【イニエスタに学ぶ】ドリブルが上手くなるたった2つのコツ!

スキルアップ ドリブル

  • 「ドリブルが上手くなくて簡単に取られてしまう」
  • 「難しい技を挑戦してよく失敗してしまう」
  • 「少しでもドリブルが上手くなるコツを知りたい」

こんな悩みに答えます。

現在、あまりドリブルが上手くないあなたでも、たった2つのコツを意識するだけで、相手をスルスル抜けるようになります。

その2つのコツはこちら、

  •  重心移動
  • 緩急

この2つを意識するだけで、見違えるほどドリブルが上手くなります。

身長が小さかったり、足が速くなかったり、足元がうまくなくても、少しだけ意識を変えることで、ドリブルがどんどん上手くなります。

ドリブルが上手くなるコツ①:重心移動

「ドリブルと重心移動って関係あるの?」と思うかもしれませんが、ドリブル突破で一番大切なことです。

例えば、真っ直ぐドリブルをしてくる相手と、左右に揺さぶってくる相手なら、どちらの方が止めにくいですか。

左右に揺さぶってくる相手の方が、止めるのに苦労するでしょう。

なぜかというと、左右に揺さぶることで、ディフェンダーの膝や骨盤を狂わせることができます。

そうすることで、正しい姿勢をキープできなくなり、簡単に足を出してくるようになります。

ここまでできれば、あとはボールを触られずに突破するだけです。

ドリブルが上手くなるコツ②:緩急

相手が止めやすいドリブルは、「緩急がない」ドリブルです。

「足が速くないからドリブルが上手くなれない」と思っているかもしれませんが、足が速くてもドリブルが下手な選手はいますよね。

それは、ドリブルに緩急をつけれていないからです。

同じペースでドリブルをされても、対応は難しくないですよね。

ですが、いきなりスピードアップされたら、不意をつかれてうまく対応できないでしょう。

ゆっくりから早く、早くからゆっくりのドリブルを組み合わせることで、相手が止めにくいドリブルになります。

ドリブルは簡単なテクニックで上手くなれる

ドリブルは難しい足技を覚えなくても、ボディフェイントのような簡単な技でも上手くなれます。

とは言っても、最低限の技術がないと機能しないので、ボールタッチを身につけつつ、ボディフェイントも覚えていきましょう。

「重心移動」や「緩急」のように、体の使い方が上手くなれば、多少足元の技術がなくても、相手に取られないドリブルができるようになります。

現在、足技ばかり練習しているなら、意識すればできるようになる、体の使い方を覚えましょう。

真似をして雰囲気でやってみる

ドリブルが上手くなるためには、上手い人のプレーを真似することが大切です。

そこで、自分が目標としている選手のドリブルスタイルをチェックします。

何度も確認できたら、自分でもチャレンジしてみましょう。

ここで大切なことは、「雰囲気」でやってみることです。

完璧を求めても、すぐにできるようにならないし、体型や技術が違うので全く同じようにできません。

「〇〇選手ごっこ」みたいに、楽しみながらドリブル練習をしてみよう。

いろいろなドリブルをしていく中で、自分の形を見つけることができます。

まとめ

今回紹介した、「重心移動」と「緩急」を使えるようになれば、身長が低くても、足が遅くても、簡単にボールを奪われないドリブルができるようになります。

ボールを扱う技術が体に染み付くまでは時間がかかりますが、重心移動や緩急は、意識するだけで簡単にできます。

当たり前ですが、いきなり簡単にできることはありません。

普段の練習から、ボールタッチの練習だけをするのではなく、合わせて体をうまく使えるように練習していきましょう。

派手なフェイントが使えるとかっこいいかもしれませんが、試合で使えないと意味がありませんよね。

試合で活躍できるようになるためには、派手なフェイントを覚えるよりも、試合で使えるフェイントを覚えていきましょう。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人玉城 翔玉城 翔
サッカー歴は10年以上にもなり、県選抜候補に選ばれたことも。自身経験を活かし、地元の小学生に指導した経験も持っている

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。