利き足とボールが点と線でつながっている理由

檜垣裕志 講師

人の身体というのは本来、開いています。

身体が開いていては、良いプレーにはつながりにくくなります。

要するに、人間の身体というのは、スポーツ競技用に出来ていません。

だからこそ、それぞれを見極めた上での指導とトレーニングが必要なのです。

いろいろな人がいて、いろんな身体がありますから、そのスポーツに向き不向きはあったとしても、いきなりサッカーをやって、サッカーが抜群に上手い人はいませんから、それなりにトレーニングは必要不可欠ということです。

身体が開いているという理由

人間の身体は足が横並びにあります。

その時点で、身体は開いているということになります。

幼児がよちよち歩きするのは、身体が開き、身体を上手くコントロールできないことが理由の一つです。

ですから、走るという行為も、身体が開いていてはキレイに速く走ることは出来ません。

さらに、サッカーという競技においてボールを運ぶことは、身体が開かずにプレーするということにおいて、非常に難易度が高いです。

身体が開いてしまうやり方

サッカーは、走るだけではなく、ボールを捕らえて自分のものとして、そのボールコントロール技術はとても重要です。

にも関わらず、身体が開き、ボールの捕らえ方、ボールの持ち方が悪くなるやり方があります。

それは、両足で適当にボールを触ることです。

身体が開いた状態で、両足でボールタッチをしているということですから、確実にボールの持ち方は悪くなります。

さらに、初心者などにすぐにやらせてしまう両足バタバタでインのボールタッチ、ダブルタッチは確実に身体を開かせてしまい、ボールの持ち方は悪くなります。

全国トップですら間違っている

全国大会に出場するような選手や全国トップクラスであっても、「ボールの持ち方や身体の開き」などは全く見極めることなく指導されています。

そういう選手たちの特徴は、身体が開き、ボールを捕らえる感覚は身体の真ん中、ボールの持ち方は両足バラバラ、ボールの置き場所は両足の間など、ボールの持ち方は非常に悪いです。

しかし、そんな彼らも全国トップクラス、Jリーガーにもなったりしますから、その特徴としては、フィジカル的にかなり強いということがあります。

サッカーはただのボール競技ではないですし、フィジカル要素は、特に育成年代ではその差が強くあらわれます。

そこで、結果重視、結果のみで判断されがちなため、ボールの持ち方などは全く見極められないわけです。

また、フィジカル重視とは別に、ドリブルやボールテクニック重視の指導もあり、それもまた小手先だけで終わります。

どちらも、ボールの持ち方については全く見極めてないということです。

ボールの持ち方が良い

利き足だけでボールを触っていても、両足適当にボールを触っている人よりは、身体は開かずにボールの持ち方は良いです。

と言うのも、両足適当にボールを触っている人は身体が開いた状態でボールを捕らえて、身体が開いた状態でボールを持っているからです。

利き足だけでボールを触っている人は、少なくとも利き足という一点でボールを触っているから、身体が開きにくくなります。

もちろん、利き足だけでは本当の技術向上ではありませんから、利き足から本物の技術を目指していかねばなりません。

「利き足」には身体が開かないためのポイントがありますから、正しく利き足を徹底し、利き足のボールコントロールの技術向上を目指すことは大きな効果を生みます。

利き足でまっすぐドリブルしているときは

利き足でまっすぐにドリブル出来ているときは、身体が開いていません。

例えば、そのときに利き足からボールが離れていたとしても、利き足からボールが点と線で繋がっていれば、ボールの持ち方が良いということにもなります。

プロの選手でも、利き足でボールを持っていても、コントロールミスなどにより、逆足でボールタッチし、修正している場面があります。

そのような時は、身体が開いていてボールの持ち方は悪い状態です。

逆足でボール持った時は開く

人間の身体は開いていますから、利き足でボール持っても、逆足側に行きがちです。

また、逆足側にボールを運んだ時も身体は開くので要注意です。

そうなりやすいからダブルタッチでごまかす人たちばかりです。

だから、ボールの持ち方は一向に良くならないのです。

ボールの持ち方が良い選手は、逆足側にボールを運んだ時も、利き足とボールが点と線で結ばれていて、それが出来るから身体とボール、敵との向き合い方も非常に良いのです。

利き足とボールを点と線で結ぶ意識

普段からボールを持っていない状態の時からも利き足を意識していれば、ボールへの入り方、軌道、捕らえ方が利き足とボールを点と線で結ぶことに繋がります。

このような感覚を自然に持つことができるようになるために、普段から利き足を意識して取り組む必要があります。

ボールが50メートル先であっても、目の前にボールがあっても、同じように利き足とボールが点と線でつながっている感覚と技術が必要なのです。

なんとなくボールを触っていたら身につかない感覚と技術ですから、しっかりと「利き足を意識する」ことがすごく大切なのです。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人檜垣 裕志檜垣 裕志
1970年生まれ 石川県出身。ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム。日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、
CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。