閉じる
  1. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】試合になると増えるパスミスの原因とは!?
  2. 【サッカー】ゴールにつながる3つのターンシュートトレーニング
  3. 【サッカー】DFがボールを奪う時の考え方
  4. 【サッカー】パスカットを行うための考え方
  5. 【サッカー】フリーでボールをもらうコツ
  6. 【サッカー】ボランチの選手に実践してほしいトレーニング
  7. 【サッカー】プロになる人の特徴“後編”
  8. 【サッカー】プロになる人の特徴“前編”
  9. 【サッカー】PKを蹴る時のコツ
  10. 【サッカー】エラシコの3つのコツ
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】利き足リフティングの回数

「利き足のポイント」という観点から、「利き足でボールを持って取られない」という意識は、絶対に持ってほしいです。

その意識ありきで、ボールを触ること、ボールトレーニングに励むからこそ、「利き足のボールコントロールトレーニング」は大きな効果となります。

 

■利き足のインステップリフティングについて

前回、利き足のインステップリフティングの意味、効果などについてお話しさせて頂きましたが、今回はどのようにトレーニングするかをお伝えします。

リフティングについては、苦手な方も多いかもしれません。

僕自身も、ブラジルに行くまでは、リフティングも出来ませんでした。

今では、BB弾でも何でも、目に見えるものならなんだってリフティング出来ますが、リフティングが好きかと言われたら、そうでもありません(笑)

リフティングは、ボールコントロールが上手くなるためのトレーニングと考えています。

その効果は、リフティングも出来なかった僕が、ブラジル一部リーグのプロサッカー選手になれたのですから、是非その効果を感じてほしいです。

利き足のインステップリフティングですが、サッカーを始めて間もない方なら、まずは、利き足のインステップ部分を人差し指で触ってみてください。

その部分でボールを触ることを意識してください。

 

■なぜ、一部分を意識するのか?

なぜ一部分をしっかり意識するかというと、その部分でボールを触った時に、感覚が良ければ、それを続ければ良いし、もし、違えば、ボールタッチする部分を変えれば良いのです。

ボールタッチする部分を「ここら辺」という感覚の捉え方をしていると、細部までの感覚に繋がらないからです。

ちゃんと一部分をしっかり意識することで、感覚を研ぎ澄ますことに繋がります。

リフティングを始める時は、手でボールを持ってからで大丈夫です

もちろん、手を使わずに足から始めても良いですが、利き足のインステップでボールを触ることを目的とした場合、ボールコントロールがままならないのに、足でボールを上げることで、集中が分散されがちになります。

ですから、利き足のインステップリフティングが安定するまでは、手からボールを持ってスタートしても良いです。

手からスタートし、利き足のインステップ部分(人差し指で触って意識した部分)に集中し、ボールをその部分に当てることを繰り返します。

利き足、インステップのボールを当てる部分、その集中が一番重要です。

あと、もう一つのポイントとしては、利き足のインステップにボールを当てて、「真っ直ぐ上に上げる」というイメージを持つと良いです。

お子さんが小さかったり、まだリフティングが全然出来ないときには、利き足のインステップにボールを当てて、一回でボールを手でキャッチ、それが安定してきたら二回、三回と増やしてやる方法もあります。

とにかく、利き足のインステップリフティングは「千回」を目指してください。

始めは、途方もない数字に感じるかもしれませんが、僕が指導した子供達に出来なかった子はいません。

はじめは皆、リフティング回数は一桁でしたから。

「継続は力なり」まずは、利き足のインステップリフティングをコツコツと続けてやっていきましょう。

必ず出来るようになります。

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 1対1プラス1対1は行っていますか?

  2. 「見る」という意識が大切ということです。

  3. 【クラブW杯】ワールドクラスの選手から学ぶべき技術とは…?

  4. 流れの中で行うシュート練習を紹介します

  5. 連携プレー、コンビネーションは選手同士が「何も言わなくても分かる…

  6. 保護中: 【購入者限定】コーンドリのトレーニングのポイント

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 今回は、普段の練習ならパスが上手く通るのに、試合中など動いている時だとパスが上手くいかない選手が、上…
  2. 今回は前線の選手、特にFWの選手が意識して行うと、たくさん点が取れるコツをご紹介していきたいと思いま…
  3. 今回は、1対1でディフェンスがボールを奪う方法や考え方を、解説していきたいと思います。&nb…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】試合になると増えるパスミスの原因とは!?
  2. 【サッカー】ゴールにつながる3つのターンシュートトレーニング
  3. 【サッカー】DFがボールを奪う時の考え方

line

SNSでも情報配信中!

facebook

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。