味方選手の特徴を知って、強いサッカーをしよう!

武内颯馬

試合中、味方の特徴を把握してプレーしていますか?

もし、把握せずにプレーしていたら、チームのポテンシャルを十分に発揮出来ていないかもしれません。

味方を活かして自分も輝き、チームも強くなる。

今回は、そのための味方の特徴を活かすコツを紹介します。

色々な特徴について

足が速く、スペースに欲しがる選手

足が速い選手は、スペースに欲しがる傾向が強いです。

なぜなら、抜け出した時に、敵を置き去りにすることが出来るからです。

例えば、ハーフライン辺りからスルーパスを出せば、抜け出してキーパーと1対1になることが出来ます。

なので、そういった選手とプレーする時は、その選手の前のスペースを意識しておくことです。

それによって、その選手のスピードを活かすことが出来ます。

足元にほしい選手

テクニックのある選手は、ボールを持ちたがります。

ボールをキープしながら、プレーをすることを得意としているからです。

そういった選手には、早めに足元にボールを預けてあげましょう。

そして、その時は早いパスを心掛けましょう。

なぜなら、トラップの技術が高いからです。

それと、早く預けることで、その選手にボールを持つ時間を確保してあげられるからです。

例えば、その選手が中盤にいた時に、普通なら囲まれている場面においても、局面を打開出来るなら、パスを早めに回してあげることです。

それによって、チームとして相手を崩していくことになります。

動き出しの早い選手

動き出しの早い選手に対しては、出しての準備が大切です。

なぜなら、一瞬のタイミングを逃せないからです。

例えば、その選手がゴール前において、ディフェンスの裏を狙っているとします。

もしタイミングがズレると、敵のカットに合うか、オフサイドになってしまいます。

なので、そういった選手とプレーする時は、常に先を予測しつつ、ツータッチやワンタッチでのパスが出来るよう準備しておくことが大切です。

高さがある選手

高さがある選手には、高いボールのパスが有効です。

例えば、ゴール前においては、競り合いに勝つ確率が高いので、積極的にクロスをあげてあげます。

また、高いボールのクサビを収めることも出来ます。

なので、前線で起点になってくれるので、ロングボールを積極的に供給します。

空中の競り合いに勝つ確率も高いので、それを前提にこぼれ球を狙うとチャンスになります。

スルーパスを狙う選手

スルーパスを、得意とする選手がいます。

その選手がボールを持った時は、受けてとして、積極的に裏に飛び出します。

飛び出すことで、その選手のアシスト能力を引き出してあげるイメージです。

シンプルにつなぎたい選手

ボールを持った時に、シンプルにつなぎたい選手がいます。

そういった選手には、早めに近くにサポートにいきます。

早めに寄って簡単なつなぎをしながら、リズムを作っていきます。

ドリブルが得意な選手

ドリブルの得意な選手に関しては、その選手がドリブルをするスペースを空けてあげます。

そして、その選手が思い切って仕掛けれるようにカバーに入ります。

  • ドリブルのコースと被らない
  • その選手が奪われてもすぐにカバーにいける

といった位置取りが大切です。

それらをすることでドリブルが得意な選手は、積極的に仕掛けやすい環境になるからです。

セットプレーの得意な選手

セットプレーが得意な選手がいる場合は、ドリブル突破や敵に当てて外にだす、などをして、セットプレーを取りにいきましょう。

  • フリーキック
  • コーナーキック
  • スローイン

など、ゴールにつながる可能性が高まります。

オーバーラップが得意な選手

  • サイドチェンジを増やす
  • オーバーラップしたタイミングで使う

オーバーラップが得意な選手には、この2点が大切です。

この2点を意識的にしておかないと、オーバーラップの意欲を減らしてしまうからです。

右利きか左利きか

パスを受ける選手は、利き足によって受ける姿勢が変わってきます。

その選手の利き足に合わせて、パスコースを調整する必要があります。

その選手が受けやすいかどうか、普段の練習から確認しておきましょう。

特徴を知るためにすること

普段から意識的に選手を見ておくこと

普段からプレーをしているのか、意識的にみておきましょう。

それによって、選手の特徴が把握できます。

コミュニケーションをとること

何がしたいのかを話しておくと、特徴を知ることが出来ます。

また、性格を知っておくことも、その選手を活かす上での有効です。

まとめ

選手には、色々な特徴があります。

それぞれの特徴を活かして組み合わせることで、チーム全体として強いサッカーが出来ます。

そして、それは楽しいサッカーになるはずです。

是非、周りの選手の特徴を引き出して、強くて、楽しいサッカーを目指してください!

この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武