サッカーにおけるスピードの重要性とは

講師

サッカーにおけるスピードの重要性とは、単純な足の速さだと思う人もいるのではないでしょうか。

たしかに、足の速さはサッカーにおいて1つの武器になりますし、うまく活かせればスピードだけでも相手に脅威を与えられる選手になります。

しかし、サッカーにおける大事なスピードは、足の速さではありません。

この記事では、実際に私自身が経験してきたことを踏まえて、サッカーにおけるスピードの重要性をご紹介します。

結論からお伝えすると、サッカーの中で1番重要なスピードは、

  • 考える速さ
  • 判断し実行する速さ

です。

  • 考えるスピード
  • 最適なプレーを判断するスピード
  • 最適なプレーを実行するスピード

サッカーでは、足の速さよりも頭の回転スピードを高める方が、より重要な選手へ成長できるのです。

それぞれ、具体的に説明していきます。

どんなプレーをすれば良いのかを考えるスピード

まず、サッカーにおいて重要なスピードは、「どんなプレーをすれば良いのかを考えるスピード」です。

例えば、ペナルティエリア内でフリーでボールを受けたとき、どんなプレーを思い浮かべるでしょうか。

  • すぐにシュートを打つ
  • GKを交わしてからシュートを打つ
  • あえて横パスを出して味方のシュートをアシストする

このように、ペナルティエリア内でフリーでボールを受けただけでも、複数のプレーが考えられます。

サッカーは、どんな場面でも複数のプレーが考えられる競技であり、1つの場面で考えられるプレーの数が多ければ多いほど、プレーの幅も広がるのです。

しかし、ただ複数のプレーを考えるだけではいけません。

試合中にゆっくり考えていては、相手にボールを奪われてしまうので、考えるスピードを上げることが重要です。

考えたプレーの中から1番最適なプレーを判断するスピード

複数のプレーを考えたあとは、「その中から1番その場面に適したプレーを判断するスピード」が大切です。

いくら複数のプレーを瞬時に考えられたとしても、その場面に適していないプレーを判断してしまえば、ミスを犯してしまう可能性もあります。

例えば、先程と同じように、ペナルティエリア内でフリーでボールを受けたとしましょう。

3つのプレーの中から、横パスを出すプレーを選択したとします。

しかし、肝心の味方選手が反応していなければ、ゴールチャンスを逃してしまうでしょう。

このように、その場面によって確実にゴールを決められる選択も、適していない選択になってしまうということです。

サッカーでは、

  • その場に適したプレーを判断する
  • そのスピードを速くする

ことで、正確なプレー+プレースピードが高まっていきます。

判断したプレーを実行に移すまでのスピード

判断したプレーを、「実行に移すまでのスピード」もサッカーにおいて重要です。

最適なプレーを選択できたのに、実行までのスピードが遅いとミスにつながる可能性もあります。

例えば、ペナルティエリア内で、フリーでボールを受けて複数のプレーを考えたあとにシュートを打つという、その場に適したプレーを判断したとしましょう。

せっかく最適なシュートを打つというプレーを選択できたのに、実行に移すまでのスピードが遅いと相手からプレッシャーを受けてしまいます。

サッカーは常に展開が変わるスポーツで、その展開スピードも速いです。

そのため、『考える→判断する→実行する』の一連の流れをどれだけ速くできるかが重要になります。

まとめ

サッカーにおけるスピードの重要性は、足の速さよりも頭の回転スピードの方が大切です。

『複数のプレーを素早く考え、その場面に最適なプレーを瞬時に判断し、素早く実行に移す』

世界で活躍する一流選手は、頭の回転スピードが速いからこそ、プレースピードもあれだけ速く見えるのです。

選手としてさらに成長したい人は、頭の回転スピードを高めることを意識してください。

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。