これを知らなきゃ始まらないサッカーの4つのポジション“FW編”

ポジション フットボールの勉強

GKDFMFと、サッカーのポジションシリーズとして続けてきましたが、今回が最後になります。

最後は、一番数字で評価されがちではあるが、一番目立ちやすく花形のポジションでもある、“FW”についてお話していきたいと思います。

 

 

FW(フォワード)

攻撃の最後の仕上げの部分を、担当することが多いポジションです。

 

“点を取る選手”というイメージが強いと思いますが、実際にはそのちょっと前の“点を取る準備”や、最後のシュートに至るまでのお膳立てに参加しています。

 

あとは、DFやMFからボールを引き出して、ボールを前進させていくためのとっかかりを作ったなど、幅広く攻撃にかかわるポジションです。

GKとちょっと似ているかなと思うんですが、FWは得点ランキングなどがあるため、仕事が数字で評価されがちです。

 

しかし、実際には点を取る準備など、点にならないところでもチームの役に立っていることも多いです。

そのため、単純に数字の良し悪しだけで、FWの良し悪しを判断するのはおススメできません。

 

 

点を取らないと勝てない

とは言っても、ここがややこしいところなんですけども、点を取らないことにはサッカーは勝てません。

点を取るか取らないかで、試合が大きく左右されます。ですので、まずは、攻撃の仕上げ部分の仕事がしっかりとできることが、大事なのは変わりありません。

 

 

FWの役割

サッカーは前に進むスポーツですが、一番前にいるFWは相手ゴールに一番近い場所にいるため、最後の攻撃の仕上げにかかわっていきます。

一方守備では、相手チームの進行を阻むところでは、自ゴールから一番遠い場所にいます。ですので、最初に相手選手に立ちはだかる守備者になります。

 

一般的には、“攻撃の選手”というイメージがありますが、FWでも攻撃だけではなく、守備で貢献できることも大事なポイントです。

これは、GKやDFと同じで、イメージ(攻撃)と逆のことも意識して見ることで、より深く楽しめるのではないかなと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

4つのポジションを、それぞれの記事で解説してみました。

最後に、重要なポイントを2つにまとめて、おさらいしていきます。

 

1、各ポジションの特徴

→ざっくりでいいので、基本的な特徴は抑えておきましょう。

 

2、「攻撃だけ」「守備だけ」で各ポジションを見ない

→見落としがちなため、大事になってきます。

 

サッカーは、全員攻撃・全員守備のスポーツなので、どちらかだけしかしないポジションは、ほとんどないと思っていいと思います。

 

なので、攻撃のメインポジションでもしっかりと守備は見るし、守備のポジションでも攻撃をしっかりと見るという風にすることで、攻撃も守備もどちらもしっかりと楽しめるようになると思います。

 

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。