閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
  4. 【サッカー】相手から離れるための「バックステップ」
  5. 【サッカー】守備も段階的に学んでいきましょう
  6. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの意味と効果
  7. 【サッカー】スピード重視でドリブル練習を行うメリット
  8. 【檜垣コーチ】自分の身体をコントロールする
  9. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  10. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー

三浦です。

先週末から昨日まで土曜を含めると3日間トレーニングを行いました。

以前からまとまった練習日がとれる時にやっておきたいメニューがあったので今回行うことができました。

やっておきたいメニューとは「周りを見る」トレーニングです。

サッカーは足でボールを扱うのでどうしても視線が下がります。

手で扱うバスケットボールなら手の位置と視線が近いのでボールを持っただけで視野が確保できます。

しかし、足でボールを扱うサッカーの場合はボールの位置と視線が遠いので、意識して顔を上げることや視野を確保することが必要です。

少年サッカーでは1、2年生の練習から顔を上げるように意識して指導していますが、まだまだ自分とボールと相手というトレーニングなので、相手を見るだけで精一杯です。

これが3,4年生になると、相手の他に味方を見ることが必要になります。

味方もひとりではなく、近くにいる味方、遠くにいる味方を見る必要があります。

広い視野が必要になるという訳です。

5,6年生のトレーニングでは「視野の確保」が無意識に出来るようなメニューを取り入れています。

この3日間のトレーニングでは4,5年生を対象に行いました。

 

■周りを見ようと声をかけるだけでは足りない

土曜日の練習では、4対4のミニマッチを行いました。

テーマは「周りを見る」というものです。

ゲームをしながら「周りを見よう」と声をかけますが、その声に反応して顔が上がるのは5年生の数人です。

ミニゲームで「顔を上げよう、周りを見よう」という声がけだけでは、周りが見えるようにならないことがわかります。

その理由は選手たちに周りを見る習慣がないことと、周りを見なければならないという必要性がないからです。

 

■周りを見るためのトレーニングメニュー

翌日の日曜日には、周りを見る必要性があるメニューでトレーニングしました。

多色のビブスを使うメニューで、赤、青、黄色、緑の4色を用意しました。

2人が1組になり同じ色のビブスを着ます。

20m程度のグリッドを作り、その中で2対2対2対2を行います。

2人がディフェンス、その他6人がオフェンスなので6対2とも言います。

(1)自由にポゼッション
ボールを奪われたらディフェンス(オニ)になるというルールで、6対2を行います。

タッチ制限は行わず、ドリブルもありです。

このルールでは、オニとなったビブスの色だけ見ればよいので、周りを見るというテーマにはフォーカスしていません。

(2)2タッチ制限
次にタッチ数を制限しました。2タッチまでです。ダイレクトパスもOKです。

何度もボールをタッチできないので、ボールを持っていない選手がパスコースを作るようになります。

「声をかけてボールを呼ぼう!」「動いてパスコースを作ろう」この2つにフォーカスします。

パスミスも多いですが、あまり指摘しません。

2タッチ制限だけでも少し顔が上がるようになります。

(3)同じ色どうしのパス禁止
慣れてきたら、同じ色どうしのパスを禁止するルールを取り入れます。

今まで意識せずパス交換をしていましたが、判断要素がひとつ加わりました。

「周りを見よう」という言葉を使わずトレーニングを開始しました。

すると選手どうしで「あ!今のパスは同色!」と仲間どうしで指摘しあうようになりました。

「同色パスもオニになる」というルールを伝えると選手たちは急にキョロキョロし始めました。

「周りをみよう」と声をかけなくても選手たちが何が必要か気づきます。

 

■周りが見れるようになると何が変わるのか

日曜日のメニューと同じトレーニングをしました。

2タッチ制限で同色のパス禁止です。

日曜日のトレーニングでは思わず同じ色にパスしてしまうというミスをした選手たちもトレーニングメニューに慣れてきました。

顔が上がって来たことはよいのですが、自分が何色でパスを出す前に自分と同じ色のビブスがどこにいるのか確認すればいい。という「パターン的思考」も見られました。

見えるだけではいけない、判断が必要だと感じ、メニューの難度を上げました。

「リターンパス禁止」というものです。

これまで違う色どうしでもリターンパスありだったので、ディフェンスに寄られて苦しい場面でもリターンパスに逃げることが出来ました。

リターンパス禁止にするとパスが来る方向と逆を見ておく必要があります。

そこに自分と同じ色のビブスがいればパスは出せません。

リターンパス禁止はそうとうキツイようです。ディフェンスに奪われる場面が増えてきました。

パスがつながらないのでグリッドを少し広げてみました。

グリッドが広がるとディフェンスのプレッシャーは緩くなりますが、パスの距離が長くなるのでパスミスが多くなります。

4年生と5年生のレベルの差があるので、グループ分けでグリッドの大きさを変えて行いました。

 

