閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  2. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
  3. 【檜垣コーチ】利き足のインステップリフティングトレーニングの効果
  4. 【サッカー】切り返さない雰囲気を作ることが切り返しのコツ
  5. ダンゴサッカーをどう扱うかはとても大切
  6. 【サッカー】自分たちのゲームを客観的に見てみよう
  7. 【檜垣コーチ】ボールの持ち方が良くなるようにトレーニング
  8. 【サッカー】個性を伸ばす指導とは…?
  9. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングで、さらなる一体感を求めて
  10. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【サッカー】セオリーとなるプレー

三浦です。

秋のこの時期になると、ジュニアユースチームのセレクションが話題になります。

対象は6年生ですが、中学生になってサッカーを続ける場を選ぶことになります。

ウチのチームにもジュニアユースチームはあるのですが、ガチガチ試合をするチームではありません。

他のジュニアユースチームへ行くほどではないし、部活動のように毎日練習したくないという選手がチームに残っています。そのような事情なのでセレクションは行っていません。

高校サッカーの強豪校を目指す選手はやはり強いジュニアユースチームでプレーしたいと考えてセレクションを受けています。

今年も多数のチームからセレクションの案内が来ました。

6年生の一部にはセレクション対策の練習をする選手もいます。

 

■セレクションでどこが見られるのか?

この時期になると、セレクションに受かるためのコツを教えて欲しいという選手が現れます。

今さら何を教えればいいのかな、と思い。「実力を出し切ること!」と答えていますが、コツではないけど、復習をしようか?という意味で練習会を行っています。

練習会では次の項目をチェックしています。

 

■個人技術の基本

ボールを止めること、蹴ること、運ぶことの基本のおさらいです。

僕がチェックするポイントは、両足のバランスです。
利き足でない方の足でどれだけ出来るか?というチェックです。

苦手だから練習をしなかったという「ツケ」がここに現れます。
例えば、4年生からの3年間に苦手なプレーを避けてきた選手は、どんなに頑張っても出来るようになるまで1年はかかるでしょう。

苦手なプレーは誰にもあることですが、苦手なプレーにチャレンジする気持ちを持っているかどうかを両足を使えるかどうかという基本的なチェックで知ることが出来ます。

また、ジュニアユースチームに入った時、サイドのポジションは利き足で決まることが多いです。
左利きは左サイドバック、左サイドハーフというポジションを争うことになります。

右利きだから左は出来ないという選手はチャンスを逃してしまいます。

苦手なプレーにチャレンジする気持ちは大事です。

 

■サッカーのセオリーとなるプレー

個人スキルの次は個人戦術です。

サッカーにはセオリーとも言えるプレーがあります。

攻撃で言えば、サポートの動き、守備で言えば、チャレンジ&カバーなどです。

サッカーならではのプレーである「ワンツー」が身についているかどうかは大きなポイントです。

自分にパスを出した味方が前方に鋭くダッシュしたとします、そのパスと動きに何を感じてプレーするか。

これはセレクションでも、見ず知らずの選手からパスをもらった時に「見られる」プレーです。

自分からワンツーの1本目を出す動きも同様です。
パスを出した足が1歩目になるような動き出しでなければ、パスの受け手は反応してくれません。

守備の場面でもこのセオリーは存在します。

相手チームがボールを持った瞬間に、誰がファーストディフェンダーになるのか、つまり誰がプレッシャーをかけるのか、アプローチをかけるのか。

その時のアクションとアピールはどうするのか?

「オッケー!」(僕が行く!)と掛け声をかけながらアピールし、鋭く寄せる。
すると、仲間のひとりは、カバーリング出来る位置に移動する。

このような連携プレーは、セレクションでその日初めて出会った選手とも行う必要があります。

むしろ、出来なければなりません。

 

■コミュニケーションの大切さ

セレクションでは、上記のような基本スキルや個人戦術以外にも見られるポイントがあります。

それは、コミュニケーションスキルです。

自分から(みずから)、仲間にコミュニケーションをとることが出来るか。

仲間が何を発信している内容を理解することが出来るか。

待ちの姿勢ではなく、自分から積極的にコミュニケーションを取ることが大事ですが、自分の思い通りにすることがコミュニケーションではありません。

チームとして最善となるプレーをする意識が必要です。

 

