強い弾丸シュートの蹴り方のコツ

シュート 練習法

今回は、「強い弾丸シュートの蹴り方のコツ」についてご紹介します。

  • 速いシュートが打てない…
  • 強いシュートが打てない…

こんなことで、悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

キーパーでもキャッチができないようなシュートは、誰もが憧れると思います。

強い弾丸シュートを、蹴れるようになりたくないですが?

弾丸シュート蹴り方のコツ①軸足をしっかり地面つく

蹴り足の筋肉をつけ、蹴り足の振りを早くすれば、強いシュートが打てると思っていませんか?

それは、正解です。

しかし、プラスで大事なことがあります。

それは、軸足(立ち足)です。

なぜ、軸足が大切なのか分かりますか?

それは、より踏み込めるようになるからです。

さらに、軸足の中でもより意識していてだきたいのが、親指力になります。

親指で地面を噛む力が強くなると、

  • しっかり踏み込める
  • 重心がブレることがなくなる

ボールに、しっかりとパワーを伝えることが出来ます。

軸足がフラフラしてしまうと、

  • 速いシュート
  • 強いシュート

が蹴れても、そこからの正確性が逃げてしまいます。

ですので、軸足の親指で地面を噛むように踏み込むこみ、重心がブレないようにしましょう。

弾丸シュート蹴り方のコツ②腕をしっかり使う

腕は、どの動作をしても重要になります。

輪ゴムを、想像してみてください。

輪ゴムは引っ張れば引っ張るほど、離した時に速く遠くに飛びますよね?

それと同じ考えです。

腕を使ってシュートを打つのと腕を使わずにシュートを打つとでは、どちらが速く遠くにシュートを打てると思いますか?

もちろん、腕を使った方が速く遠くにボールを蹴れますよね?

ですので、腕の使い方が重要になるのです。

腕をしならせて、その勢いを使って蹴ることで、より強いシュートを打つことが出来ます。

弾丸シュート蹴り方のコツ③ボールを当てる場所

足の甲の一番硬い所に、ボールの中心を当てて蹴ります。

足は若干斜めにして、一番足の甲で出っ張っている部分にボールを当てるようにしましょう。

そうすることで、ボールに力が加わり、速くて強いシュートが打てるようになります。

まとめ

今回は、「強い弾丸シュートの蹴り方のコツ」についてご紹介しました。

  • 軸足をしっかり地面つく
  • 親指で地面を掴む
  • 腕をしっかり使う
  • ボールを当てる場所

これらのことを意識して、弾丸シュートを練習してみてください。

きっと、速くて・強いシュートが打てるようになり、チームの勝利に貢献できると思います。

この記事を書いた人上達編集部サッカー上達編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。