サッカーの練習で気を付けたいこととは?

三浦直弥 練習法

三浦です。

知り合いの地域では制限が解除されて、この週末から活動再開という情報が入りました。

久々の練習でワクワクしている様子でしたが、それはコーチも選手も保護者も同じ。

やっぱり、ゲームしたいよね。

ゴールに、思い切りシュートを打ちたい。

しかし、久々の練習なので無理は禁物。

気温も高く日差しも強いので、こまめな給水は必須です。

今日は、久々の練習で気をつけたいポイントについて紹介します。

ボールに乗って転倒?

多くのチームは、土のグラウンドかと思います。

サッカーの練習では転倒はつきもので、転べば痛いですよね。

痛いだけなら擦り傷で済みますが、転び方が悪いと捻挫や骨折という最悪の事態になりかねません。

  • 走っていて転倒するパターン
  • ボールを奪い合っていてバランスを崩して転倒するパターン

いろいろな転び方があります。

一番危ないなーと思うのが、ボールに乗って転倒するパターンです。

転がってくるボールを止めようとしてボールに体重をかけて乗っちゃうと、思わぬ転び方をします。

特に、低学年に要注意。

ボールを踏みつけるようなトラップをする子がいたら、転倒の危険性があります。

高学年でも油断はできません。

ドリブルでシザースフェイントをしようとして、ボールを踏んじゃうパターンもありますからね。

ボール感覚が戻ってくるまで、ちょっと時間がかかるかも知れません。

2人1組でのキック練習やコーンドリブルで、様子を見ましょう。

意外に体が固くなっているぞ

練習開始は、ウォーミングアップから始まりますね。

私のチームでは、ブラジル体操を取り入れています。

ブラジル体操は、じっくりとストレッチをするのではなく、動きながらストレッチをするという「スタティックストレッチ」です。

選手たちのブラジル体操を見ていると、

  • 体が固い子
  • 柔らかい子

の違いがわかります。

ぜひ、久々に練習をするチームの皆さんは、ストレッチを十分に行って欲しいです。

よく動かしておいて欲しい部分は次の箇所です。

  • 股関節
  • 足首

下半身の大きな関節ですが、この関節の動かし方が重要です。

膝は前後にしか動きませんが、股関節と足首は前後左右に動きます。

もし、

  • 股関節のストレッチを開くだけ
  • 足首はアキレス腱を伸ばすだけ

ならストレッチ不足です。

股関節を中心に太ももを後ろに伸ばす動きは、サッカーでは特に重要です。

普段の生活では行わない動きです。

しかし、

  • サッカーではボールを蹴る時
  • タックルで滑る時

など、瞬間的な柔軟性が必要になります。

股関節を前後に曲げ伸ばすストレッチは、十分に行いたいですね。

次に足首です。

足首も、ぐるぐると回転するように関節が出来ています。

しかし、つま先を上げたり下げたりする動きだけでは、十分なストレッチとは言えません。

足裏の外側(アウトサイド)や内側(インサイド)を、地面につけて伸ばすというストレッチが効果的です。

足首のストレッチは、普段の生活で行うことをおすすめしています。

お風呂場や湯上がりに、片手でふくらはぎを抑え、もう片手でつま先をつかみぐるぐると大きく回します。

10回程度では少ないです。

30回ほどゆっくり回すと、膝下からつま先まで血流がよくなります。

足首の可動域が大きくなると、ボールタッチの質がよくなります。

特に、アウトサイドでのタッチです。

アウトサイドでのトラップが怖いという選手がいますが、それは足をくじきそうになるからです。

足首の柔軟性は、アウトサイドの使い方に現れます。

毎日の足首のメンテナンスで、

  • アウトサイドトラップ
  • アウトサイドキック

に自信をつけてください。

夢中になりすぎない

ひさびさのゲームに夢中になるのはしょうがありませんが、ゲーム時間は短時間にしたいです。

体力が落ちているので、脱水症状に気づかないこともあります。

また、気をつけたいことは、集中力が落ちてくるということです。

ゲームで疲労しているはずなのにテンションが高くなっていて、視野が狭くなったり集中力、判断力が低くなっている可能性があります。

集中力が落ちてくると、頭に向かって飛んでくるボールに気づかなかったりすることもあります。

目の前に人がいるのに、思い切りボールを蹴ってしまうこともあります。

最初は5分程度から始めて、5分休憩してまた5分ゲームする。

呼吸が落ち着けば、頭もクリアになります。

ひさびさのサッカー。

安全に楽しみたいものです。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人三浦直弥三浦直弥
小学4年生からサッカーを始め、中学、高校、大学、社会人とサッカーを楽しみつつ、大学生の頃からコーチングの道を歩み始め、指導の楽しさも知る。現在アラフィフのサッカーマンである。理論派でありながら熱い血潮を持つタイプ。サッカーの本質を突く指導がモットー。現在は、東京都のある街クラブでヘッドコーチを努めている。
好きな選手は故クライフ、そして自分の姓と同じ三浦カズ!好きな指導者は、森保監督の育ての親とも言えるオフト、そしてオシム。座右の銘は「諦めたらノーチャンス」。チーム運営や保護者対応などにも詳しく、近年はメルマガやブログへの寄稿活動も行っている。

LINE公式アカウントに登録でお得な情報をGET!

友達登録はこちらから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。