なぜ周りを見ることが重要なのか?

練習法

今回は「周りを見る重要性と周りを見れるようになる方法」についてお話していきたいと思います。

サッカーの技術以外で、大切なことは何だと思いますか?

それは「周りを見る」ことです。

周りを見ていない選手は、パスをもらう時やドリブルしている時など、ボールを取られやすくなります。

  • 技術が合ってもなかなかうまくいかない…
  • 身体が大きいしスピードもあるのに上手くならない…

と悩んでいる選手は、きっと「周りを見れていない」のです。

そんな方のために、今回は

  • 周りを見る重要性
  • いつ何を見るべきなのか
  • 周りを見れるようになる方法

について紹介します。

これらのことを理解し実践することで、周りを見れるようになり、試合で活躍できるキッカケを掴めるようになります。

周りを見る重要性

周りを見ることは、プレーの始まりです。

サッカーは、すべてのプレーが周りを見ることから始まります。

「周りを見る→考える→選択する→実行する」というサイクルで回っているのです。

例えば、パスを出す場合、「仲間を観て→どこにパスを出すのか考えて→どこにパスをするのかを決めて→パスを出す」となり、周りを見ることからプレーが始まっています。

周りを見ることが出来なかったら、考えることができなくなってしまいます。

ですので、プレーの始まりである、周りを見ることが非常に重要です。

いつ何を見るべきなのか

いつ見るのか?

  1. ボールを直接受けられない時
  2. ボールを直接受けられるようになった時
  3. パスを受ける前のボールの移動中の時

何を見るのか?

  1. 相手
  2. 仲間
  3. スペース

相手と仲間を観ていると、自然にスペースが見えてきます。

  • 直接ボールを受けられない時は、相手と仲間を見る。
  • 直接ボールを受けられるようになった時も相手と仲間を見る。
  • パスを受ける前のボールの移動中も相手と仲間を見る。

この3回は、必ず相手と仲間を見るようにしましょう。

周りを見ることでたくさんの情報が得られ、次のプレーに繋げることが出来ます。

周りを見れるようになる方法

①自分のルールを作る

ボールをもらう前に、必ず3回は周りを見るという自分ルールを作りましょう。

このようなルールを作ることで、最初はいつもより練習や試合がやりにくいと思いますが、今までと違うことを身に付けることは、上手くなるための近道です。

ですので、周りを3回見るという自分ルールを作ってみてください。

②習慣づけるまで継続する

1回の試合だけ、1回の練習だけでは意味がありません。

自分ルールを意識しないでも、考えなくても、周りを見ることができるようになるまで継続しましょう。

まとめ

今回紹介した「周りを見る重要性と周りを見れるようになる方法」はいかがでしたか?

  • 周りを見ることがプレーの始まり
  • 3回、周りを見ることでたくさんの情報が得ることが重要
  • 自分ルールを意識しなくてもできるようになるまで継続する

周りを見て、どのように考えて、どのようにプレーしていくのか、ということが次の段階になります。

ぜひ実践してみてください。

この記事を書いた人上達編集部サッカー上達塾 編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。

LINE公式アカウントに登録でお得な情報をGET!

友達登録はこちらから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。