閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
閉じる
閉じる
  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  4. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  5. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  7. 【千葉コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  8. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
  9. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする
  10. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

サッカーは、基礎基本を理解するから上手くなる

今回から、一つ一つサッカーの基礎基本を解説し、「サッカーが上手くなるための方法」をお伝えしていこうと思っております。

さて、僕自身、高校生から(厳密には17歳から)サッカーを始め、ブラジルのトップリーグであるブラジル選手権1部リーグ、サンパウロ州選手権1部リーグ(どちらも当時)のポルトゲーザとプロ契約を果たし、ブラジルでは、10年間サッカー生活を送ってきました。

日本国籍者としては、カズさんに次いで二人目らしいです。

実際に、こんな経歴は世界的にも稀だと思います。

普通は、プロになるような人は小さい頃からサッカーを始めたりしますが、高校生からサッカーを始め、ブラジルのトップリーグのプロサッカー選手になれるなんてあり得ないことだと思います。

実際に、僕もビックリです(笑)

ですが、プロになるためには、そこには、理由、根拠があり、そのための理論とトレーニングにより、「誰もが上手くなる方法」があります。

そのための方法論を一つ一つ説明させて頂ければと思います。

 

1.利き足のポイントって?

DVDでも、「利き足のポイント」という言葉をよく使っています

この「利き足のポイント」とは、強豪国でプレーする選手達の共通点であり、これこそが、上手くなるための基礎中の基礎です。

先ず、世界のトッププレイヤー達のファーストタッチの後のボールの置き所を観察してみてください。

彼らは、必ず利き足の前にボールを置いています。

そして、そこから次のプレーに繋がっています。

これは、「技術の軸」と言えます。

結果的に、逆足を使う、使ったという場面はありますが、プレーの技術的な根幹は、利き足が中心です。

ファーストタッチの後のボールの置き場所。

ドリブルする時。

ボールキープする時。

仕掛ける時。

世界のトッププレイヤー達を見ていれば、全てのプレーは、利き足が中心ということがハッキリとわかります。

それが意味する部分を掘り下げて、「上手くなるための方法」を、これからどんどんお伝えしていこうと思います。

関連記事

  1. シュートの何が難しいのか?

  2. 柿谷のループシュートはフォルランの影響か

  3. サッカーの連続失点の怖さ

  4. アギーレ新監督が好む実戦的な選手とは?

  5. 【初心者限定】サッカー経験の浅い子供たちが行うべき、トレーニング…

  6. 6年生の体力とテクニックのバランスについて

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…
  2. ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始め…
  3. ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリの…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。