■見ることが習慣化するまで続ける

このようなトレーニングはトレーニングで終わることなく実際のゲームで成果を確認しなければなりません。

昨日の練習の最後には6対6でミニゲームを行いました。ゲームが始まるとこれまでやってきたトレーニングの事を忘れてしまうのか、ヘッドダウンしてドリブルをする選手も相変わらずいます。
ここで言葉で「トレーニングを思い出そう」という声がけは簡単なのですが、顔を上げなければいけないと選手に気づかせることが大事です。

そのためには、顔を上げて視野を確保している選手を見つけて褒めます。その選手のプレーが成功した時に褒めます。

「よく見てたな、良い判断だ」という言葉を多く使います。

3日目でトレーニングの成果はわずかですが現れたように思います。

習慣化することが大事なので、今後も続けて行きたいトレーニングです。

サッカーはパスだけでなく他にも身につける必要のあるスキルがたくさんあります。

その他のメニューと平行させてトレーニングを進めることが大事です。

焦らずじっくり取り組んで行きましょう。

 

 

三浦直弥(サッカーコーチ)

小学4年生からサッカーを始め、中学、高校、大学、社会人とサッカーを楽しみつつ、大学生の頃からコーチングの道を歩み始め、指導の楽しさも知る。

現在アラフィフのサッカーマンである。理論派でありながら熱い血潮を持つタイプ。サッカーの本質を突く指導がモットー。
現在は、東京都のある街クラブでヘッドコーチを努めている。

好きな選手は故クライフ、そして自分の姓と同じ三浦カズ!好きな指導者は、森保監督の育ての親とも言えるオフト、そしてオシム。
座右の銘は「諦めたらノーチャンス」。チーム運営や保護者対応などにも詳しく、近年はメルマガやブログへの寄稿活動も行っている。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(株)Real Style  おすすめサッカー教材・商品

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サッカー日本代表 長友選手の専属トレーナーが教える「上手くなるための必須スキル」がコレ↓
重心移動アナライズ~フットボーラーが身に付けることで劇的にセンスを上げられる動作習得法~基礎を知る編

これが、ドリブルを自在に操りサッカーを始めたばかりのビギナーでも“絶対に上級者に見せる”シンプルな方法です。
http://rs39.net/c/s/cfoy_1/bl/

重心移動アナライズ2~上手くいかない事をできるようになるための身体動作を習得する方法~
なぜ、ドリブルが苦手だった選手がネイマールやメッシのように緩急自在のドリブルでDFを切り崩せるようになったのか…?
http://rs39.net/c/s/cfoy_2/bl/

「ボールが上手く蹴れない」と感じたら見るべき教材がコレ↓

親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方
なぜ、テクニックのないビギナーでも、この男の話を聞き流すだけでキックの威力が増し、ボールを遠くに正確に飛ばせるようになるのか?
http://rs39.net/c/s/cfsy_1/bl/

■思い通りのところに思い通りのボールを蹴れる!
 キックの新常識とは?
http://rs39.net/c/s/cfsy_2/bl/

2019年全国サッカー大会出場!!!
全国大会優勝チーム、センアーノ神戸監修

「本番に強い選手の育て方~試合で活躍できる「個」を育てるためのトレーニングメソッド~ポゼッション編 」
https://rs39.net/c/s/cfoh_1/bl/

ドリブル上達の悩みを解決できるノウハウがコレ↓
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
なぜ、クラブ連盟未登録の「無名の街クラブ」が、Jユースが集まる大会で、優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cfmt_1/bl/

コーンドリ ~「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド2~
「まさか、コーンドリブルに、こんなやり方があったなんて…」
なぜ、三木コーチがしどうする選手たちは、神業のようなドリブルをマスターできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfmt_2/bl/

