閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
  4. 【サッカー】アイディア次第で現状を打破できます
  5. 【サッカー】リフティングもよいが、より効果のある方法とは【自主練】
  6. 【檜垣コーチ】利き足だけからが、本当のはじめの一歩
  7. 【サッカーの本質】日本のサッカーには相手がいない
  8. 【檜垣コーチ】利き足からボールを自分のものにする
  9. 【サッカー】頭を使ったプレーを意識させるには?
  10. 【サッカー】素早い「予測」と「判断」局面を打開するテクニック
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】利き足だけからが、本当のはじめの一歩

DVDを見られた方、このブログを読まれている方、いろいろなお考えやご意見があるかと思います。

一つ言えることは、「利き足中心」にトレーニングして、悪くなることは絶対にありません。

むしろ、「利き足中心」にトレーニングしていけば、必ず良くなります。

 

■利き足だけでプレーしてみる

例えば、普段のボールタッチ、ボールコントロール、試合、ミニゲームなどで、利き足だけでプレーしてみてください。

はじめはかなり難しいと思います。

利き足だけでプレーしようと思えば、まず、一回で利き足にボールを置けなくてはいけません。

実はこれが一番重要なのですが、利き足にボールを置ければ、敵が来たときには、どこにでもボールを運べますし、どこにでもパスを出すことができます。

常に、ファーストタッチの後、利き足の前にボールを置ければ、なんだって可能になるわけです。

でも、どんなボールもファーストタッチのトラップで、ボールを自分のものにするというのが一番難しく、だからこそ、それにつながる利き足の使い方、利き足のトレーニングが必要になるのです。

とにかく、最初は利き足だけでプレーしてみてください。

 

■はじめは「利き足だけ」の癖をつけてください。

ボールが逆足側に行ったからと逆足を使うのではなく、ボールが逆足側に行っても、あえて利き足でボールを触り、プレーしてみてください。

このように、はじめは「利き足だけ」の癖をつけてください。

そしたら、みるみるうちに利き足の感覚、技術はどんどん上がります。

要するに、利き手は常に使っていますから、どんどん感覚が良くなるわけで、利き足もそれと同じで、使えば使うほどに感覚は良くなります。

そうなると利き足でボールを触る楽しさがわかってきます。

 

■癖をつけると、前の感覚とは全く変わります

今までなら、右にボールが来たら右足、左にボールが来たら左足というように、ボールに合わせてボールを触ることだったことが、利き足という具体的な意識から、利き足のどの部分でボールタッチす、または、どの部分でボールタッチしたという利き足の細かな感覚が研ぎ澄まされてくるので、よりボールタッチが楽しくなります。

とにかく、「利き足だけ」の癖をつけると、前の感覚とは全く変わります。

「利き足だけ」の癖になるまで徹底してやってください。

その間に、どんどん感覚は良くなり、上手くなることにつながっていますから。

ですから、ある意味、「利き足だけ」の癖がついてからが、基礎を身につけるためのはじめの一歩なのです。

 

■本当に「利き足だけ」の癖がついていますか?

自然に利き足が出る、自然に利き足でボールを触る、その利き足の癖があるのとないのでは、全く違います。

利き足のトレーニングをしても、「利き足だけ」の癖がなければ、今までの適当な両足を使う癖が勝りますから、必ず行き詰まります

また、「利き足だけ」の癖がついても、ここからの正しい利き足の使い方を身につけるためのトレーニングをやらなければ、また行き詰まります。

「利き足だけ」の癖になるまでに、技術はかなり上手くなっていきますが、本当のスタートは「利き足だけ」からの「正しい利き足の使い方」を知り、「正しい利き足の使い方を身につけるためのトレーニング」を続けていくことです。

これこそが、世界のプロサッカー選手の技術につながることですから、今一度、自分の利き足と向き合ってみてください。

利き足のトレーニングはしているけど、利き手のような「利き足」の癖がついていますか?

すぐに利き足が出ますか?いつも利き足だけでボールタッチしていますか?

本当に「利き足だけ」の癖がついていますか?

「利き足だけ」の癖からの利き足のトレーニング、ドリブル、リフティングだから意味があるのです。

 

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。
現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 【新作情報】多くの選手は「やらない」のではなく、できない【センア…

  2. 上手いトラップに共通するある動きといったい何なのか?

  3. 試合で覚えるプレー、練習で覚えるプレー

  4. 【上達法】やはり、サッカーでは「トラップ」の技術が重要になります…

  5. 連携プレー、コンビネーションは選手同士が「何も言わなくても分かる…

  6. 【サッカー】相手から離れるための「バックステップ」

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. リフティングというトレーニングは、サッカーが上手くなるために不可欠なトレーニングです。サッカ…
  2. 三浦です。年明け時点の予定では、3月の3連休には大きい大会が予定されていました。U1…
  3. はじめは、「利き足だけ」というくらいの「癖」が必要です。ボールは、あっちこっちと動きますから…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。