閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】PKを蹴る時のコツ
  2. 【サッカー】エラシコの3つのコツ
  3. 【サッカー】シュート練習する時に意識するポイント3つ
  4. 【サッカー】シュート精度を高める2つの練習方法
  5. 【サッカー】サッカーエリートの子育て方法と指導方法
  6. 【サッカー】知らなきゃ損する⁉サッカー豆知識
  7. 【サッカー】試合で使える浮き球テクニック
  8. 【サッカー】ロングキックの蹴り方と3つのコツ
  9. 【サッカー】トラップだけでなく、パス練習にもなる楽しいトラップゲーム
  10. 【サッカー】誰でもできるボレーシュートのコツ
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【サッカー】頭を使ったプレーを意識させるには?

<今週のオススメDVD教材>
育成の極意!~自立&吸収するサッカー選手が育つ本当の秘訣!~
なぜ、口うるさいだけで、チームを強くできなかったコーチが、U-18日本代表選手を輩出するほどの、強いチームを育成できるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_4/bl/
—————————————————————————————————
三浦です。

新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした学校の休業により、全国各地のスポーツ少年団、サッカークラブのほとんどがしばらくの間、活動を自粛しています。

一日も早く事態が収束して新年度の活動計画がはっきりすることを願っています。

体を動かすことやサッカーの自主練習が規制されているわけではないので、三浦には自主練習メニューの問い合わせも来ています。

そのひとつを紹介します。

 

■頭を使ったプレーを意識させるには?

まずは、お預かりした質問からご覧ください。

はじめまして。来年度から5年生になる息子を持つ父親です。

息子は地区のトレセンに選ばれて頑張っています。チーム練習だけでなくスクール(週に1回)にも通っています。

先日、Jリーグのジュニアチームと交流試合を行いました。

チームではセンターバックです。

学ぶことは多く、父親として次の点が課題だと思いました。

・頭を使ったプレー
・センターバックなのだからもっと指示の声を出すこと
・主導権を握れずボールをおってるだけ
・予測出来ないから、無駄な動きが多く、体力をつかってしまう

上級生として「頭を使ったサッカー」や「声を出すこと」はどのようなことを意識すればよいのでしょうか。

このお父さんはコーチをされていない方なのですが、チームやお子さんについて、コーチ的な目線を持っていると感じました。

 

■足もとの技術と顔を上げること

「頭を使ってプレーしよう」という言葉は、少年サッカーではよく使われる言葉ですが、具体的にどういうプレーを指すのでしょうか。

状況を見て的確な判断が出来ること。頭を使うというよりは判断力を高めるプレーを目指すことになりますが、やはり「見る」ことが基本になります。

つまり、頭を使ったプレーをするためには「周りを見られるようになる」必要があります。見られない選手の多くは頭が下がっています。

顔を上げること、ルックアップをするためには、顔を上げる習慣だけでなく足もとでのボールコントロールを磨く必要があります。

ポイントは、足もとの技術が高くなってから顔を上げるように意識するのではなく、同時に行うことです。

 

■ストロングポイントとウイークポイント

顔を上げる、目に入った情報から瞬時に判断してプレーするということでよい選手に近づくことが出来ますが、さらに必要なことがあります。

それは戦略的な視野を持つということです。難しい言葉に聞こえますが、相手の嫌なところを突くこと、自分の得意なところを出していくことです。

相手チームに非の打ち所がないとしても、どこかウイークポイントはあるはずです。

また、自分のチームのストロングポイントをどこかで発揮出来るはずです。

それを探そうとする気持ちや意識が「頭を使ったプレー」につながっていきます。

スペースに長いボールを出す攻撃が得意だとか、混戦でもドリブル突破出来る選手がいるとか、ストロングポイントを意識できるようになることが基本です。

次に相手のウイークポイントを見つけることです。

例えば、攻撃から守備に切り替わる時の戻りが遅い選手がいるとか、カバーリングの意識が薄いとか、ウイークポイントはあるはずです。

ウイークポイントを見つけようと意識することも頭を使ったプレーにつながります。

 

■相手の背中やボールを追うプレー

判断ミスが原因で無駄な動きが生まれ、積み重なって体力を消耗するということはあるでしょう。

お父さんの目には、相手の背中ばかりを追うプレー、相手のパスを追うプレーばかりが映るのでしょう。

ボールを奪おうという気持ちはわかりますが、味方と一緒に相手のボールを奪うという「戦略的な考え方」が必要です。

ワンサイドカットなど、グループでの守備をトレーニングしていれば試合で活かせるようになるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

