閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
  2. 【サッカー】試合でのスプリントは判断能力などを学ぶことが出来る
  3. 【サッカー】強豪チームと自チームとの「差を知る」大切さ
  4. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  5. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  6. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
  7. 【特別価格】蹴れるようになってからでは遅いと思います…【本日最終日】
  8. 【サッカー】セオリーとなるプレー
  9. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足です【…
  10. 【実話】ロングボールを蹴れることよりも大切な事とは?
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】利き足のドリブルの仕方

世界のトッププレーヤー達のボールの持ち方、ボールの置き場所等、彼らのサッカースタイルから「利き足のポイントの技術」について、イメージして頂けたでしょうか?
では、彼らのような「ボールの持ち方」、「プレースタイル」に繋がるようになるには、どのようなトレーニングが必要かをご説明させて頂きます。
「利き足のポイントの技術」ですから、当然、利き足からトレーニングをする必要があります。
だからといって、利き足だけを使っていれば良いわけではありません。
間違った身体の使い方を覚えたら、「良いボールの持ち方」「良いフォーム」にはなりません。
例えば、野球の投手が利き手で投げるとき、正しい投げ方を覚えないと、良いボールを投げられないのと同じで、良いボールの持ち方、良いフォームを覚える、身につけることは、非常に重要です。
は、まず最初は、利き足のドリブルからスタートしましょう。
それは、「真っ直ぐにドリブルすること」から始めます。
何気ないドリブルかもしれませんが、例えば、ラインに沿ってブレずに真っ直ぐにドリブルするとなると、かなり難しいです。
リブル練習は、それくらい気を使う必要があります。
では、どのように真っ直ぐにドリブルするかというと、先ずはボールタッチを意識してください。
真っ直ぐボールを運ぶためのボールタッチでは、利き足の小指を意識して、ボールを触ってください。
小指にボールを当て、押し出すようにボールを前に運びます。
の時に、ボールタッチした後のボールの位置をしっかり確認しましょう。
ボールタッチが強ければ、ボールは自分から離れていきます。
また、ボールタッチがズレていた場合、ボールは真っ直ぐに進みません。
ワンタッチワンタッチを丁寧に、ボールタッチを常に感じ、確認しながら、ドリブル練習を繰り返しましょう。
これこそが、世界のトッププレーヤー達のボールの持ち方、フォーム、プレースタイルを身につけるための最初の一歩です。
こんなドリブルなら簡単にできると思っている人でも、先ずはやってみてください。
ボールタッチがブレずに、思い通りにボールが置けているのか、真っ直ぐにブレずにドリブルができているのか…
些細なことにも気をつけられる人は、何からも感じ、学ぶことができます。
ただ真っ直ぐにドリブルするだけに見えても、利き足の小指のボールタッチ、ボールタッチした後のボールの置き場所、真っ直ぐにボールを運べているか…
常に、「意識」してボールを触ってください。

「利き足を使う」、「利き足でボールを触る」

これだけでも、普段何気なくボールを触っていた時より、確実に上手くなります。

サッカーは、ファーストタッチが大事と言いますが、ファーストタッチとは、全てのワンタッチワンタッチがファーストタッチなのです。

どのような意識で、ドリブルのボールタッチをするのか…

ワンタッチワンタッチを全て、ファーストタッチと意識してボールタッチし、ボールの置き場所を確認しながら、「小指のドリブル」をトレーニングしましょう。

世界のトッププレーヤー達も同じように、ボールを運び、ドリブルしているのですから。

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 【少年サッカー】ロングボール多用の弊害

  2. 【練習法】ボールをサンドバックのようにバンバン蹴る【新作レビュー…

  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識

  4. パス成功率をあげるために必要な事とは…?

  5. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら

  6. なでしこジャパン2013年アルガルベカップメンバーを発表

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. U12選手権の都道府県予選も終わり、一段落ついたのと新チームのレベルアップを目的にして普段から付き合…
  2. 三浦です。僕が尊敬する三浦カズさん。カズさんが所属する横浜FCがJ1に復帰することになりまし…
  3. 11月に入り、2019年度JFA第43回全日本U-12サッカー選手権大会の都道府県大会が行われていま…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
  2. 【サッカー】試合でのスプリントは判断能力などを学ぶことが出来る
  3. 【サッカー】強豪チームと自チームとの「差を知る」大切さ
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。