トラップするときに重要な3つのポイントとは?

濱中佑希斗

  • トラップが上手くできない
  • 自分の止めたい位置でコントロールできない

このような悩みを抱える選手も、多いのではないでしょうか。

とくに、サッカーを始めたばかりの選手や小学生年代に、多い悩みかもしれません。

トラップはサッカーの基礎であり、プレーをスタートさせるための重要な技術です。

「トラップが上手い選手はサッカーも上手い」という意見もあるほど、トラップが正確にできるかできないかでプレーの質が大きく変わります。

そこで、私自身が経験してきたことを踏まえて、トラップするときに重要な3つのポイントについて解説します。

結論からお伝えすると、

  • 体の力を抜いてボールの勢いを吸収する
  • 足元もしくは次のプレーがしやすい場所に置く
  • ボールばかり見過ぎない

このようになります。

トラップのポイントを把握して自分の技術に繋げることで、どんなボールでも正確にコントロールできるようになるでしょう。

それぞれ、具体的に解説していきます。

体の力を抜いてボールの勢いを吸収する

まず、1つ目のポイントが、『体の力を抜いてボールの勢いを吸収する』ことです。

  • トラップしてもボールが遠くにいってしまう
  • 足元にコントロールできない

このような選手は、トラップするときに力みすぎて体全体に力が入ってしまい、ミスしてしまう場合が多いです。

重要なことは、『トラップをシュートやパスと同じ感覚で行わない』ことです。

シュートやパスは、『ボールを蹴る』という表現を使いますが、ボールの真ん中をしっかりミートして押し出す、もしくは強く蹴り出すイメージです。

一方、トラップは『ボールを止める』という表現を使い、押し出したり蹴り出したりするのではなく、勢いを止める・吸収するというイメージ

『体を力ませずに』という点では共通していますが、ボールに加える力が違います。

トラップするときは、『前に押し出すのではなく後ろに引く』ことが重要です。

ボールを前に押し出そうとすれば、当然ボールは前に転がっていきます。

そのため、ボールに足が当たる直前に押し出すのではなく引くイメージでトラップすると、上手く足元にコントロールすることが可能です。

足元もしくは次のプレーがしやすい場所に置く

2つ目のポイントは、『足元もしくはつぎのプレーがしやすい場所に置く』ことです。

  • トラップしてから次のプレーが上手くできない
  • スムーズにプレーに移れない

このような選手は、トラップでボールを置く位置が正確でない場合が多いです。

基本的にトラップするときに意識するべきことは、

  • 足元にボールをコントロール
  • つぎのプレーがしやすい位置にコントロール

上記の2つになります。

なぜ、足元や次のプレーがしやすい位置にコントロールすることが重要なのかというと、トラップ後のプレーをより正確かつスムーズに行うためです。

サッカーは、スペースが狭い中でどれだけ正確なプレーができるのかが重要になります。

その中で、足元からボールが離れた状態でプレーしようとすれば、簡単に相手にボールを奪われてしまうでしょう。

そのため、

  • まずはしっかり足元にトラップしてつぎのプレーに移る
  • ボールが来る前につぎのプレーのイメージができていれば、そのプレーがスムーズに行える位置にもトラップする

ことが大切です。

ボールばかり見過ぎない

3つ目のポイントは、『ボールばかりを見過ぎない』ことです。

トラップに限らず、ボールプレーに集中しすぎて周りが見えていない選手は多い印象を受けます。

もちろん、正確にトラップするためにボールに集中することは大切ですが、サッカーは1人で行っているわけではありません。

味方選手もいれば敵選手もいますし、フリーの状態でプレーできる場面はほとんどないです。

例えば、トラップしようとしたときに相手がプレッシャーをかけてきたとします。

このとき、ボールしか見ていなくて相手の動きが見えていなければ、いくら良いトラップをしても相手にボールを奪われてしまう可能性が高いです。

ボールが来る前に周囲の状況を確認しつつ、

  • 相手がどこにいるのか
  • 自分が今どんな状態なのか

を考え、どこにトラップすれば良いのかを判断する一連の流れが、正確なトラップに繋がります。

なぜなら、ボールだけでなく周囲の状況を確認していれば、それだけ落ち着いた状態でトラップできるからです。

ボールだけに集中しすぎず、多くの情報を頭の中にインプットすることで、トラップはもちろんプレーの質が格段に上がります。

まとめ

トラップするときに重要な3つのポイントは、

  • 体の力を抜いてボールの勢いを吸収する
  • 足元もしくは次のプレーがしやすい場所に置く
  • ボールばかり見過ぎない

です。

体の力を抜き、足を引いてボールをトラップすることで、上手く勢いを吸収でき足元にコントロールできます。

さらに、周囲の状況もしっかり把握しておくことで、落ち着いた状態でより正確なトラップができるようになるでしょう。

関連記事はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人濱中佑希斗濱中佑希斗
技術でフィジカルを圧倒する選手が好きなyukito.hです。ラ・リーガを中心に海外サッカーをよく観ます。自分が経験してきたことを踏まえて、サッカーで重要なことを伝えていきます。

LINE公式アカウントに登録でお得な情報をGET!

友達登録はこちらから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。