■時には無駄に見える走りも必要

しかし、サッカーには無駄に見える動きも必要です。

サイド攻撃でタッチライン沿いを走るサイドハーフは、必ずボールを貰えると思って走るのですが、3回走ってボールを貰えないと言って4回目にチャレンジしなければチャンスは生まれません。

確実性を求めることがサッカーではなく、不確実なサッカーだからこそ少ないチャンスをモノにしていくための意識も必要です。

優れた選手は戦略的な「無駄走り」をします。

無駄に見える走りでも相手はマークしようと動きます。相手が動けばスペースが生まれます。

相手を動かすという「体と頭を使う」ことで試合を有利に進めることが出来ます。

ぜひ、広く、狭く、いろんな角度で「頭を使う」ことにチャレンジしてください。

 

■声というコミュニケーションスキルを使う

声がけは、キックやドリブルと並ぶサッカーに不可欠のスキルです。

パスの成功、守備の成功は声がけ無しには成り立ちません。

私の経験ですが、パスがつながらないチームの指導で1,2ヶ月間徹底して声を掛け合うということを意識しました。

声をかけることでプレーが成功すると、自信を持って声を出せるようになります。

センターバックというポジションは人を動かすポジションです。

自信を持って声をかけることが出来るようになるためには、声がけのミスを恐れずに、声を出すこと。これに尽きます。

スキルは失敗を重ねて見に着くものです。声がけもミスを恐れずチャレンジしましょう。

私のアドバイスが役に立てばありがたいです。頑張りましょう!

 

三浦直弥(サッカーコーチ)

小学4年生からサッカーを始め、中学、高校、大学、社会人とサッカーを楽しみつつ、大学生の頃からコーチングの道を歩み始め、指導の楽しさも知る。

現在アラフィフのサッカーマンである。理論派でありながら熱い血潮を持つタイプ。サッカーの本質を突く指導がモットー。
現在は、東京都のある街クラブでヘッドコーチを努めている。

好きな選手は故クライフ、そして自分の姓と同じ三浦カズ!好きな指導者は、森保監督の育ての親とも言えるオフト、そしてオシム。
座右の銘は「諦めたらノーチャンス」。チーム運営や保護者対応などにも詳しく、近年はメルマガやブログへの寄稿活動も行っている。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(株)Real Style  おすすめサッカー教材・商品

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サッカー日本代表 長友選手の専属トレーナーが教える「上手くなるための必須スキル」がコレ↓
重心移動アナライズ~フットボーラーが身に付けることで劇的にセンスを上げられる動作習得法~基礎を知る編

これが、ドリブルを自在に操りサッカーを始めたばかりのビギナーでも“絶対に上級者に見せる”シンプルな方法です。
http://rs39.net/c/s/cfoy_1/bl/

重心移動アナライズ2~上手くいかない事をできるようになるための身体動作を習得する方法~
なぜ、ドリブルが苦手だった選手がネイマールやメッシのように緩急自在のドリブルでDFを切り崩せるようになったのか…?
http://rs39.net/c/s/cfoy_2/bl/

「ボールが上手く蹴れない」と感じたら見るべき教材がコレ↓

親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方
なぜ、テクニックのないビギナーでも、この男の話を聞き流すだけでキックの威力が増し、ボールを遠くに正確に飛ばせるようになるのか?
http://rs39.net/c/s/cfsy_1/bl/

■思い通りのところに思い通りのボールを蹴れる!
 キックの新常識とは?
http://rs39.net/c/s/cfsy_2/bl/

ドリブル上達の悩みを解決できるノウハウがコレ↓
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
なぜ、クラブ連盟未登録の「無名の街クラブ」が、Jユースが集まる大会で、優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cfmt_1/bl/

コーンドリ ~「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド2~
「まさか、コーンドリブルに、こんなやり方があったなんて…」
なぜ、三木コーチがしどうする選手たちは、神業のようなドリブルをマスターできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfmt_2/bl/

初心者指導の決定版がコレ↓
基礎が学べる!初心者のためのサッカー上達法~「運ぶ」と「抜く」が身に付けられるドリブル上達法~
息子がボールを持つと、友達や保護者に笑われてしまいました。
でも息子がドリブルを始めると…将来性のある選手が次々に育つ名門フットボールクラブが実践する抜けるドリブルレッスンDVDとは…?
https://rs39.net/c/s/cfnk_1/bl/

