サッカーの基礎であるトラップが浮かない3つのコツ

スキルアップ トラップ

「トラップでいつも浮いてしまう」

「トラップミスが多くて相手にボールを奪われやすい」

「トラップが浮かないコツや上手くなる方法を教えて欲しい!」

こんな悩みに答えます。

「トラップが浮かなかったら、チャンスを作れていた。」こんな場面を何度も経験しているでしょう。

本記事のトラップのコツができるようになれば、得点チャンスに関われたり、ミスを格段に減らせます。

海外のトップ選手、Jリーグのトップレベルの選手やクラブは、トラップの質がものすごく高いです。

今よりももっと上手くなるために、浮かないトラップを覚えましょう。

当たり前のことを当たり前にできる選手を目指そう。

トラップが大切な理由

サッカーの練習をしようとした時に、あなたはどのような練習をしますか?

• キック
• ドリブル
• リフティング

この3つが思い浮かぶでしょう。

ですが、一番しないといけない練習はトラップです。

サッカーにおいて、トラップは一番大切と言っても過言ではない技術です。

シュートを打つにしても、ドリブルをするにしても、全てはトラップからプレーが始まります。

トラップがうまくできないと、相手にボールを奪われたり、プレーのテンポが遅れたりします。

トラップがうまくできるかできないかで、試合の展開も大きく変わってきます。

浮かないトラップの3つのコツ

トラップが浮かない3つのコツを紹介します。

• ボールの半分より少し上を触る
• 親指の付け根からインサイドで触る
• 膝を柔軟に動かす

ボールを止めるときに、この4つのコツを意識してください。

それだけで、自分の足元にピタッと止まるトラップができるようになります。

ボールの半分より少し上を触る

トラップが浮く原因は、ボールを下で止めているからです。

ボールが浮かないために、ボールの半分より少し上を触ることで、確実にボールが浮かなくなります。

上すぎると上手くトラップできないので、感覚を身につけるまで反復練習をしましょう。

親指の付け根からインサイドで触る

ボールを止める位置がわかれば、自分の足のどの部分で止めるかですね。

ボールは親指に付け根からインサイドで止めると、上手くトラップができます。

ポイントは、しっかり面を作ってあげること。

ボールが触れる面積を広げてあげることで、ボールの勢いを殺せて上手くトラップができます。

膝を柔軟に動かす

2つのことを意識できるようになれば、最後に必要なのが「膝」を上手く使うことです。

クッションコントロールをするイメージです。

浮き球だけではなく、グラウンダーのパスでも膝を引いてボールの勢いを殺すことを意識しましょう。

ボールを向いに行って、触る瞬間に足を引いて吸収する。

このイメージが頭の中にあれば、どんな難しいボールでもトラップできるようになります。

簡単にできるトラップの練習

トラップのコツを覚えるためにやるべき練習を紹介しておきます。

「壁パス」と「リフティング」です。

壁パス

壁パスは壁に向かってひたすらボールを蹴り続け、トラップの回数をどんどん増やしていくだけです。

トラップが上手くなるには、数を重ねることが一番有効です。

トラップの練習をしつつも、パスの練習にもなるので、大きな壁があればやってみましょう。

壁がないなら、チームメイトと練習しても大丈夫です。

リフティング

普通のリフティングでもいいのですが、トラップの練習をすることを意識するなら、高いボールを蹴って止める練習をしましょう。

高いボールを蹴る、トラップ、リフティングを続ける。

これをひたすら繰り返してみましょう。

この練習をすることで、浮き球のトラップが上手くなるので、試合でもミスが格段に減ります。

少し難しいですが、チャレンジしてみましょう。

はじめは低くてもいいので、徐々に高くしていきましょう。

まとめ

トラップが浮かない3つのコツは、

• ボールの半分より少し上を触る
• 親指の付け根からインサイドで触る
• 膝を柔軟に動かす

この3つを意識しながら、壁パスとリフティングをすることで、自分が思ってるようなトラップができます。

トラップは感覚に近いものがあるので、簡単に覚えることはできません。

ですが、何度も反復して練習することで、必ずあなたの体に染み込んできます。

トラップはサッカーの基礎です。

当たり前のことを当たり前にできるような選手になりましょう。

この記事を書いた人玉城 翔玉城 翔
サッカー歴は10年以上にもなり、県選抜候補に選ばれたことも。自身経験を活かし、地元の小学生に指導した経験も持っている
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。