【檜垣コーチ】利き足のインステップリフティングトレーニングの効果

スキルアップ トラップ 練習法

こんにちは!

プロサッカーコーチの檜垣です。

ここまでドリブルトレーニング、リフティングトレーニングについていろいろと書いてきましたが、なぜリフティングトレーニングが必要なのか、また、リフティングトレーニングの効果について改めてお話しさせて頂きます。

 

■リフティングはサッカー上達に必要ない?

世間一般では、リフティングは必要ないと言う人もいますが、それについては、その意味や効果がわかっていないからです。

そこには、ただリフティングの数だけを求めたり、スキルアップには繋がらないようなリフティングをしているからです。

何事も正しいやり方、間違ったやり方があります。

リフティングも、ただやれば良いわけではありません。

最初に始めるリフティングトレーニングも、両足ではなく、利き足からやるのも世界のトッププレーヤーたちを始め、強豪国の優秀な選手たちによる共通の「利き足のポイントの技術」につなげるためです。

 

■妥協して技術を手に入れてはいけない

例えば、利き足のインステップだけでリフティングをしたとします

そこで、ボールタッチミスをして簡単にボールを落としてしまうのは、あきらかにボールコントロールミスです。

また、ボールタッチミスをして逆足を使ってしまうのもボールコントロールミスであり、そのようなミスに対して、細かく気をつけなくてはいけません。

「利き足のインステップでリフティングをする」というトレーニングについては、極端なことを言えば、利き足のインステップでのボールタッチ以外はミスと考えねばなりません。

これくらいでもいいと思うようなボールコントロールは、結果的に妥協の技術になります。

だからこそ、利き足のインステップリフティングトレーニングは、妥協なく千回以上を目指してほしいです。

 

■身体の使い方の間違いは軸のブレに繋がる

その中で腿(もも)を使ってしまう部分には、ある程度良しとします。

例えば、逆足が出てしまうことはあきらかなボールタッチミス、身体の使い方の間違い、軸のブレにもつながりますが、腿の場合は、利き足のインステップからまっすぐにつながっているのが腿でもあり、そのボールタッチに関しては後々の技術トレーニングにも活かされるので良しとしています。

ただし、インステップより腿が得意となる感覚はまた違うので、注意深く観察し、利き足のインステップ中心でやらなくてはいけません。

また、幼児や低学年の子たちは、利き足のインステップにボールが当たらずに脛(すね)に当たることがありますが、これも利き足のインステップからまっすぐにつながっていますから大丈夫です(いずれ身体が上手くコントロールできるようになるので自然にインステップに当たるようになります)

 

■リフティングで得られる本当の効果とは?

利き足のインステップリフティングが千回を超えたことによって、満足感に陥ってしまい、リフティングトレーニングを怠ってはいけません。

すぐに、次のステップのリフティングトレーニングに入らなくては、利き足のインステップリフティング千回という技術は落ちます。

そうなると、また利き足のインステップリフティング千回はやらなくてはいけません。

利き足のインステップリフティングは、その場ですぐにできるくらいのボールコントロール技術は絶対に必要です。

それができないようでは、結局は次のレベルのトレーニングでは確実に苦労しますし、クリアすることはできません。

 

■インステップリフティングの必要性

利き足のインステップリフティング千回を終えたら、次は各部10回ずつを10セットが目標です。

(インステップ、腿、アウト、イン、胸、頭の各部10回ずつを10セット)

これをやるときに、利き足のインステップリフティングが不安定な選手は、クリアできないです。

各部を使ってリフティングした時に、身体が開かずにボールタッチするには利き足のインステップが一番重要だからです。

利き足のインステップが安定しているから、ボールを落としそうになったときやバランスを崩しそうになったときに、利き足のインステップにボールを戻してボールを持ち直すことができるのです。

これは、ボールを取られそうになったときのボールの持ち直し、ボールの置き場所にもつながります。

ですから、安定した利き足のインステップリフティング千回は絶対に必要なのです。

 

このように改めて利き足のインステップリフティングについて書きましたが、こんなのわかってるよとか、簡単にできるからと思っている人ほど、本当に気をつけてください。

ボールを触るときに「慣れ」があった瞬間に成長は止まり、退化が始まることを知らねばなりません。

何気ないほんのワンタッチでさえ気をつけられる人だけが、上手くなり続けられる人なのですから。

 

 

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。
現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

急に伸びる子が続出している理由はコレでした!LINEで友達になって、ビギナーでも上級者の動きに代わる、サッカー上達DVDを半額で学べる方法はこちら

サッカー上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、サッカー上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…すべてのサッカー・フットボールDVD教材の中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!