閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  2. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  3. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
  4. 【特別価格】蹴れるようになってからでは遅いと思います…【本日最終日】
  5. 【サッカー】セオリーとなるプレー
  6. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足です【…
  7. 【実話】ロングボールを蹴れることよりも大切な事とは?
  8. 【練習法】鈴木陽二郎コーチがスクエアパスを行うとこうなる…↓【新作情報…
  9. 【練習法】ボールをサンドバックのようにバンバン蹴る【新作レビュー】
  10. 【少年サッカー】団子サッカーになる理由とは?【上達法】
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの各部のリフティング

テニスボールリフティングを千回クリアしたら、サッカーボール同様に各部のリフティングトレーニングをする必要があります。

テニスボールリフティングでの千回以上は、利き足のちょんちょんリフティング、利き足のインステップリフティングを共にクリアしてください。

サッカーボールの場合は、利き足のインステップリフティングを千回以上クリアしたら、次に各部のリフティングトレーニング(インステップ、もも、アウト、イン、胸、ヘディング)を確実に落とさないレベルになってから、ちょんちょんリフティングトレーニングに入ります。

ですが、テニスボールリフティングのトレーニングでは、インステップリフティング、ちょんちょんリフティングを並行してリフティングトレーニングし、千回以上をクリアしてから、各部のリフティングトレーニングに入ります。

その理由は、サッカーボールの場合、利き足のインステップから各部のリフティングに入ることによって、身体とボールの一体感をつかむ感覚を養ってから、軸、体幹、バランスの感覚などを養うちょんちょんリフティングに入り、ちょんちょんリフティングウォーキングでさらなる強化を図ることが、ボールと身体の一体感をさらに高めることに繋がりました。

テニスボールリフティングのトレーニングは、さらなるレベルアップのために行うのですが、すでにサッカーボールで、ある程度のボールと身体の一体感と軸は作られていますから、テニスボールのインステップリフティング、ちょんちょんリフティングは並行してやってほしいのです。

その千回ずつをクリアしてからが、また大変で、いわゆるさらに高い山を登ることになるのですが、そこには、テニスボールでの利き足のインステップリフティング、ちょんちょんリフティングが「ボール感覚の軸」となっているのです。

利き足のインステップ、ちょんちょんリフティングを千回ずつをクリアしているからこそ、サッカーボールより小さいテニスボールでの各部のリフティングのトレーニング効果となります。

サッカーボールでの各部のリフティングよりも、テニスボールでのボールタッチは、より繊細かつ質と精度を求められるため、利き足のインステップ、ちょんちょんリフティングでのボールタッチが基礎になり、ちょんちょんリフティングでの立ち足の軸が、さらなる基礎の土台となります。

そこで、テニスボールでの各部のリフティングトレーニング(インステップ、もも、アウト、イン、胸、ヘディング)を行うことが、さらなるボール感覚、ボールと身体の一体感を得ることになります

最初は、各部を10回ずつをクリアすることを目指しましょう。

そのときも、サッカーボール同様、利き足のインステップが軸となり、繊細なボールタッチには、ちょんちょんリフティングが効果的に繋がります。

落としそうになったときには、利き足のインステップが軸となり、ちょんちょんリフティングでの軸が、バランスを支えてくれます。

各部を10回ずつ、これを10セットやりきってください。

これが安定するまで、徹底してやりましょう。

これが安定してからのトレーニングについては、また次回お話致します。

 

 

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. サッカーの技術の前に、「動きづくり」が大切

  2. リフティングの平均が300回以上

  3. 【三浦コーチ】ボールに集まるサッカーはサッカーじゃない

  4. ボールを変えるとリフティングができない理由

  5. 1点の重みを感じることでプレーの質が変わる

  6. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 三浦です。11月に入ったとたんに気温が低くなりましたね。サッカーは屋外スポーツなので、天…
  2. サッカーボールより小さいテニスボールでのリフティングトレーニングでも、その考え方、取り組み方に違いは…
  3. 三浦です。U12選手権全国大会の都道府県予選が始まっていますね。U12選手権の大会名…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  2. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  3. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。