フェイントスピードを上げて、相手選手のバランスを崩そう!

ドリブル

フェイントスピードが上がらない…

といった悩みをお持ちではないですか?

右に左に大きく体を動かしても、バランスを崩すことなくフェイントを使って、相手のバランスを崩して抜き去りたい!

そんな選手のために、今回は、「スピードで相手を抜くフェイント」を3つご紹介します。

➀空ステップ

空ステップは対面した時に、1歩踏み込むことで、相手のバランス・タイミングをずらすことで抜き去るフェイントです。

この空ステップをするかしないかで、相手が抜いてくるタイミングがずれます。

空ステップをした後、そのまま左足アウトサイドで抜き去ることも出来るので、非常に有効なフェイントです。

フェイント使うと、基本スピードが落ちてしまいます。

しかし、このフェイントは、1歩が次のダッシュの1歩目になるので、スピードに乗りやすいです。

②空ステップダブルタッチ

スピードに乗れていない状態で、スピードに乗りたいと思った時に使えるフェイントです。

スピードに乗っていない状態で空ステップをしただけでは、相手に足を出されてしまい、ボールを取られてしまいます。

しかし、空ステップとダブルタッチを組み合わせることによって、相手が足を出してきても届かない位置にボールを運べます。

空ステップでタイミングをずらし、ダブルタッチで相手がボールに届かないようにしましょう。

③ロケットシザーズ

ロケットシザーズは、シザーズを行う前にスピードに乗っておくことが重要になります。

全くスピードを落とさずに、相手を騙しながら抜き去ることが出来ます。

フェイントをおこなう前から、スピードに乗るようにしましょう。

スピードがある選手は、より効果がありますが、スピードがない選手でも、走りながらダッシュしてフェイントを使うことが出来ます。

2歩目で一気にスピードに乗ることが重要です。

まとめ

今回は「スピードで相手を抜くフェイント」ご紹介しました。

  1. 空ステップ
  2. 空ステップダブルタッチ
  3. ロケットシザーズ

この3つのフェイントが出来るようになることで、スピードを落とさずにフェイントができ相手を騙すことが出来ます。

ぜひ実践してみてください!

この記事を書いた人上達編集部サッカー上達編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。