ボールコントロールを上達させるには

檜垣裕志

サッカーは、ボール競技です。

ですから、ボールコントロールのレベルアップは、サッカーをさらに楽しいものへと変えてくれます。

ボール感覚が上がれば上がるほど、サッカーは楽しくなるのです。

そのために何をすれば、自分自身のボール感覚、ボールコントロールレベルを上達させることができるかです。

シンプルに、まずは「利き足」からです。

利き足のボールタッチ

僕自身、何度も「利き足のポイントの技術」ということをお伝えしていますが、単純に自分の得意な利き足からトレーニングしていけば、みるみる成長を感じられます。

それは、利き側の感覚は身体の中で一番神経が通ってますから、使えば使うほどに感覚は上がっていきます。

だからこそ、利き足をどんどん使って、利き足でたくさんボールを触ることが一番の上達の道です。

気をつけるポイントとして、ボールはあちこちに動きますから、それに合わせて左右両足でボールを触らないことです。

その感覚でボールを触ると、無意識にボールを触る癖がつきますから、必ず意識してボールを触ることが上達への重要なポイントとなります。

利き足でボールコントロールする意識

はじめはぎこちなく感じるかもしれませんが、「利き足でボールを触る」という意識でボールを触っていけば、その意識が「利き足の感覚」をどんどん上げてくれます。

利き足のあらゆるボールタッチの感覚、利き足の使い方がスムーズになっていくことを感じられるはずです。

だからこそ、はじめの「利き足の意識」からのボールタッチ、ボールコントロールを絶対に忘れないでほしいのです。

その意識が、上達スピードを上げてくれるからです。

特に普段、何気なくボールを触っていることをなくしてください。

普段の何気ないボールタッチが、意識をしてボールを触ることに変わると、感覚は確実に上がりますから。

とにかく、「利き足から」の意識です。

その意識があってからのトレーニングが本当の効果となります。

トッププロのレベルを実感

ドリブル・リフティング・トラップ・キックができるできないではありません。

利き足からの意識を持って、それらのトレーニングを行うことが、今までの何気ないボールタッチや何気なく両足を使っていたものから大きく変わります。

利き足を意識して、ボールを触ってください。

そして、利き足のボールタッチからボールを感じてください。

そこからボールコントロールにつなげると、ボールタッチする場所・利き足の使い方・利き足からの立ち足の軸やバランスなども感じられるはずです。

一番の感覚の利き足からのボールタッチ、ボールフィーリングが、たくさんの感覚に導いてくれます。

とにかく利き足を意識して、利き足でたくさんボールを触ってください。

はじめは、やりにくいことがあっても続けてください

世界のトッププロが、いかに利き足を中心としたボールコントロールレベルが高いかも感じられるはずです。

そして、その自身の利き足の使い方こそが、そのレベルにつながる行為となるのです。

より上手くなるための「利き足への意識」です。

これこそが、一番のボールコントロールの上達につながります。

この記事を書いた人檜垣 裕志檜垣 裕志
1970年生まれ 石川県出身。ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム。日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、
CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

急に伸びる子が続出している理由はコレでした!LINEで友達になって、ビギナーでも上級者の動きに代わる、サッカー上達DVDを半額で学べる方法はこちら

サッカー上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、サッカー上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…すべてのサッカー・フットボールDVD教材の中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!