練習中に「これ」をしたら上達しない!

メンタル 練習法

今回は、「練習中にしてはいけないこと」をご紹介します。

サッカーが上達しない原因は、コーチの責任でもあります。

しかし、実際にプレーをしているのは、あなた自身です。

ですので、

  • あなたがどんな練習をするのか?
  • 練習に対する姿勢はどうか?

という部分が、上達するかしないかを分ける大きな要因になります。

そこで、今回は「練習中にしてはいけないこと」についてご紹介します。

この記事を読むことで、上達するキッカケをつかめると思います。

①何も考えないで練習をする

あなたは、何も考えずになんとなく練習をしていませんか?

そんなことをしていると、確実に上達はしません。

例えば、四角形パスの練習をしている時は、

  • パスの質を高めたいから、ゴロのパスを出そう…
  • 速いパスを出してみよう…

など考えることはたくさんあると思います。

何も考えずに作業のように練習してしまうと、上達するわけがありません。

では、何を考えればいいのか?

練習の意図を考えてみると、「何を考えるべきか」ということがわかると思います。

例えば、先ほどの四角形パスは、パスの練習と取れます。

鳥かごであれば、ボール保持の練習だと取れます。

この感じ取ったことを、意識して練習を行いましょう。

練習の中で、何を意識しないといけないのかを考えてください。

②できない言い訳を探しながら練習する

これは、小学生の高学年や中学生にとても多いです。

  • 練習が難しいからできない…
  • あいつと同じチームだから失敗する・負ける…
  • 周りがサポートしてくれないからできない…

というふうに、ミスをしてしまった際に考えてしまいます。

自分のプレーが思うようにいかない時に自分ではなく、何か他の原因を探しながら練習をしています。

このように考えている方は、上達しません。

チームや自分がミスをしてしまった場合、上手くいく方法を考えることが大切です。

ミスの原因を自分に当てはめて、

  • どうしたら改善できるのか
  • どうすれば上手くいくのか

を考えましょう。

ミスの原因を他に探しながら練習をしていると、自分が上達することはありません。

ミスをして、自分で改善していくから上達するのです。

③勝てる相手を見つけて練習する

1対1や2対2で誰かと組んで練習をする際、「こいつなら勝てる」と思った相手と組んで練習をしていませんか?

勝てる相手と練習をしても上達はしません。

ですので、勝てるかどうか分からない相手と組むようにしましょう。

ゲームで例えると、自分がレベル50で相手がレベル3だとすれば、経験値がほとんどもらえませんよね?

それと同じです。

もちろん負けることは、気持ちいいことではありません。

嫌な気持ちになることもあると思います。

ですが、自分が上達したいのなら、できるだけ、自分と同じレベルの相手とやるべきです。

まとめ

今回は、「練習中にしてはいけないこと」についてご紹介しました。

  • 何も考えないで練習をする
  • できない言い訳を探しながら練習する
  • 勝てる相手を見つけて練習する

これらのことを意識して練習を行うことで、サッカーは上達すると思います。

この記事を書いた人上達編集部サッカー上達編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。