技術が低くても勝負できる3つの大切な要素

スキルアップ 戦術

サッカーにとって最も大事なことはボールテクニックです。

ボールを扱うスポーツだからです。

なので、基本的には技術の高い選手が優秀な選手と言えるでしょう。

でも、技術がなければ良い選手になれないかと言えば、そうではありません。

技術が低くても、それを補い、超えることができるのがサッカーの面白さでもあります。

今回は、技術以外でも良い選手になる考え方について紹介します。

技術以外の3つの要素

サッカーには、技術以外にも大切な要素が3つあります。

  • 身体能力
  • 運動量
  • 戦術力

の3つです。

以下で説明していきます。

身体能力

身体能力は色々とありますが、特に重要なのが、スピードと体の強さです。

スピード

実は足が速いだけだとサッカーはうまくいきません。

それをうまく活かさないといけません。

例えば、足を活かす場面としては、

  • スルーパスを受ける
  • スルーパスをディフェンスする
  • 長い距離のドリブル
  • 守備に戻る

といったものがあります。

注意したいのは、足の速さだけで通用していたスキルは、だんだんそれだけでは読まれたり、対応されたりします。

なので、足の速さを活かしながらも少しずつ改良を加えることが、活躍をするコツです。

体の強さ

スキルが低くても強さでカバーすることはできます。

特にボールをキープしている時に、体で相手をブロックすることができます。

その時に体の強さが大切です。

運動量

繰り返し

運動量があると繰り返しプレーができます。

たとえ一度でうまくいかなくても、試合中に何度もチャレンジできるので、その分、うまくいく確率が上がります。

技術の精度不足は運動量でカバーできるのです。

広いエリアをカバー

運動量があると色々な場所でプレーできます。

たとえば、ウイングプレーヤーが守備のために最終ラインまでプレスバックをしてディフェンスすることも可能です。

また、相手がキーパーまでバックパスをした後に、キーパーにまでプレスをしにいって、それがクリアされた後、またポジションを下げて守ることもできます。

運動量があると広い地域でチームを助けれます。

戦術理解

ポジショニング

例えば、ボランチの選手が良いポジションで受けることができれば、その分、楽にボールをキープして展開することができます。

たとえ技術的に優れていてもポジショニングが悪ければ、敵に囲まれキープが難しくなります。

ポジショニングはセンスもありますが、検証を繰り返すことで上手くなります。

できれば、自分のプレーを動画にとって、それを見ながら改善すれば、ポジショニングは劇的によくなるでしょう。

判断

判断の質と早さを伸ばせば、技術が高いこと以上の価値を見出せます。

例えばサイドバックでボールを持った時に、大きく縦に蹴るのか、つなぐのかでは大きな差が生まれます。

つなぎたいところでつながなければ、チームは落ち着かないですし、縦に大きく蹴るという判断が中途半端であれば、チャンスになるどころか、

途中でカットされて大ピンチにもなりかねません。

つなぐにしろ、大きく蹴るにしろ、技術的には難しいことではありません。

しかし、その判断次第で大きく勝敗を左右することもあります。

判断力を磨くことは、技術以上に大切なことです。

判断力を磨くには、自分の一つ一つのプレーにこだわることです。

なぜ、そのプレーを選んだのか、他に選択肢はなかったのか、を考えましょう。

また、良い選手がどんな判断をしているかを見て、その判断基準を盗みましょう。

そうすることで少しずつ判断力が磨かれていきます。

まとめ

今回は、技術が低くても良い選手になる方法について紹介しました。

  • 身体能力
  • 運動量
  • 戦術力

この3つが優れていれば、技術的に高い選手以上の選手になれます。

そして、この3つの要素を元々持っている選手もいますが、これらの要素は鍛えることも可能です。

身体能力、運動量、戦術力の中で自分に合ったものを磨いて、良い選手になってください!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。