■ボールの先にあるもの

サッカーはボールを蹴ることが目的ではありません。

味方と一緒にボールを相手ゴール方向へ運び、ゴールにボールをシュートすることが目的です。

近くにいる味方、遠くにいる味方、相手チームの状況やスペースを見て的確な判断と的確なパスを出すことが出来ること。

これもセレクションで見られるポイントです。

ドリブルスキルでアピールする選手も見かけますが、それがチームに必要なプレーなのか判断出来ない選手もいます。

「目立つこと」がセレクションで合格するコツのような風潮がありますが、ドリブルで目立つよりもパスで目立つ選手の方が指導者としては価値を見出すのではないでしょうか。

セレクション会場で聞き耳を立てていると「あの選手は周りがよく見えている」「あのパスは周りが見えていないと出せない」「いったいいつ見ていたんだ」というような「見る(観る)」能力が評価されます。

観る力をつけるためには、観るための練習が必要です。キックひとつでも目的を意識した練習とそうでない練習ではおおきな差がつきます。

会場ではリラックスすることが大事ですし、保護者は前日からリラックス出来る雰囲気を作ることも大事です。

小学6年生で、中学受験でもないのにサッカーのセレクション受験に一喜一憂する子どもたちをたくさん見てきました。

笑顔も涙も見てきました。サッカーはそこで終わりではありません、スタートです。

通過点のひとつと捉えることも必要でしょう。

これからセレクションを受ける選手、チームを選ぶ選手はぜひ頑張って下さい!

 

三浦直弥(サッカーコーチ)

小学4年生からサッカーを始め、中学、高校、大学、社会人とサッカーを楽しみつつ、大学生の頃からコーチングの道を歩み始め、指導の楽しさも知る。

現在アラフィフのサッカーマンである。理論派でありながら熱い血潮を持つタイプ。サッカーの本質を突く指導がモットー。
現在は、東京都のある街クラブでヘッドコーチを努めている。

好きな選手は故クライフ、そして自分の姓と同じ三浦カズ!好きな指導者は、森保監督の育ての親とも言えるオフト、そしてオシム。
座右の銘は「諦めたらノーチャンス」。チーム運営や保護者対応などにも詳しく、近年はメルマガやブログへの寄稿活動も行っている。

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(株)Real Style  おすすめサッカー教材・商品

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■全国大会優勝チーム、センアーノ神戸監修
「本番に強い選手の育て方~試合で活躍できる「個」を育てるためのトレーニングメソッド~ポゼッション編 」
https://rs39.net/c/s/cfoh_1/bl/

■基礎が学べる!初心者のためのサッカー上達法~「運ぶ」と「抜く」が身に付けられるドリブル上達法~
息子がボールを持つと、友達や保護者に笑われてしまいました。
でも息子がドリブルを始めると…将来性のある選手が次々に育つ名門フットボールクラブが実践する抜けるドリブルレッスンDVDとは…?
https://rs39.net/c/s/cfnk_1/bl/

■親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方
なぜ、テクニックのないビギナーでも、この男の話を聞き流すだけでキックの威力が増し、ボールを遠くに正確に飛ばせるようになるのか?
http://rs39.net/c/s/cfsy_1/bl/

■「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
なぜ、クラブ連盟未登録の「無名の街クラブ」が、Jユースが集まる大会で、優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cfmt_1/bl/

■コーンドリ ~「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド2~
「まさか、コーンドリブルに、こんなやり方があったなんて…」
なぜ、三木コーチがしどうする選手たちは、神業のようなドリブルをマスターできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfmt_2/bl/

■重心移動アナライズ~フットボーラーが身に付けることで劇的にセンスを上げられる動作習得法~基礎を知る編
これが、ドリブルを自在に操りサッカーを始めたばかりのビギナーでも“絶対に上級者に見せる”シンプルな方法です。
http://rs39.net/c/s/cfoy_1/bl/

■重心移動アナライズ2~上手くいかない事をできるようになるための身体動作を習得する方法~
なぜ、ドリブルが苦手だった選手がネイマールやメッシのように緩急自在のドリブルでDFを切り崩せるようになったのか…?
http://rs39.net/c/s/cfoy_2/bl/

■ボトムアップ理論~選手の自立心を育てて、スキルを向上させる魔法のコーチング法~
「世界一受けたい授業」「とくダネ!」で大絶賛!
なぜ、週2回しか練習しない無名の公立高校が、全国大会で優勝できたのか?
http://rs39.net/c/s/cfhk_1/bl/