初心者指導の決定版がコレ↓
基礎が学べる!初心者のためのサッカー上達法~「運ぶ」と「抜く」が身に付けられるドリブル上達法~
息子がボールを持つと、友達や保護者に笑われてしまいました。
でも息子がドリブルを始めると…将来性のある選手が次々に育つ名門フットボールクラブが実践する抜けるドリブルレッスンDVDとは…?
https://rs39.net/c/s/cfnk_1/bl/

大人気シリーズ!わんぱくドリブルDVDのラインナップはコチラ↓
わんぱくドリブル軍団JSCの最強ドリブル塾~子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法~
なぜ、5ステップ・ドリブル上達法は、足が遅い子供でも、体が小さい子供でもDF突破率を高めてしまうのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_1/bl/

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブル基礎トレーニング 初級編
1,500人以上の子供たちを上達させた少年サッカー指導のプロが教える、「お父さんのための、サッカー指導法」を知りたい方はいませんか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_2/bl/

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブルトレーニング 中級編
なぜ、JSC CHIBAの新しいドリブル指導法は、相手が反応できないキレのあるフェイントや、素早い状況判断のできる選手を育て、チームの「得点力」をアップできるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_3/bl/

育成の極意!~自立&吸収するサッカー選手が育つ本当の秘訣!~
なぜ、口うるさいだけで、チームを強くできなかったコーチが、U-18日本代表選手を輩出するほどの、強いチームを育成できるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_4/bl/

親子で特訓!わんぱくドリブル自主練習
サッカーチームのコーチまかせで、実現できていないお子さんの活躍を、なぜ、サッカー経験ゼロのお父さんが、実現することができるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_5/bl/

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのボールコントロールを向上させる「体幹トレーニング」~プレスディフェンスに当たり負けしないための練習法~
「見ろよ、今日の相手チビばっかりだぜ…」身体の小さい選手ばかりのチームを見て、対戦相手は笑っていた。しかし、試合がはじまってみると…!
http://rs39.net/c/s/cfkw_6/bl/

JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~
どうして、うちのチームは、試合になったとたん、ミスが増えるんだろう…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_7/bl/

選手の自主性でサッカーを上手くさせる指導法↓
ボトムアップ理論~選手の自立心を育てて、スキルを向上させる魔法のコーチング法~
「世界一受けたい授業」「とくダネ!」で大絶賛!
なぜ、週2回しか練習しない無名の公立高校が、全国大会で優勝できたのか?
http://rs39.net/c/s/cfhk_1/bl/

ボールコントロールを劇的に上達させる「利き足理論」がコチラ↓
サッカーテクニック向上メソッド
なぜ、小中高、どこのチームでも取り入れられている「両足での練習」が、選手の上達を妨げる原因なのか…?
http://rs39.net/c/s/cfhy_1/bl/

フットボールクロニクル ~攻める意識をアップさせる!ゴールを決めるための利き足の法則~
なぜ、たった1つの原則を意識するだけで、トラップ、パス、どりぶる、シュート…、サッカーにおける、すべてのプレーを劇的にレベルアップできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfhy_2/bl/

世界中にスクールがある上達法がコチラ↓
クーバー・コーチングのMake Your Move~1対1テクニックのすべて~
30ヶ国以上で、150万人の一流指導者を育て上げた、世界最高峰の「1対1メソッド」を、遂に一般解禁!
http://rs39.net/c/s/cfcv_1/bl/

Improve Your Game~1対1スキルを向上させるための練習法~
なぜ、弱気なプレーで、勝負を避けていた選手が、自ら積極的に1対1を仕掛け、相手を抜けるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfcv_2/bl/

世界中にスクールがある上達法がコチラ↓
Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論~チームで一番の『点取り屋』になるための3つの方法~
日本一腰の低いJリーガーの驚異の秘密「ほとんどの選手はシュートを打つのに精いっぱいで、ゴールを決める余裕がありません」
http://rs39.net/c/s/cfmh_1/bl/

 

その他教材はコチラ↓
https://real-style.co.jp/

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. サッカーの連続失点の怖さ

  2. 1対1プラス1対1は行っていますか?

  3. 【檜垣コーチ】利き足のドリブルの仕方

  4. 毎回の試合でテーマを決めて行っています。

  5. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの意味と効果

  6. 【サッカー】相手から離れるための「バックステップ」

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは!檜垣です。サッカーの技術とは、試合の中で「ボールを自分のもの」に出来る技術こそが…
  2. こんにちは!「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。第…
  3. 三浦です。先週末から昨日まで土曜を含めると3日間トレーニングを行いました。以前からま…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。