誰でもできるおしりを使ったボールキープ術

練習法

今回は、「おしりを使ったボールキープ術」をご紹介します。

ボールキープとは、ボールを保持して取られない様にする術のことです。

  • 自分は、体が小さいからボールをキープできない…

と悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

そこで、今回は誰にでもできる、「おしりを使ったボールキープ術」をご紹介します。

現在、ボールキープで悩んでいらっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてください!

間違ったボールキープ

おしりでボールをキープするというと、多くの方は自分の身体を折り曲げて、ボールをキープする状態になるのではないでしょうか?

なぜ、自分の身体を折り曲げた状態が起きてしまうのかというと、ボールの上に足を乗せて、おしりを使おうとするからです。

ボールに足を乗せた状態でおしりを使おうとすると、おしりを突き出さないといけないので、どうしても自分の状態(姿勢)が悪くなってしまいます。

その結果、身体がくの字になってしまい目線が下に落ちてしまうので、視野が狭くなります。

また、片足立ちなので、あまり力強く踏ん張ることができません。

正しいボールキープ術

しっかりと踏ん張れるように、なるべく両足を地面に付け、ボールをキープしておしりを使うことが大切です。

両足で踏ん張った状態でおしりを使ったとしても、くの字になってしますが、この場合は一瞬だけおしりを使ってすぐボールを触るようにしましょう。

相手が、ボールを取りにきた瞬間にボールから足を離します。

その時に、両足で地面を踏んでおしりだけ付きだして相手をブロックしましょう。

一瞬、自分と相手との間に空間ができるので、そこでもう一度ボールを触り、相手が来たらブロックします。

これを繰り返して行いましょう。

これが、正しいおしりを使ったボールキープ術です。

注意点

ボールに足を乗せた状態でおしりを使うのではなく、ボールから一瞬だけボールを離して、すぐボールに触るようにしましょう。

そうすることで、地面に両足が付くので、より強い力で相手に対して力を加えることが出来ます。

まとめ

今回は「おしりを使ったボールキープ術」についてご紹介しました。

  • 相手がボールを奪いにくるタイミングに合わせておしりでブロック
  • ボールから足を離して両足で踏ん張る

相手が後ろにいる場合、おしりを使ってボールをキープしてみてください。

ボールをキープできるようになると思います。

誰でも行えるキープ術なので、ぜひ試してみてください!

この記事を書いた人上達編集部サッカー上達編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。