キック力をアップさせる試合前日のシュート練習

シュート 練習法

今回は、「キック力をアップさせる試合前日のシュート練習」についてご紹介します。

  • 試合前や前日は良いキックが蹴れるのに、試合になると全然蹴れない…

このような経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

試合で蹴れない理由

試合中に蹴れなくなってしまうのは、キック力が弱くなっています。

その原因の1つが、最後のワンステップです。

練習だと、良いワンステップからのシュートができると思いますが、試合中では、パスやシュートをするので、ワンステップが乱れてしまいます。

ですので、良い状態でないままキックしてしまい、弱いキックになってしまうのです。

キック力をアップさせる練習

➀前日にワンステップキックを行う

試合の前日に、ワンステップのシュート練習を取り入れてみましょう。

試合前にワンステップが上手くできたら、試合中にしっかりボールにミートでき、威力の強いキックが蹴れます。

人や壁に向かって、ワンステップからのシュートをおこないましょう。

これを繰り返し行います。

②前日に目を閉じてワンステップキックを行う

ワンステップに全神経集中させるため、目を閉じてワンステップシュートを行いましょう。

全神経を集中させてワンステップシュートをすることで、試合中スムーズにボールを蹴ることが出来ます。

練習では、ボールを置いて蹴っている事が多いですが、その練習だけではなく、ワンステップキックも行うようにしてください。

壁やゴールなら、思いっきり打ちましょう。

③前日に2軸キックを行う

➀と②のワンステップシュートは、ミート力を高める練習です.

2軸キックは、純粋にキック力を高める練習です。

2軸キックは、蹴り足に体重を乗せてキックをするので、バランスを崩しやすいです。

試合中だと、恐怖が出るキックですよね?

ですが、試合前に怖さを体に慣らしておくことで、試合でも強いキックが蹴ることが出来ます。

この、2軸キックの練習もワンステップを意識しながら行いましょう。

まとめ

今回は「キック力をアップさせる試合前日のシュート練習」についてご紹介しました。

  • 前日にワンステップキックを行う
  • 前日に目を閉じてワンステップキックを行う
  • 前日に2軸キックを行う

試合前日の練習では、これらのような練習を取り入れてみましょう。

今まで、試合中にキック力が弱くなってしまって困っているのなら、きっと効果がでると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

この記事を書いた人上達編集部サッカー上達編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。