閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
  4. 【サッカー】相手から離れるための「バックステップ」
  5. 【サッカー】守備も段階的に学んでいきましょう
  6. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの意味と効果
  7. 【サッカー】スピード重視でドリブル練習を行うメリット
  8. 【檜垣コーチ】自分の身体をコントロールする
  9. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  10. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】ボールの持ち方が良くなるようにトレーニング

こんにちは!

プロサッカーコーチの檜垣です。

本日は、改めてドリブル練習についてまた書いてみようと思います。

 

■利き足でボールを持たなければいけない理由

僕自身が提唱した「利き足のポイント」による「利き足」に特化した技術論のDVD化は世界初と思います。

強豪国では、このように「利き足のポイント」については、あえて言わなくても利き足のポイントという技術につながるボールの持ち方は自然にできるようになっていきます。

これも以前からお話させて頂いていることですが、強豪国では子供たちが自然にサッカーを始める環境があり、みんなとミニゲームをしながらサッカー感覚が上がっていきます。

チームがボールを持てばゴールするため、相手ボールになればゴールさせないためという勝つための基礎知識があり、ゴールするためには個々がボールを持てれば当然アドバンテージとなります。

特に絶対的なダメなことは、個人がボールを失うことであり、個々が皆わかっています。

その中でボールを取られないためには良いボールの持ち方、良いボールの置き場所が必要で「利き足」が非常に重要なポイントとなるわけです。

彼らはそこの部分を自然な感覚で身につけていくのです。

 

■環境の違いが技術の差に直結する

それは、当然ながら日本とは違い、普段からレベルの高いサッカーを見て触れて、感覚的により良いものを覚えていく環境があるからです。

日本のように大人が指導して、それによってサッカーを覚えていく環境とはまるっきり違います。

だからこそ日本では、このDVDなど、正しい基礎基本を伝えて覚えていかない限り、大人の主観によるサッカーを覚えさせられ、将来的に行き詰まるサッカーになってしまいます。

そんな中で基本中の基本の「利き足」という考え方から正しいボールの持ち方、良いボールの持ち方に繋げることは一番重要です。

 

■ドリブル練習から学んでみてください

そこで改めてしっかりとした正しい意識、考え方に基づいて「ドリブル練習」をやってみましょう。

先ず利き足でボールに触ることに慣れてない人は徹底的に利き足を意識すること。

利き足でボールを触ることが慣れてきた人は、絶対に「慣れ」でボールを触らず最初に意識したように、また、気をつけたように毎回しっかりと意識すること。

「利き足を意識する」というのは絶対に必要で、ものすごく重要です。

その意識があるからドリブル練習の意味と価値があり、良い方向に向かって進んでいけるのです。

ここからが重要なのですが、その意識をしっかりと持ち、利き足のドリブル、アウトのターンの練習をやってみてください。

 

■注意するポイントは?

その中で最も気をつけなくてはいけないことは、ボールタッチした後のボールの置き場所です。

利き足だけでボールを触っていても、適当に両足でボールを触るよりは必ず良くなりますが、もう一段階踏み込んだ意識、やり方がさらなる向上とより良いボールの持ち方、ボールの置き場所につながります。

それは、ボールタッチしたら必ず利き足側にボールを運び、利き足側にボールを置くように心がけてください。

ただ適当にボールを触らずに、ボールタッチする場所、ボールタッチした後のボールの置き場所をしっかり意識してください。

ボールを運ぶときは、利き足の小指でボールタッチし、利き足側にボール持っていくようにドリブルし、アウトでターンしたら、アウトのターンした後のボールの置き場所は必ず利き足側にボールを置き、次のボールタッチにもこだわり、必ず利き足側にボールを運ぶことです。

そこまでこだわってこそ、このドリブルトレーニングの意味があり、それを意識しなければ無意味と思ってください。

正しい意識こそが本当に上手くなるためのポイントです。

 

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 【檜垣コーチ】軸が強くなるリフティング

  2. パス成功率をあげるために必要な事とは…?

  3. 【三浦コーチ】少年サッカーのサイドチェンジに必要なスキルとは?

  4. 【センアーノ神戸】指導者が行動を起こさなければ変化は生まれません…

  5. 【センアーノ神戸】3対3対3(BOX)というメニューで得られるも…

  6. 【新作情報】多くの選手は「やらない」のではなく、できない【センア…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは!檜垣です。サッカーの技術とは、試合の中で「ボールを自分のもの」に出来る技術こそが…
  2. こんにちは!「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。第…
  3. 三浦です。先週末から昨日まで土曜を含めると3日間トレーニングを行いました。以前からま…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。