【見ないと損する】たった1日で逆足のキックが上手くなる3のコツ

スキルアップ パス

  • 「シュートチャンスの時に逆足で上手くキックできない」
  • 「逆足にボールが来たら自信がなく判断が悪くなる」
  • 「逆足でも自信を持ってキックできるようになりたい」

こんな悩みに答えます。

「利き足と同じようにキックできればな。」とよく思っているのではないでしょうか。

本記事を参考にすることで、たった1日でもキックが上手くなります。

上手くキックできないことには、何かしらの原因があります。

上手くキックできない原因を探りながら、微調整しながら取り組んでいきましょう。

やるべきことは、たった3つのことを確認しながら練習をするだけです。

自分のキックが上手くなったことを想像しながら、実現させるために練習していきましょう。

コツ①:ボールを蹴る足の位置を確認する

逆足で上手くボールを蹴れない原因は、「ボールを蹴る位置」が正しくないからです。

利き足なら真っ直ぐボールを蹴れるけど、逆足で蹴ると内側にカーブがかかってしまいませんか。

このようにカーブがかかってしまうということは、ボールの中心を蹴れていないということです。

とは言っても、逆足でボールを蹴るのは難しいと思います。

少し「アウト回転」をかけるイメージで蹴る

そこで、いつもよりも「アウト回転」をかけるイメージで蹴ってみてください。

すると、ボールの回転が変わります。

インステップで少しアウト回転をかけるイメージで蹴るだけです。

内側にカーブがかかってしまうなら、ほんの少しだけ意識を変えてみましょう。

足首を固定すると真っ直ぐ蹴れる

また、内側に回転がかかってしまう原因に、「足首が固定されていない」こともあります。

その場で、足首を固定した状態と固定していない状態で、足を振ってみてください。

固定すると真っ直ぐ振れますが、固定していないと斜めに動いてしまいますよね。

実際にボールを蹴ってみると実感できるので、首を固定することを意識してボールを蹴ってみてください。

コツ②:軸足の位置の確認をする

利き足でも逆足でも、上手くボールを蹴れない時は、「軸足の位置」が間違っています。

地面を蹴ってしまうときは、軸足を前に踏み込みすぎていたり、力が伝わらないキックのときは、後ろすぎていたりします。

個人やその状況によって、軸足の位置は変わってきますので、自分が正確にボールを蹴れる軸足の位置を見つけましょう。

そのためにも、なんとなくキックの練習をするのではなく、一回ずつ確認しながら行いましょう。

コツ③:足の振り方の確認をする

ボールを蹴っても「内側にカーブがかかってまっすぐ飛ばない」この悩みを解決するためには、足の振方を確認してみましょう。

まっすぐボールを飛ばすためには、ボールを届けたい方向にしっかり足を振り切ることです。

振り切った足が斜めに向いていると、斜めにボールが飛んでしまいます。

振り方を変えるだけで、簡単にボールをまっすぐ飛ばせるようになります。

まとめ

本記事の内容を振り返っておきましょう。

  • ボールを蹴る足の位置の確認
  • 軸足の位置の確認
  • 足の振り方の確認

この3つのコツを意識してボールを蹴るだけで、たった1日でも逆足のキックが上手くなります。

難しいことは一つもないので、一回のキックを丁寧に行っていきましょう。

無意識にたくさんの数をこなしていくよりも、一回のキックを大切に分析する方が、着実にキックが上手くなっていきます。

キックが上手くなる3つのコツを意識しながら、キックの練習をしていく。

できていないなら原因を分析しながら、少しずつ修正していく。

キックに限らずですが、できない原因を分析しながら修正していくことで、どんどんサッカーが上手くなっていきます。

できたりできなかったりの繰り返しになるでしょうが、体に染み込むまで何度も練習していきましょう。

この記事を書いた人玉城 翔玉城 翔
サッカー歴は10年以上にもなり、県選抜候補に選ばれたことも。自身経験を活かし、地元の小学生に指導した経験も持っている

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。