■サッカーテクニック向上メソッド
なぜ、小中高、どこのチームでも取り入れられている「両足での練習」が、選手の上達を妨げる原因なのか…?
http://rs39.net/c/s/cfhy_1/bl/

■フットボールクロニクル ~攻める意識をアップさせる!ゴールを決めるための利き足の法則~
なぜ、たった1つの原則を意識するだけで、トラップ、パス、どりぶる、シュート…、サッカーにおける、すべてのプレーを劇的にレベルアップできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfhy_2/bl/

■わんぱくドリブル軍団JSCの最強ドリブル塾~子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法~
なぜ、5ステップ・ドリブル上達法は、足が遅い子供でも、体が小さい子供でもDF突破率を高めてしまうのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_1/bl/

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブル基礎トレーニング 初級編
1,500人以上の子供たちを上達させた少年サッカー指導のプロが教える、「お父さんのための、サッカー指導法」を知りたい方はいませんか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_2/bl/

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブルトレーニング 中級編
なぜ、JSC CHIBAの新しいドリブル指導法は、相手が反応できないキレのあるフェイントや、素早い状況判断のできる選手を育て、チームの「得点力」をアップできるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_3/bl/

■育成の極意!~自立&吸収するサッカー選手が育つ本当の秘訣!~
なぜ、口うるさいだけで、チームを強くできなかったコーチが、U-18日本代表選手を輩出するほどの、強いチームを育成できるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_4/bl/

■親子で特訓!わんぱくドリブル自主練習
サッカーチームのコーチまかせで、実現できていないお子さんの活躍を、なぜ、サッカー経験ゼロのお父さんが、実現することができるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_5/bl/

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのボールコントロールを向上させる「体幹トレーニング」~プレスディフェンスに当たり負けしないための練習法~
「見ろよ、今日の相手チビばっかりだぜ…」身体の小さい選手ばかりのチームを見て、対戦相手は笑っていた。しかし、試合がはじまってみると…!
http://rs39.net/c/s/cfkw_6/bl/

■ JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~
どうして、うちのチームは、試合になったとたん、ミスが増えるんだろう…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_7/bl/

■クーバー・コーチングのMake Your Move~1対1テクニックのすべて~
30ヶ国以上で、150万人の一流指導者を育て上げた、世界最高峰の「1対1メソッド」を、遂に一般解禁!
http://rs39.net/c/s/cfcv_1/bl/

■ Improve Your Game~1対1スキルを向上させるための練習法~
なぜ、弱気なプレーで、勝負を避けていた選手が、自ら積極的に1対1を仕掛け、相手を抜けるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfcv_2/bl/

■Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論~チームで一番の『点取り屋』になるための3つの方法~
日本一腰の低いJリーガーの驚異の秘密「ほとんどの選手はシュートを打つのに精いっぱいで、ゴールを決める余裕がありません」
http://rs39.net/c/s/cfmh_1/bl/

■屋良流サッカー上達のためのコソトレ
1日たった10分の自主トレで、抜群のサッカーセンスを習得できるDVDが、今なら手に入りますが…
http://rs39.net/c/s/cfym_1/bl/

■吉田康弘の究極のパス上達理論 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~
なぜ、「2つのポイント」を教えるだけで、ディフェンスにプレッシャーをかけられても、ボールを取られなくなるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfyy_1/bl/

■サッカー&フットサルのトッププレーヤーになるための基礎トレーニング
なぜ、日本代表と身長がほとんど変わらないスペイン代表がワールドカップで優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cffa_1/bl/

その他教材はコチラ↓
https://real-style.co.jp/category/225/?bno=mm

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 【ドリブル】密集地帯が苦手な場合は●●を練習してください【上達法…

  2. ペナルティエリアでの優先順位とは…?

  3. 【サッカーの本質】“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛…

  4. 【新作情報】多くの選手は「やらない」のではなく、できない【センア…

  5. 保護中: 【購入者限定】選手の能力を引き出すための多彩なトレーニ…

  6. 「しかける」というプレーを楽しんでいる

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 三浦です。第98回高校サッカー選手権大会決勝戦は本当に感動しました。感動しやすい三浦…
  2. 三浦です。新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。もうす…
  3. こんにちは!プロサッカーコーチの檜垣です。ここまでドリブルトレーニング、リフティング…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  2. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
  3. 【檜垣コーチ】利き足のインステップリフティングトレーニングの効果
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。