【ドリブル】世界No.1サッカースクールの指導法を紹介

スキルアップ DVD教材 ドリブル 練習法

From サッカー事務局

から約40年以上前。ある1人の指導者が革命的なサッカーの指導法を開発しました。

選手時代は、それほど華やかな成績を残せなかった彼ですが、指導者としての立場では、その才能を開花させ、数々の功績を残してきました。

 

そんな彼がある日、チームを指揮していた際に、技術者が少なく守備的なサッカーを見て、ある一つの疑問を抱きました。

「なぜ、オフェンスに力を入れずにディフェンスばっかりに集中しているのか…」、「どうしたら人々がサッカーにもっと魅力を感じられるようになるのか…?」

彼がそのような疑問を頂きながらチームを指揮していた頃のスーパースターといえば、ヨハン・クライフやベッケンバウアーといった20世紀を代表とする選手たちだった。

「スーパースターのような観客を魅了するプレーができれば、もっとサッカーを楽しめるんだろうな…」「スーパースターのようなプレーを選手たちに教えられたら…」もしかすると、あなたもこのような事を思われたかもしれません。それは昔も今も、そして日本でもヨーロッパの指導者でも、実は同じなのです。

自身が指導する選手たちがスター選手のような、スーパープレーができれば、もっとサッカーを楽しんでもらえる。

 

そして、自身が思い描いたように選手たちは上達していける。そのように考えた結果、彼はある一つの方法を見出しました。

それはスター選手たちのテクニックを細分化し、ステップごとに分け、分析して、自身の選手たちに指導できる『ノウハウ』を見つけたのです。

 

その後、彼の指導法に触発された二人(アルフレッド・ガルスティアン、チャーリー・クック)と、ある1つのサッカースクールを設立しました。

それが世界NO.1と称されるサッカースクール「クーバー・コーチング」の指導法の原点となるとは知らずに…。

 

クーバー・コーチングは世界NO.1のサッカー指導方法です。

クーバー・コーチングは現在、世界30カ国以上、日本でも120か所に展開している、まさに「世界NO.1」のサッカースクールです。

 

その最大の強みは「選手個々を育てるカリキュラム」が『体系化』されていることです。

この「指導ノウハウ」の、どこに秘密があるのか?その秘密は「6つの特徴」にあります。

 

クーバー・コーチングが実践する「6つのポイント」とは…?

 

1 ボールマスタリー (ボールタッチの練習)

2 基本技術のパスとレシーブ (ボールを止める、蹴る練習)

3 1対1の攻防 (ターン、ドリブル、フェイント、タックルの練習)

4 スピード(プレー、フィジカル、判断のスピードを上げる練習)  

5 フィニッシュ (シュート、アシストの練習)

6 グループプレー (チーム戦術の土台となるグループ練習)

以上が、クーバーコーチングが上達のために欠かせない6つのポイントとなります。

 

クーバー・コーチングは年齢やレベルに関係なく、誰にでも上達を実感していただけるサッカー指導方法です。

あらゆるものを即座に習得してしまう「ゴールデン エージ(5 ~ 15 歳)」と呼ばれる、この時期の選手たちは、この6つのポイントを行うことにより、瞬く間にレベルの高いスキルを身につけてゆきます。技術や戦術を習得していくためには、さまざまなトレーニングが必要となってきます。

選手たちが着実にスキルアップしていくために、スター選手のテクニックを細分化して生まれたクーバー・コーチングの哲学に基づいたカリキュラム。

これこそがクーバー・コーチングが世界NO.1のサッカースクールと称される「理由」なのです。

 

続きはコチラ↓

【クーバー・コーチング】1vs1で必須の指導ポイントがコレ↓