これを知らなきゃ始まらないサッカーの4つのポジション“GK編”

ポジション フットボールの勉強

今回は、初心に戻ってみたいと思います。

そこで、トレーニング記事ではなく、サッカーのポジションについてお話していきたいと思います。

 

サッカーのポジションは細かく見ていくと、同じポジションでも国によって呼び方が違うことがあります。

そのため、すごくたくさんのポジションがあるように感じてしまいます。

 

それらを1つ1つ追いかけて考えてしまうと、訳が分からなくなりこんがらがってしまいます。

なので、まずは、GKDFMFFW4つの基本的なポジションをチェックしましょう。

 

 

4つのポジション

サッカーには大きく分けて4つのポジションがあります。

 

GK(ゴールキーパー)

DF(ディフェンダー)

MF(ミッドフィルダー)

FW(フォワード)

 

しかし、この4つのポジションの特徴を、誤解している人は意外と多くいます。

ザックリにはなりますが、それぞれの特徴をしっかりと抑えましょう。

 

 

GK(ゴールキーパー)

守護神“と言われるように、ゴールを守る最後の砦となるプレーヤーです。

 

ペナルティーエリア内限定にはなりますが、チームの中で一人だけ手を使えるポジションです。

※ちなみに、GK以外のDF・MF・FWの選手をまとめて、FP(フィールドプレーヤー)と呼ぶ場合もあるので、覚えておくといいと思います。

 

一般的なイメージとして、GKは守備の選手と思われがちです。しかし、GKは守備だけをしている選手ではないんです。

ここが、サッカーに慣れていない方が見落としがちなところで、誤解されがちなところです。

 

サッカーは前に進むスポーツで、最終目的地の相手ゴールを目指していくスポーツです。この、最終目的地から一番遠いところにGKがいます。

 

なので、自陣の深いところから攻撃していく場合は、GKは攻撃の最初の部分を担当します。そのため、GKもちゃんと攻撃に参加しているんです。この意識を持っておくことが非常に大事だと思います。

 

逆に、相手チームも前に進んで攻撃してきますから、目指すのはGKが守っている自分たちのゴールですよね。そういった意味では、攻撃とは全く逆になり、守備では最後の部分を担当しています。

 

チームとして守っていくわけなので、失点したからといってGKが悪かったやGKだけが悪いというわけではありません。

 

最後のところをGKが担当しているだけで、チームとして失点しているというイメージを持つといいと思います。

この部分も、誤解されやすいので抑えておいてください。

 

 

 

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。