閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】試合になると増えるパスミスの原因とは!?
  2. 【サッカー】ゴールにつながる3つのターンシュートトレーニング
  3. 【サッカー】DFがボールを奪う時の考え方
  4. 【サッカー】パスカットを行うための考え方
  5. 【サッカー】フリーでボールをもらうコツ
  6. 【サッカー】ボランチの選手に実践してほしいトレーニング
  7. 【サッカー】プロになる人の特徴“後編”
  8. 【サッカー】プロになる人の特徴“前編”
  9. 【サッカー】PKを蹴る時のコツ
  10. 【サッカー】エラシコの3つのコツ
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか

リフティングというトレーニングは、サッカーが上手くなるために不可欠なトレーニングです。

サッカーに必要な技術、ボール感覚、ボールコントロール、軸、体幹、ステップなどを覚えるためのトレーニングであり、さらには、自分自身の身体を意識し、上手くコントロールするためのトレーニングだということを正しく考えられねばなりません。

とんどの人は、そのトレーニングについての意味を知らないから、それを経験しているプロの人間から聞くべきと思うし、学ぶから上手くなれます。

 

意味がわからなければ、進化はない

リフティングトレーニングでは、利き足でのインステップリフティング千回をクリアしてからは、もも、アウト、イン、胸、頭という順番で、各部を使ってのリフティングのレベルアップしたトレーニングがあります。

さらには、ちょんちょんリフティング、ちょんちょんリフティングウォーキングや、テニスボールリフティングのトレーニングもあり、そのトレーニングの種類は、今もどんどん増えて、これからも進化していくでしょう。

このようにリフティングというトレーニングにおいて、中身をどれだけ熟知しているかが大きな鍵であり、その中身や意味がわからなければ、とにかくやる、やり切る、そうやってトレーニングレベルが上がるにつれて、感じられる、考えられる幅も変わります。

 

リフティングは学校の勉強と同じ

学校の勉強だってそうでしょう。

九九を覚えさせられたときは、その意味がわからなくても、それを身につけたときには、やがてその意味を理解することができます。

はじめは、とにかく一つ一つやり切り、リフティングトレーニングのレベルが上がれば上がるほど、感じられること、考えられることが増えていきます。

ボールを自分のものにするには、当然、それなりの努力が必要です

だからこそ、はじめは意味がわからなくても、プロを経験した人間が推奨するトレーニングには必ず意味がありますから、しっかりとやる、やり切ることが大切です。

 

サッカーの技術を感じられる幅が広い人が本当に上手くなれる

そして、そのワンタッチワンタッチからサッカーの技術を感じられる幅が広い人が本当に上手くなれるのです。

サッカーの技術において、何よりも大切なのは、「一回でボールを自分のものにする」ことの技術であり、ファースタッチ、トラップが一番重要で、一番難しいのです。

「一回でボールを自分のものにする」には、普段のボールコントロールにおいて、目の前のボールが自分のものにならなくては、トラップが良くなることはありません。

例えば、リフティングを簡単に落とすような人が、ボールを自分のものにできるわけなどなく、ましてや、一回でボールを自分のものになど、絶対に無理です。

だからこそ、ワンタッチの大切さを知るためにもリフティングの数字の設定があり、ワンタッチの大切さ、やりきる大切さということを知ってもらうためでもあります。

ワンタッチの大切さ、ファースタッチの大切さを知らずに本当に上手くなることはありません。

 

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。
現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 【ドリブル】密集地帯が苦手な場合は●●を練習してください【上達法…

  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる

  3. 【戦術】パスワークを駆使して相手陣内に入り込む方法とは…?

  4. パスワークを成功させる考え方

  5. 【明日公開】正しい蹴り方を学んだ後に、身に付けなければいけない事…

  6. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 今回は、普段の練習ならパスが上手く通るのに、試合中など動いている時だとパスが上手くいかない選手が、上…
  2. 今回は前線の選手、特にFWの選手が意識して行うと、たくさん点が取れるコツをご紹介していきたいと思いま…
  3. 今回は、1対1でディフェンスがボールを奪う方法や考え方を、解説していきたいと思います。&nb…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】試合になると増えるパスミスの原因とは!?
  2. 【サッカー】ゴールにつながる3つのターンシュートトレーニング
  3. 【サッカー】DFがボールを奪う時の考え方

line

SNSでも情報配信中!

facebook

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。