閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  4. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  5. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  7. 【千葉コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  8. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
  9. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする
  10. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性

前回は、アウトのターンの練習方法についてお話させて頂きました

今回は、アウト(小指)とイン(親指)部分でボールをタッチするトレーニングの紹介と、なぜそれが重要なのかをお伝えします。

一般的に非常に多いボールタッチ練習は、両足のインで左右交互にボールタッチすることです。

この練習を先に覚えてしまうと、大きな弊害があります。

■簡単だけど、奥が深い練習ほど効果がある

先ずこの練習、すごく簡単です。

サッカーは足でボールをコントロールすることから覚えていく必要がありますが、ボールと身体が一体となる、ボールを自分のものにするといったことが非常に難しいです。

だからといって、簡単にできてしまう両足のボールタッチを覚えてしまうと悪い癖がついてしまいます。

プロのウォーミングアップで、このようなボールタッチをやったりすることはありますが、プロがやっているから正しいのではなく、プロは基礎基本を身に付けた上であらゆるトレーニングを行なっているのですから、見たままを鵜呑みにしてはいけません。

では、なぜ両足のインでのバタバタとボールを触ることがいけないのかというということをお話させて頂きます。

人間の身体は本来開いています。

スポーツの世界で身体が開いてしまうことは、力を発揮することができない状態です。

人間の身体は両足が左右横に並んでいます。

この時点で、身体は開いて軸がない状態です。

ボールは丸いですから、いろいろなところに転がります。

その転がるボールをなんとかコントロールしよう思うと、両足の間にボールを置いて、バタバタと両足でボールタッチした方が簡単なのです。

これは、すでに身体が開いた状態で、ボールをコントロールしているのではなく、ボールにコントロールされているのです。

まるで身体に悪いエクササイズのようです(笑)

だからこそ、始めに両足バタバタ、両足のインを使ったボールタッチはやめましょう。

そこで、利き足のアウト(小指)、イン(親指)での交互のボールタッチが重要になります。

先ず、両足のイン(親指)でのボールタッチと、利き足のアウト、インのボールタッチを比較してみてください。

両足のインのボールタッチは、バタバタとボールを触る感じですが、利き足のアウト、インのボールタッチは、よりボールタッチの正確性、ステップ、軸、バランスなどが求められます。

ですから、その場での利き足のアウト、インのボールタッチ練習、また、前に進みながらの利き足のアウト、インのボールタッチ練習は、非常に有効なトレーニングとなります。

前に進みながらのアウトインのドリブルでも、ターンは必ずアウトでやってください。

ボールの持ち方、ボールの置き場所を良くするために、是非、しっかりとトレーニングしてほしいです。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

関連記事

  1. ミスをしても、めげずに声が出るチームを作ることが大切です。

  2. サッカーの連続失点の怖さ

  3. 【ロシアW杯】クリエイティブでたくましい選手を育てるのに大事なこ…

  4. 【DF必見】守備力向上に欠かせない技術は【ボールを見ないこと】で…

  5. 【檜垣コーチ】なぜアウトのターンなのか?【利き足理論】

  6. やはりフィジカル、動き出し

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…
  2. ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始め…
  3. ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリの…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。