウト(小指)でボールタッチするドリブルがあります。

その次に、ターンでは、その小指でボールタッチするアウトのターンをやることで、より効果があります。

アウトでボールタッチするだけで、身体は開きませんし、アウトでターンすることは、さらにボールタッチ、ステップを気をつけなければならないので、より効果的です。

普通にターンすると、だいたいの人は、足の裏やインのターンをしてしまいがちになります。

それは、身体が開いてる、ボールが足から離れているからで、その矯正方法としても、アウトのドリブル、アウトのターンを繰り返し練習するだけでも、効果が表れます。

 

■リフティングも最適な練習法です

さらに、利き足のインステップのリフティングトレーニングを行うことで、効果はより高くなります。

例えば、利き足のインステップのリフティングで、逆足側にボールが行ってしまった場合、それ自体が、ボールコントロールミスで、そのミスを逆足でボールタッチすることは、身体が開いたままプレーしていることと同じです。

慣れないリフティングに関しては、ボールがあっちに行ったり、こっちに行ったりと、ボールを正確にコントロール出来ないことがありますが、そんな時も、しっかりと利き足でボールを追いかけて、利き足のインステップでボールタッチしてください。

それこそが、身体が開かないプレースタイルのトレーニングであり、ステップや体幹、軸、バランスを鍛えることになります。

 

■指先のボールタッチを向上させるメリットとは…?

このように正しい利き足の使い方を身につけるためのトレーニングこそが、身体の開きのないプレースタイルに繋がります。

その場で安定した利き足のインステップリフティングが出来るようになれば、次は、歩きながら、走りながら、リフティングトレーニングをしていくと、さらに効果が上がります。

利き足のドリブルトレーニングでは、アウト(小指)、イン(親指)の交互のボールタッチ練習も効果的です。

リフティングトレーニングでは、利き足のインステップから腿、アウト、イン、胸、頭と、この順番でのボールタッチをするリフティングトレーニングも、さらにステップアップしたトレーニングとして効果があります。

そして、「チョンチョンリフティング」という指先でボールタッチするリフティングトレーニングも、すごく効果があります。

指先のボールタッチは神経系統の感覚を上げて、ボール感覚、ボールタッチ、ボールコントロールの質の向上、立ち足、軸、体幹を強化します。

さらに、チョンチョンリフティングをしながら、歩く、走るといったトレーニングは、さらなる強化となります。

 

■身体の開きのないプレースタイルへ

これらのトレーニングもまたざっくりしたものですが、順番に一つ一つクリアしていくことで、「身体の開きのないプレースタイル」へと導いてくれます。

次回からは、サッカーの技術向上のために、順にいろいろとご説明していきたいと思います。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

関連記事

  1. 【上達法】中学サッカーに必要な3つのポイント

  2. サッカーを始めたばかりの子どもたちに共通の苦手な動作がある

  3. 2人で1人をカンタンにかわすこと、2人で相手のボールを 奪うとい…

  4. 「キック」の練習に取り組んで見てください。

  5. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない

  6. ブラジルの選手の間合いのとり方に注目です

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…
  2. ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始め…
  3. ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリの…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。