1対1で自分のマーカーを抑えこむコツとは?

ディフェンス 武内颯馬

ディフェンスの基本は、1対1です。

サッカーはチームスポーツですが、ポジションによっては頻繁に1対1の場面が訪れます。

ここで勝てるかどうかが、チームの勝利につながってきます。

今回は、マークをすることを中心にディフェンスの1対1のコツを紹介していきます。

振り向かせない

良い選手も、前を向けなければ出来ることは限られています。

  • バックパス
  • バックへのドリブル

です。

そうすれば、怖いことはありません。

後ろからピッタリと張り付くことで、前を向けなくさせましょう。

ドリブルで振り切られない

ピッタリとマークについている時に、相手のドリブルが巧かったり早かったりすると、一瞬のうちに体を入れ替えられてしまいます。

その場合は、距離をとって抜かれないようにしましょう。

相手に前を簡単に向かせない範囲で相手との距離をとることが、このポジショニングの大事なところです。

スルーパスに振り切られない

  • 自分のマークだけを見ている
  • ボールだけを見ている

と、スルーパスに反応が出来ず、抜け出されてしまいます。

ボールとマーカーを同時に見れる位置取りをして、尚且つ、敵のスルーパスのコースを予想しましょう。

コツとしては、自分のマークとパスの出し手とスルーパスのコースといった3点を図的にイメージすることです。

それが出来れば、それを邪魔する位置に自分を置けば良いです。

敵のトラップを狙う

マークをしていて相手のボールを取るねらい目は、トラップの瞬間です。

相手がどこに止めるのかを予想して、プレッシャーをかけましょう。

また、プレッシャーのかけ具合では、相手がトラップミスをしてくれる可能性もあります。

ただ、巧い選手の場合、トラップで交わしてくる場合もあります。

その対応も、事前に考えておきましょう。

パスコースやシュートコースを切る

相手がボールを持った時は、パスやシュートを狙ってきます。

そのコース上に、自分を立たせます。

もし、マークをしていたとしても、パスコースがガラ空きだったなら、簡単にクサビのパスを入れられて崩されてしまいます。

マークをしながらも、どこに立つと相手が展開しにくいかを考えましょう。

また、後ろの味方選手に指示をしてもらうと、より良いポジショニングを取ることが出来ます。

どちらのサイドかに切る

1対1の場面では、相手にどちらのコースにドリブルをさせるかを決めた方が良いです。

コースを限定した方が、その後の対応がしやすいからです。

例えば、右サイドで1対1になった場合、中を切って相手をライン際にドリブルをさせます。

縦が空いているのでドリブルで進められてしまうけれども、逆サイドへの展開は出来ないので、中を切りつつドリブルを止めに行くように考えれば良いです。

後ろの味方にとっても相手の選択肢が限定されるので、フォローにもいきやすくなります。

敵の得意なプレーを記憶しておく

相手の得意なプレーを記憶しておくと、対応がしやすくなります。

例えば、

  • キックフェイント
  • シザース
  • 縦突破

などのプレーをよく使う選手なら、それにひっかからないようにイメージしておくだけで、抜かれにくくなります。

高いボールはなるべく寄せる

高さに分がある選手に高いボールが来た場合は、カットするのは難しいです。

その時は、カットできなくても体を寄せましょう。

体を寄せて競り合うことで、相手は自由にプレーが出来なくなります。

ワンツーには意識を高く

相手がワンツーを使ってきた時は、自分がボールウォッチャーになりがちです。

ボールウォッチャーになってしまうと、簡単に置き去りにされてしまいます。

そうならないためには、マークにつく時にワンツーを想定しながらプレッシャーをかけ、相手がパスを出した瞬間にはそのパスコースへ下がる、という動きが必要です。

出し手にプレッシャーををついてもらう

自分が敵をマークしていても、パスの出し手が自由にプレー出来ていれば、良いパスを出されてマークが難しくなります。

自分が敵を抑えるには、味方にも相手の出し手にプレッシャーをかけてもらい、良いパスを出させないようにしてもらいましょう。

まとめ

自分のマークを抑えることは、チームディフェンスの基本です。

それを積み重ねることで、勝利につながります。

抑えることが出来た時は、自信がつき、自分の能力や経験も上がります。

対応の仕方は、

  • 個人でする方法
  • 複数でする方法

があるので、味方とコミュニケーションをとりながらプレーしましょう。

今回紹介したコツを参考にして、自分のマークを抑え込んで下さい!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武