最速最短でサッカーが上手くなる方法を3つ紹介!

スキルアップ 戦術

  • 「サッカーを始めたばかりだけど、早く周りに追いつきたい」
  • 「初心者だけど試合に出て活躍できる選手になりたい」
  • 「サッカー初心者でも、早く周りに追いつける方法があれば教えてほしい」

こんな悩みに答えます。

「サッカーを始めたばかりだけど、上手くなって早く試合で活躍したいな」といつも思っているのではないでしょうか。

今回紹介する3つの方法をやることで、今までよりも急激にサッカーが上手くなります。

とは言っても、誰でも簡単にサッカーが上手くなるほど、単純なスポーツではありません。

今日やって明日上手くなるなら、誰も苦労はしません。

毎日コツコツ積み上げていく覚悟があるなら、続きの「最速最短で上手くなる方法」を最高にしてみてください。

最速最短でサッカーが上手くなる3つの方法

最速最短でサッカーが上手くなる3つの方法は、

  1. 試合を観ること
  2. サッカーノートを書くこと
  3. 意図を考えて練習すること

正直難しい内容ではありませんが、ほとんどの選手が行っていない方法です。

ほとんどの選手がやっていないからこそ、最速最短で上手くなれるということですね。

それでは、一つずつ簡単に解説していきます。

試合を観ること

「試合を観ること」と言われても、すでにサッカーの試合をよく観ていると思います。

ですが、普段のあなたは何を意識してサッカーの試合を観ていますか。

「今のシュートやばい」「ドリブルうまいな」

このように考えながら、ただの観客として観ているのではないでしょうか。

もちろん、サッカー自体を楽しむことは大切です。

しかし、あなたはサッカーが上手くなりたいなら、試合を見ながら技術を盗まないといけません。

  • ファーストタッチの置き所
  • トラップからパスまでの速さ
  • 得点を決めるまでの動きだし

試合の見方を変えれば、いくらでもサッカーが上手くなるヒントが転がっています。

サッカーを始めたてで、いきなり試合から盗むことは難しいと思います。

まずは、プロの試合から盗むのではなくて、自分のチームにいる上手い選手を参考にしてみましょう。

身近で同じ目線にいることで、頭でイメージしやすいのでおすすめです。

サッカーノートを書くこと

サッカーノートを書くことの目的は、「目標」や「課題」を明確化するためです。

文字に起こすことで、今の自分がやるべきことが分かりやすくなります。

例えば、「得点を決めたい」という目標に対して、今の自分の「課題」は何なのかを考えます。

  • シュートを打てていない→シュートを打つ
  • ゴール前に飛び込めない→ゴール前に飛び込む
  • パスを受けれない→パスを受ける

課題を見つけ、何をするべきなのかが分かれば、練習や試合でチャレンジしてみるだけです。

最後にもう一度書いておきますが、サッカーノートを書くこと目的は、「目標」や「課題」を明確化するためです。

意図を考えて練習すること

サッカーノートを書くことに繋がる部分がありますが、やっている練習の意図を考えることはとても大切です。

「なんで」この練習をしているのか、「なにを」伸ばすのかを考えよう。

コーチにやらされている練習よりも、自分の頭で「意図」を考えることで、自分で考えてプレーできる頭を鍛えれます。

自分で考えてもわからない場合は、積極的にコーチに聞きに行こう。

早く上手くなりたいなら素直にマネする

ここまで3つの方法を紹介しましたが、「どれも自分に合わないからやめておこう」と行動しない選手は上手くなれません。

早く上手くなりたいなら、教えてもらったことを素直にマネすることが大切です。

まずはやってみて、行動しながら自分の頭で考えるクセを身につけましょう。

周りとの「違い」を生み出す

最後に、周りとの「違い」を生み出すために、学んだらすぐに「行動」する習慣を身につけましょう。

すぐに行動できる選手は、どんどん上手くなれます。

当たり前ですが、行動しないと上手くなれません。

この記事を読んで、上手くなる方法を見つけたなら、早速取り入れてみるべきです。

最終的に、継続するのか辞めるのかを決めるのは自分ですが、一歩目を早く踏み出すことで、周りとの「違い」を生み出せるようになれます。

サッカーを始めたてなら、同じことをやっていても追いつくどころか、どんどん離されていきます。

まとめ

最速最短でサッカーが上手くなる3つの方法は、

  1. 試合を観ること
  2. サッカーノートを書くこと
  3. 意図を考えて練習すること

初心者のレベルから、サッカーが上手くなるためには、周りと同じことをやっていても追いつけません。

チーム練習以外の部分で、違いを生み出せるようになりましょう。

それが、最短最速でサッカーが上手くなる方法です。

この記事を書いた人玉城 翔玉城 翔
サッカー歴は10年以上にもなり、県選抜候補に選ばれたことも。自身経験を活かし、地元の小学生に指導した経験も持っている

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。