強いシュートを打つには、認識の中心を変える必要がある

シュート 鈴木陽二郎

お世話になります。

YJRです。

高校サッカー決勝戦(山梨学院vs青森山田)はすごいゲームで興奮しました。

そして、感動も!

しびれる試合でしたね!

人間は、認識した形になる性質を持っている。

このブログでも何度も書いてきたわけですが、今日の決勝のようにサッカー観戦(サッカーだけでなく他のスポーツや人間観察でも!!)をしてても、「その行動(立ち振る舞い、プレー)は何を認識した結果なのか!?」と、頭、そして心を巡らせています。

特に、GKのセーブは、あの緊張感あるゴール前で何を認識しているのかすごく気になりますね。

山梨学院GKは、グラウンダーや低いライナーの速いクロスを、足でよくセーブ(クリア)していました。

それは、クロスする選手とクロスを受ける選手の位置などの状況を、把握・認識してるからこそ足が自然と出てくるのかな?

こういった素晴らしいプレーの時や、大きなエラーの時の行動(立ち振る舞い、プレー)をみて、「その行動(立ち振る舞い、プレー)は何を認識した結果なのか!?」とついつい分析してしまいます(笑)

職業病ですね(笑)

ただ、本人に聞かないと本当の話はわからないですが、そもそも想像(妄想)するのがすごく楽しい(笑)

A選手の話

枕が長くなってすいません(笑)

今回書きたかった事は、認識の話です。

なので枕が長くなりました(笑)

先日、蹴り方教室を開催しました。

そこで、競技フットサルでプレーしているA選手が、「強いシュート蹴られなくて、シュートが入らない」との悩みをもっていました。

ということは、裏を返せば「強いシュートを打ちたい」です。

こういった悩みのプレーヤーは、とても多いと思います。

B選手の話

今回は、トップカテゴリーで活躍するB選手も参加してくれました。

上の悩みに対して、今シーズンの得点の話を聞いてみたところ、「何も考えていない。ゴール向かって違和感のない流れに乗った」と、答えてくれました。

実際そのシーンを見ましたが、強いボールを蹴るとかでなく、水が下に流れるように自然とゴールに流れていくような得点でした。

ボールを何とかしようとする認識は力みをくれるだけ。

ここまで記事をかかせて頂きましたが、A選手の「強いシュート蹴られなくて、シュートが入らない、強いシュートをうちたい」ということが

  • 強いシュートを打たせてくれない
  • うまく蹴られない

にさせていく認識だと考えています。

A選手は「強いシュートを打つために」と、色々な行動をしていました。

  • 足首の過剰な固定
  • 強すぎるインパクトの瞬間の意識
  • 反動をつけたくて腕を回す
  • 膝からの下の意識

全てが過剰な意識の為に、体が完全に力んでしまっていました。

かつ、文脈がなく、ボールが足に当たる瞬間だけをクローズアップしている認識だから起こる行動でした。

それは、ボールが認識の中心である。ということでもあります。

そもそも、ボールは強く蹴らなくても入ります(笑)

入るときに蹴れば入りますよね。

世の中には、コロコロシュートはたっくさんあるわけです。

認識を変えないと変わらないのです。

形が俺を決める

対して、B選手は認識の中心が目的地になっていました。

ボールを何とかしようとするのでなく、

  1. ボールがここで
  2. 自分がここで
  3. ゴールがここで
  4. 味方・相手がここだから
  5. このルートよね!

といった感覚だったそうです。

色々な情報から自分がどこに向かうか自然と決まるような事を、

  • 形が俺を決める
  • 形に決められた

という表現をするのですが、ボールを何とかしようとする欲を出すのでなく、パズルのピースのように、常に自分がはまる場所を探した方がいいと考えてます

シュートは、技術やパワーに目が行きがちです。

しかし、それまでの認識で過程や結果が決まっていきます。

認識を疑わずに、上手くいかない行動を作る認識のまま、技術習得練習をしても成功できる認識は身につきません。

実は・・・

B選手は約1年前、A選手と同じような認識でした。

なので、自分のところに来てくれたわけです。

そこで、自分の認識がなにか分析して、認識を変えない限り自分で難しくしてしまうよ。

と、それから1年。

すごく上手くなっていた。

話をすると、「認識が大きく変わってからプレーが変わった」と話をしてくれました。

B選手との会話で改めて、認識をかえることで行動がかわることを痛感しました。

そして、認識がかわれば、トップレベルの選手でもまだまだ上手くなるものだ!とも。

そして、A選手も自分の認識を分析できたり、認識の中心を目的地にセット出来るときは、強いボールを蹴っていました。

改めて、改めて、認識の重要さを感じることができました。

次回以降に、最近やり始めたトレーニングを紹介できたらな!と思ってます!

この記事を書いた人鈴木 陽二郎鈴木 陽二郎
(株)エフネットスポーツ
FFCカレッジフットサルリーグ担当
新しい概念を吹き込んで上達に導く“フットボールコンセプター”
今まで、小学生から社会人まで男女を問わずフットボールを教えてきた。また、その理論や新しい概念(コンセプト)を提案して上達させるアプローチはプロにも評価されおり、現役Jリーガーからのサポート依頼は絶えることがない。育成においては、2014年よりキックの上達に特化した「蹴り方教室」主宰し、社会人をはじめ、小学生から大学生チームを指導して、数時間で「ボールの球筋が格段に変化する」「メニューをこなしていくと、自然に考える力と技術が身につく」など、すぐに圧倒的な結果が出る事例多数。また、「概念を変えることでプレーが上手くなる」という上達アプローチは、多くの指導者に影響を与え、日本代表の長友佑都選手の専属コーチである鬼木祐輔コーチなど、多くの優秀な指導者から絶大な支持を受けている。