大人気シリーズ!わんぱくドリブルDVDのラインナップはコチラ↓
わんぱくドリブル軍団JSCの最強ドリブル塾~子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法~
なぜ、5ステップ・ドリブル上達法は、足が遅い子供でも、体が小さい子供でもDF突破率を高めてしまうのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_1/bl/

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブル基礎トレーニング 初級編
1,500人以上の子供たちを上達させた少年サッカー指導のプロが教える、「お父さんのための、サッカー指導法」を知りたい方はいませんか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_2/bl/

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブルトレーニング 中級編
なぜ、JSC CHIBAの新しいドリブル指導法は、相手が反応できないキレのあるフェイントや、素早い状況判断のできる選手を育て、チームの「得点力」をアップできるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_3/bl/

育成の極意!~自立&吸収するサッカー選手が育つ本当の秘訣!~
なぜ、口うるさいだけで、チームを強くできなかったコーチが、U-18日本代表選手を輩出するほどの、強いチームを育成できるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_4/bl/

親子で特訓!わんぱくドリブル自主練習
サッカーチームのコーチまかせで、実現できていないお子さんの活躍を、なぜ、サッカー経験ゼロのお父さんが、実現することができるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_5/bl/

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのボールコントロールを向上させる「体幹トレーニング」~プレスディフェンスに当たり負けしないための練習法~
「見ろよ、今日の相手チビばっかりだぜ…」身体の小さい選手ばかりのチームを見て、対戦相手は笑っていた。しかし、試合がはじまってみると…!
http://rs39.net/c/s/cfkw_6/bl/

JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~
どうして、うちのチームは、試合になったとたん、ミスが増えるんだろう…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_7/bl/

選手の自主性でサッカーを上手くさせる指導法↓
ボトムアップ理論~選手の自立心を育てて、スキルを向上させる魔法のコーチング法~
「世界一受けたい授業」「とくダネ!」で大絶賛!
なぜ、週2回しか練習しない無名の公立高校が、全国大会で優勝できたのか?
http://rs39.net/c/s/cfhk_1/bl/

ボールコントロールを劇的に上達させる「利き足理論」がコチラ↓
サッカーテクニック向上メソッド
なぜ、小中高、どこのチームでも取り入れられている「両足での練習」が、選手の上達を妨げる原因なのか…?
http://rs39.net/c/s/cfhy_1/bl/

フットボールクロニクル ~攻める意識をアップさせる!ゴールを決めるための利き足の法則~
なぜ、たった1つの原則を意識するだけで、トラップ、パス、どりぶる、シュート…、サッカーにおける、すべてのプレーを劇的にレベルアップできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfhy_2/bl/

世界中にスクールがある上達法がコチラ↓
クーバー・コーチングのMake Your Move~1対1テクニックのすべて~
30ヶ国以上で、150万人の一流指導者を育て上げた、世界最高峰の「1対1メソッド」を、遂に一般解禁!
http://rs39.net/c/s/cfcv_1/bl/

Improve Your Game~1対1スキルを向上させるための練習法~
なぜ、弱気なプレーで、勝負を避けていた選手が、自ら積極的に1対1を仕掛け、相手を抜けるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfcv_2/bl/

世界中にスクールがある上達法がコチラ↓
Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論~チームで一番の『点取り屋』になるための3つの方法~
日本一腰の低いJリーガーの驚異の秘密「ほとんどの選手はシュートを打つのに精いっぱいで、ゴールを決める余裕がありません」
http://rs39.net/c/s/cfmh_1/bl/

 

その他教材はコチラ↓
https://real-style.co.jp/category/225/?bno=blog

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. サッカーは、基礎基本を理解するから上手くなる

  2. 【新作情報】多くの選手は「やらない」のではなく、できない【センア…

  3. サッカーの技術とは?基礎基本技術とは?

  4. 【初心者コーチ】サッカー素人の親にできるサポート法とは…?

  5. 【センアーノ神戸】指導者が行動を起こさなければ変化は生まれません…

  6. 【檜垣コーチ】ドリブルの練習方法①

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 今回は、PKの蹴り方をお話していきたいと思います。PKのスタートPKのス…
  2. 今回は、エラシコのやり方を解説していきたいと思います。エラシコは、人それぞれやり方や特徴があ…
  3. 今回は、シュート練習をするときに意識してほしいポイントを3つ伝えさせていただきます。前回の記…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】PKを蹴る時のコツ
  2. 【サッカー】エラシコの3つのコツ
  3. 【サッカー】シュート練習する時に意識するポイント3つ

line

SNSでも情報配信中!

facebook

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。