「上手くなる」とはどういうことなのか?

フットボールの勉強 檜垣裕志

プロになるには

僕は、小さい頃にプロスポーツ選手になりたいと思っていました。

当時の僕は、プロ野球選手になりたくて毎日一人でピッチング練習をしていました。

さらに、プロ野球の試合や本や、雑誌を見て、上手くなりたくて練習をしていました。

プロになるということは、先ず「上手くなる」ことが大前提になければならないのです。

ボール競技

その後、野球からテニスにスポーツを変えた自分は、次はテニスでプロ選手になりたいと思いました。

野球とテニスは違うスポーツですが、ボール競技という共通点があります。

そして、もちろんテニスであっても、プロになるには「上手くなる」ことが絶対に必要です。

サッカーも同じ

テニスの次にサッカーを始めた自分は、サッカーでもプロ選手になりたいと思いました。

もちろん、サッカーでもプロ選手を目指すということは、上手くならなければプロにはなれません。

ですから、どんな競技であってもプロ選手を目指すのであれば、上手くならない限りはその道にはたどり着くことはできないのです。

 17歳の自分とプロサッカー選手

僕がサッカーを始めたのは、17歳からでした。

プロサッカー選手になりたいと考えたときに、自分とプロサッカー選手を比較しました。

そこで、自分がやらなければならないことがハッキリとしました。

自分には、

  • 先ず何が足りないのか
  • どうならなければならないのか

それが明確であるから、「上手くなる」ことにつながるのです。

ほとんどの人はわかっていない

「上手くなりたい」と言う人はたくさんいますが、

  • 何をどう上手くなりたいか
  • どのようにすれば上手くなりたいか

がわかってないことが多々あります。

だから、本当に上手くなる人が少なく、当然、プロサッカー選手になれる人も少ないわけです。

上手くなるということはどういうことなのか、それについて明確な考え方が必要なのです。

あきらかな違い

17歳からサッカーを始めてブラジル1部リーグのプロサッカー選手になれたのは、僕とプロサッカー選手の明確な違いが、僕自身先ずハッキリとわかっていたことです。

  • プロサッカー選手になりたい
  • 上手くなりたい

と考えたときに、そこには上手くなるために必要なことがわかっていないと、正しい方向に進むことはできず、自分の能力を最大限に活かし、伸ばすことはできません。

そこで、サッカーをやったこともない自分とプロサッカー選手では、あきらかに「ボールコントロール」に違いがあります。

それこそが、上手くなるための最大のテーマです。

「ボールコントロール」ということに対して正しい考え方ができていなければ、本当に上手くなることはありません。

逆に、ボールコントロールということに正しい考え方があれば、必ず上手くなれるし、夢にもつながるのです。

ボールコントロールとは

ボールコントロールとは、その言葉通りボールをコントロールすることです。

それがない限りは、サッカーを心から楽しむことはできないでしょう。

でも、ボールをコントロールする技術が上がれば、さらにサッカーを楽しめるでしょう。

だからこそ、先ずは「ボールコントロール」です。

ボールをコントロールできる技術や能力を上げることが最も重要で、ボールコントロールについて正しい

  • 考え方
  • 感じる力
  • 正しい練習
  • トレーニング

が必要です。

ボールコントロールを上げるために

ボールコントロールの重要性を本気で考えることができれば、あらゆることを感じられるでしょう。

ボールコントロールを上げることが大前提なら、些細なボールタッチも無意識にはならないだろうし、細かなミスもほったらかしにはしないでしょう。

だからこそ、ボールコントロールについて正しく感じ、考えられねばなりません。

ボールコントロールとは試合につながる技術

ボールコントロールとは、試合につながる技術でなくてはいけません。

それは、例えばリフティングができないからと、リフティングができるようになりたいという考え方は違います。

試合で活かす技術を身につけるためにボールコントロールのトレーニングがあり、その一つにリフティングトレーニングがあるだけです。

そこのところを間違えてはいけません。

何のために、ボールを触るのか?

ボールをコントロールできる技術を身につけるためです。

もちろん、サッカー選手としての能力を上げるにはいろいろなことが必要ですが、ボール競技である限りボールコントロールは絶対であり、最初にこれがなければなりません。

決して「上手くなる」を間違えてはいけません。

「上手くなる」は、「ボールコントロール」。

先ず、これをしっかりと頭に入れておかねばならないのです。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人檜垣 裕志檜垣 裕志
1970年生まれ 石川県出身。ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム。日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、
CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

LINE公式アカウントに登録でお得な情報をGET!

友達登録はこちらから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。