サッカー選手がボールを持てる感覚が必要なわけとは?

スキルアップ 戦術

サッカーとは、ゴールする、ゴールさせないという競技スポーツということをはじめに理解させないと、大人の言いなりサッカーになってしまいます。

日本には、そういう子どもたちは非常に多いです。

大人たちの主観によるサッカーを子どもたちにやらせるばかりです。

サッカーとは、マイボールになればゴールするため、相手ボールになればゴールさせないためという当たり前の感覚がないのです。

この当たり前の一番重要な感覚がないと、サッカー選手としては最大限には上手くなりません。

ミニゲームで充分身につけることが出来るのですが、それも、関わる大人次第ですが…

ボール持ててる?

サッカーの楽しさって何かと問われたら、それぞれの考えがあるでしょう。

ドリブルで抜く、ゴールを決めるなど、試合に勝つなど、目に見える結果で楽しいと感じることは多いでしょう。

しかし、ボールを持てないとサッカーは楽しくない、ボールを取られてばかりではサッカーは楽しくないのです。

その感覚があるかどうかです。

ボールを取られてばかりで、サッカーは楽しいですか?

指導に関わる人たちが

大人に言われたことを試合でやって、勝った負けたで一喜一憂し、肝心の本人が、サッカー選手として上手くなってなければ、全く意味がありません。

ゴールする、ゴールさせないという勝負の中で、自分がボールを持てなければ、ゴールへのチャンスは作れないし、簡単にボールを取られるようでは、ピンチを招くことになります。

ボールを持てる重要性を大人も子どもも正しく理解し、感じられないと、サッカー選手として上手くなることにはつながりません。

日本の大きな問題として、指導者のほとんどがボールを持てないのです。要するに技術がない、技術を正しく理解出来てないのです。

ドリブル中心の指導もそう、勝つためのチーム指導もそう、指導者の多くはプロ選手未経験者ばかりです。

プロ経験者さえも、ボールを持てる意味を知らない人もたくさんいますから。

だからこそ、ボールを持てるとはどういう感覚で、どういう技術かを知る必要があります。

ボールを持てるとは

ボールを持てるとは、試合の中で、ボールを自分のものとして、相手に奪われることがなく、チームの勝利に導くことが出来る技術を言います。

それをどう身につけるかと言うと、普段のゲームから(ミニゲームで充分)、ボールを正しく持てているかをチェックし、自身でボールコントロールトレーニングをし続けて、ボールコントロールレベルを上げていくしかありません。

ミスのすべては、自身のボールコントロールによるものですから。

それを自身で正しく感じられないうちは、上手くなりません。

日本だからこそ

日本だからこそ、サッカー選手としてボールを持てる感覚が必要なのです。

なぜなら、日本の子どもたちはサッカーを習ってはじめるのがほとんどで、そこには正しいサッカー観があるわけではなく、大人による主観のサッカーがあるだけで、子どもたち一人一人が、本当にサッカー選手として上手くなるものがないのですから。

例えば、チームサッカーであれば、大人による大人のためのチーム作りによって、子どもたちや選手たちは一つのコマとしてサッカーをやらされます。

それとは別に、ドリブル特化指導は、サッカーの状況関係なく、基礎基本全くなく、ただのドリブル、フェイント、一対一であり、サッカー選手として上手くなるものでは全くありません。

そんな日本の環境だからこそ、サッカー選手として上手くなるという根本に「ボールを持てる」という正しい感覚、正しい理解、正しい技術が必要なのです。

ボールを持てるようになるために

一流のプロサッカー選手による試合を見てください。

そういう試合を見ていくと、例えば、高校サッカーなどは常にバタバタしているように見えます。

要するに、個の技術がない、ボールを持てないということです。

では、一流のプロの試合を見て、自身のボールを持てる感覚につなげるには、一流の選手たち一人一人のボールタッチを意識して、しっかりと見てください。

そのボールタッチ、ボールコントロール、技術のベースは利き足にあるのは間違いないと気づくことができるでしょう。

そこから、ボールの持ち方、ボールの置き場所、軸、ステップなどを感じてください。

あとは、そのイメージを持って、ボールコントロールトレーニングです。

プロは逆足も使ってる、ではなく、プロレベルの利き足を目指してやれば、必ず上手くなり、結果はついてきます。

ボールを持てるようになるために、利き足を意識し、常にボールタッチを意識し、感じてください。

檜垣裕志さんの教材はこちら↓↓↓

この記事を書いた人檜垣 裕志檜垣 裕志
1970年生まれ 石川県出身。ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム。日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、
CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。