【サッカー上達塾】家にいてもできる「サッカーを正しく見れる」ようになるには、どうすれば良いのか?

檜垣裕志

見ることはできる

いきなり、宣伝になってしまいますが、僕のDVDを見るだけでプラスになります(笑)

それは置いといても、家ではサッカーを忘れて、ただ楽しいだけのテレビやネット、ゲームばかりしていては、上手くなれるチャンスがあるのにもったいないですよね。

プレーしてないときこそ、サッカーが上手くなるために脳をたくさん使ってほしいのです。

だからこそ、「おうち時間」の過ごし方はとても重要です。

試合での選手のプレーなどは見ることはできますから、どんどん見て学んでほしいのです。

どのように見るか

見るだけならみんなやっているかもしれませんが、見方によって、自分が上手くなるために大きく関わります。

  • ただ漠然と見ている
  • 切り取った良いシーン
  • 派手なプレー

ばかり見ていては、本当に上手くなることにはつながりません。

見方も、また基礎基本があります。

見るための基礎基本①

派手なプレーを見るにしても、

  • 基礎基本がわかっている人の見方
  • 基礎基本を知らない人の見方

は、見るポイントが全く違ってきます。

例えば、派手なプレーがあったとして、基礎基本を知らない人は、漠然と真似をするだけになります。

しかし、基礎基本を知っている人は、その派手なプレーの細かな部分から

  • あらゆるボールタッチ
  • ステップ
  • 相手との状況
  • 駆け引き
  • そのプレーまでの流れ
  • 状況判断
  • なぜ、そのプレーに至ったか

まで、考え、想像し、感じられるでしょう。

だからこそ、基礎基本を知ることは一番重要です。

見るための基礎基本②

例えば、自分がドリブルが上手くなりたいとします。

そのために、良い選手のドリブルを見るときには、まずはボールの置き場所を見ましょう。

そのボールの置き場所は、優れた選手ほど、100%利き足の前でしょう。

そして、仕掛けるポイントもまた利き足からです。

それを見るだけでも、良いイメージとなります。

もちろん、これはドリブルを仕掛けるという観点のみであり、その一部分だけしか見れないようでは、本当には上手くなりません。

他にも見るべきポイントは、ドリブルだけではなくトラップやキックなど、ボールタッチを細かくすべてを見てほしいのです。

それは、足のどの部分でボールタッチしているか。

  • 親指なのか
  • 小指なのか
  • インステップなのか

さらには、インステップでもどの部分か。

  • 内側か
  • 外側か

など、本当に細かな部分まで見ようとしてください。

そのプレーはどんな状況で行われたか

なぜ、例えにドリブルを持ち出したかというと、日本にはドリブル大好きな人たちが多いからです(笑)

ドリブルが好きでも構いませんが、正しい見方ができないと、そのドリブルは全く通用しないです。

と言うのも、プロの試合を見ていればわかるように、ほとんど派手なプレーはありません。

どちらかと言うと、地味なプレーばかりです。

そこに本質があるのですが、そこからわかる人が少ないから、あえてドリブルを例えました。

では、そのドリブルは、どんな状況で行われたでしょうか。

  • 試合状況は?
  • 点差は?
  • 流れは?
  • カウンター?
  • ゆっくり攻めてるとき?
  • どの場面?
  • どのエリア?
  • 相手はどんな状況?
  • 味方は?

だから、試合を通じて学ばないと、本質は絶対にわかりません。

単純に技術を見る

例えば、ドリブルならば、まずは

  • ボールの置き場所
  • ボールの持ち方
  • ボールタッチ

を、利き足の観点から見ると、よりわかりやすいでしょう。

キックを知りたいなら、

  • 足のどの部分でボールを当てているか
  • ボールのどの部分を当てているか
  • 軸足の位置
  • 蹴り方
  • ボールの軌道
  • ボールの回転

など、これもまた細かく見ることが非常に重要です。

単純に技術を見るとは、一部分の切り取りであっても、そこからボールコントロールを学ぶことはできます。

その技術、いつ使うの?

一部分から学んだら、次はその技術を使うための状況判断の勉強です。

プロの選手は、どのようにしてその技術を選択しているのでしょうか?

試合を通じて、しっかりと見る必要があります。

味方や敵の状況、その中でなぜその技術を選択したかなど、考えられることや想像できることは多々あります。

学んだ技術も、使い方を間違えては意味がありません。

プロの技術は、試合を通じて学ぶことが必要です。

しっかりと試合を見て、「本物の技術」を学んでください。

この記事を書いた人檜垣 裕志檜垣 裕志
1970年生まれ 石川県出身。ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム。日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、
CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

LINE公式アカウントに登録でお得な情報をGET!

友達登録はこちらから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。