膝から下の振り「だけ」になってませんか?

鈴木陽二郎

  • 膝から下を早く!
  • 膝から下を意識!

キックの代名詞ですよね!

面白いのは、トッププロ選手やトップコーチも口をそろえて、「膝から下の振りを意識」させます

けれど、これが上手い人が教える罠だと思っています。

ちなみに、私は「膝から下の振り」に関しては一切言及しません。

目的地の認識というコンセプトでは、膝から下の振りを意識して動くことはないと考えているからです。

歩くときに、膝から下の振りを速くして歩いたらおかしいですからね。

「だけ」か「だけじゃない」か 勝手に「だけ」と解釈してませんか?

この後に詳しく説明するのですが、トップ選手やトップコーチ達は、膝から下の振り「だけ」じゃありません。

けど、教わる方たちは、膝から下の振り「だけ」になってしまいます。

私も凄く気を付けているのですが、「~だけ」と勝手に解釈する方は非常に多いです。

例えば、「目的地の認識を持ちましょう」を「目的地の認識「だけ」持つ」と解釈してしまう場合がります。

そうすると、ボールがどこにあるかわからなくなります。

また、「たちどころを意識しましょう」を「たちどころ「だけ」意識」と解釈して、さっきまであった、大前提である目的地の認識の捨ててしまうこともあります。

フットボールは多様性に溢れまくっていて、フットボールは何かしながら、何かをするスポーツです。

「~だけ」というの発想は、多様性に溢れまくっているフットボールには辻褄が合わない行動になってしまいます。

トップ選手は何が「だけ」じゃない?

トップ選手がキックする写真を見ると、膝から下の振り「だけじゃない」のがよくわかります

  • 頭が地面と垂直
  • 体が伸びている
  • 胸と背中は地面と垂直で張っている(反り)
  • 蹴り足は自然と伸びている
  • 前モモは地面方向へ向いている
  • 裏モモは空を向くイメージで、弓が矢を放つ直前の目一杯張られてしなっているような状態。(よく言う全身を使ってる状態)

この状態から!!

「膝から下の振り」で、振り子のように一番高い場所から足が落ちてきます。

要するに「膝から下の振り」の前に、一杯詰まってるわけです。

それが「だけ」じゃない事ですね。

が!

キックが苦手な方は、トップ選手達が作る一杯詰まった「弓」ではなく、「膝から下の振りだけ」になってしまう事がすごく多いです。

前モモが地面と垂直のままで「膝から下の振り」をしても、強く蹴れないし、ケガの要因にもなります。

キックだけでなくプレーの選択でも、トップ選手「だけ」はないです

ですが、「だけ」な時にミスをする事が多いのは、とても面白いと思います。

改善は?

思考的にはまず、ボールを蹴る瞬間の事「だけ」を考える事無く、文脈を考えましょう。

「だけ」からの脱却です!

人間は認識した形になる性質があります。

ですので「だけ」の認識は、「だけ」の形にさせるという事になります。

なので、「だけ」と考えてしまううちは、だけ」の形になってしまうということです。

文脈で考える事に関しては、以前の記事に詳しく考え方の記載がありますのでご参照ください⇒こちら

前提が違いすぎるのに、同じ言葉で語られるのがややこしい!

体的には、「弓」を作くるようなエクササイズが重要です。

ただ、トップ選手と一般人とは体の前提が違います。

トップ選手は、普段からのトレーニングの成果で、簡単にかつ強力な弓を作る事ができます。

そもそも、

  • 環境
  • 競技レベル

の前提が違いすぎるのに、同じ言葉で語られるのがややこしくしてしまっています。

  • 自分の前提
  • 受け取る側の前提

を、同じにして教える行為が罠なのだと思います。

特に、アスリートと一般の方の柔軟性の差が出やすいのが、

  • 胸椎
  • お腹
  • 脇腹
  • 背中

などです

一般人の方が最も動かなくなる部分であり、特に目を使うお仕事の方は顕著です。

よくあるのが、お仕事など!で受けるストレスや疲れなどで体ががちがちになっていて、頭ではわかっているのだけど、体がそうなりたくてもそうさせてくれない!事です。

その状態では、ボール「だけ」蹴っていても改善はできません。

上半身のエクササイズは、エクササイズやトレーニングは検索するとすぐ出てきますので、是非やってみてください!(笑)

まとめ

フットボール(社会生活)は、「だけ」の発想は追いつきませんし、辻褄が合わなくなります。

「だけ」にならないように、自分が「だけ」になってる事に気づく努力をし、物事を文脈で考える癖をつける事。

さらに、体が硬いと「だけ」しか表現ができなくなります。

その状態で、ボール「だけ」蹴っていても、キック自体の改善は難しいですので、上半身を中心にエクササイズをしていきましょう!

多様性に溢れまくっているフットボールを理解するには、「だけ」からの脱却が超大事です!

「だけ」じゃない、帝人

このCMがとても好きです(笑)

この記事を書いた人鈴木 陽二郎鈴木 陽二郎
(株)エフネットスポーツ
FFCカレッジフットサルリーグ担当
新しい概念を吹き込んで上達に導く“フットボールコンセプター”
今まで、小学生から社会人まで男女を問わずフットボールを教えてきた。また、その理論や新しい概念(コンセプト)を提案して上達させるアプローチはプロにも評価されおり、現役Jリーガーからのサポート依頼は絶えることがない。育成においては、2014年よりキックの上達に特化した「蹴り方教室」主宰し、社会人をはじめ、小学生から大学生チームを指導して、数時間で「ボールの球筋が格段に変化する」「メニューをこなしていくと、自然に考える力と技術が身につく」など、すぐに圧倒的な結果が出る事例多数。また、「概念を変えることでプレーが上手くなる」という上達アプローチは、多くの指導者に影響を与え、日本代表の長友佑都選手の専属コーチである鬼木祐輔コーチなど、多くの優秀な指導者から絶大な支持を受けている。

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。