【周りと差をつける】初心者でも簡単にできる3つのボールタッチとは?

玉城翔 練習法

サッカーは、主に足でするスポーツです。

サッカーが上手くなりたいなら、手と同じように足を使えるようにならなければなりません。

そのために必要なトレーニングは、「ボールタッチ」です。

ボールタッチは、地味で成果が出にくいトレーニングですが、実はサッカーをする上で一番大切な技術です。

お箸を持つのも、はじめはできなかったと思います。

これと同じように、サッカーを始めたての頃は思うようにプレーできません。

ですが、ボールタッチの練習を継続していけば、自分が思うようなプレーが徐々にできるようになります。

メッシやネイマールのようなドリブルができたり、綺麗なシュートが打てるようにもなります。

周りとの差をつけるためにも、初心者でも簡単にできる3つのボールタッチを紹介していきます。

この記事を読んだら、すぐにシューズを履いてボールを持って公園でトレーニングしてくださいね。

ボールタッチをする時に意識する事

ボールタッチをする時に意識することは、

  1. 姿勢よくする
  2. 体重をかけずにする
  3. リズミカルにする

この3つを意識して、ボールタッチをしていきましょう。

特に、姿勢を意識して練習してみてください。

なぜかと言うと、姿勢を良くする事で視野が広くなるからです。

ボールタッチが上手くても、周りが見えないと意味がありません。

やるべきボールタッチ①:足裏タッチ

トレーニング方法:足裏でボールをタッチする(交互、片足で連続、右2左2など工夫しながら行う)

  • その場
  • 前に進みながら
  • 後ろに進みながら

コツ:足先でちょんちょんタッチするイメージでする、足の指でするとしやすい

効果:とっさの判断の時に正確にプレーする事ができる、狭いスペースでのプレーが上手くなる

やるべきボールタッチ②:インサイドタッチ

トレーニング方法:左右のインサイドでタッチする

  • その場
  • 前に進みながら
  • 後ろに進みながら

コツ:振り子のような「ポーン、ポーン」とするのではなく、上からボールを切るようにできるだけタッチする。(高速で足踏みをするイメージ)

効果:狭いスペースで相手をかわす技術が身につく。イニエスタのような滑らかな交わし方もできるようになる。

やるべきボールタッチ③:インサイド&アウトサイド

トレーニング方法:インサイドとアウトサイドで交互にタッチする(1タッチや2タッチで行う)

  • ジグザグドリブル
  • フリードリブル

コツ:「トン・トン・トン・トン」とリズミカルに行う。はじめはゆっくり、徐々にスピードを上げていく。

効果:狭いスペースで相手をかわす技術が身につく。相手との一対一で使える。

応用:インアウトにシザースやキックフェイントを加えて、一対一も強くなれる。

まとめ

今回紹介してトレーニングを振り返っておくと、

  1. 足裏タッチ
  2. インサイドタッチ
  3. インサイド&アウトサイド

言葉での説明だけだとイメージをしにくい方は、YouTubeで検索して動画で確認してください。

今回紹介したのは、初心者でも簡単にできるトレーニングですが、初心者だけにおすすめしているトレーニングではありません。

サッカー歴2年でも10年でも、誰にでもやって欲しいトレーニングです。

サッカーが上手くなりたいなら、ボールタッチが必須です。

練習前や練習後の自主練に、ぜひ取り入れてみてください。

研ぎ澄まされたボール感覚を見につけるために、日々コツコツボールをタッチしていきましょう。

今日の10分が今後のサッカー人生を変えると思って、できる時にコツコツ積み上げていきましょう。

やればやるだけサッカーが上手くなり、楽しいサッカー人生を送れるようになります。

広いスペースがなくても、近くの公園でもできます。

この記事を読み終わったり、シューズを履いてボールを持って近くの公園にいきましょう。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人玉城 翔玉城 翔
サッカー歴は10年以上にもなり、県選抜候補に選ばれたことも。自身経験を活かし、地元の小学生に指導した経験も持っている