閉じる
閉じる
閉じる
  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ
  2. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由
  3. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは
  4. パスワークを成功させる考え方
  5. 【スキルアップ】サッカーにリフティングスキルは必要ない?
  6. サッカーに必要な「道具」を磨こう
  7. 【少年サッカー】単純なことが、最も重要となります。
  8. 【サッカーの本質】“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛えるか…
  9. 【少年サッカー】プロから「何を学ぶのか?」を学ぶべきなのか…?
  10. 【指導者必見】理解することで指導者が変わり、選手が変わます。
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【少年サッカー】プロから「何を学ぶのか?」を学ぶべきなのか…?

サッカーが上手くなるためには、「サッカーの基本」を知らねばなりません。

サッカーでは、ボール一個にゴールが二つ、味方10人、敵11人の中で、より的確な判断を素早く出来なければいけません。

そのためには、たった一個しかないボールを中心に、二つのゴールに対して、ゴールするため、ゴールさせないための素早い判断が必要です。

■良い判断をするためには、周りが見れなければなりません。

では、周りが見れるようになるには、サッカーの「基礎知識」を知り、サッカーの「基礎技術」を持ち合わせていない限り、周りも見れないし、良い判断も出来ません。

だからこそ、正しい基礎技術を身に付けるべく、正しいトレーニングが絶対に必要です。

そこで、世界のトッププレーヤー達のみならず、強豪国のプロサッカー選手達には、「利き足のポイント」という技術がベースにあることを知って頂きたいです。

■その正しい方法というのが、「利き足の技術」です。

先ず、世界のトッププレーヤー達のファーストタッチの後のボールの置き場所に着目してほしいです。

例えば、ボールを受けた時には、必ずと言っていいほど、利き足の前にボールを置きます。

それは、そこにボールを置くことができれば、全てのプレーがスムーズに行うことができるからです。

世界のトッププレーヤー達、または、強豪国の選手達は、目の前のDFを抜くときには必ず(100%と言っていい)、利き足の前にボールを置き、そこから仕掛けます。

これは、ほんの一例ですが、それの意味する部分をいろいろお伝えできたらと思います。

■だからこそ、プロから正しく学べば間違いなく上手くなります。

上手くなるには、プロを目指す、目指さないに関わらず、プロからどのように学ぶことが出来るかです。

僕のような17歳からサッカーを始めても、ブラジル一部リーグのプロサッカー選手になれたわけですから、必ず上手くなることはできます。

是非、「正しい基礎基本」を学び、身につけて、自分のサッカーの向上を目指してください。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

関連記事

  1. 【上達法】中学サッカーに必要な3つのポイント

  2. 速さよりも「正確さ」について練習するべき理由

  3. 連携プレー、コンビネーションは選手同士が「何も言わなくても分かる…

  4. 【ドリブル】密集地帯が苦手な場合は●●を練習してください【上達法…

  5. アフガニスタン戦から学べる『2つのポイント』ワールドカップ予選快…

  6. フットサルの技術は『このように活かされる』

ピックアップ記事

  1. 高校からサッカーを始めて、ろくにリフティングも出来ずにブラジルに渡ったわけですが、そんな自分がブラジ…
  2. 先週の3連休に、チーム全員が揃う機会があったので定期的に行っている記録会を行いました。内容は…
  3. 「ボールの持ち方が良い」という言葉を聞いたことがあると思います。では、実際にボールの持ち方が…

おすすめ記事

  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ
  2. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由
  3. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。