【サッカー】ウォーミングアップで上達する!ボールタッチの仕方

スキルアップ トラップ 練習法 トレーニング

今回は「ボールタッチのコツ」についてお話します

みなさんは、試合前や練習前のウォーミングアップでのボールタッチ練習を適当に行っていませんか?

ボールタッチの練習は、ボールをコントロールする能力が身に付きます。なので、ボールをコントロールすることができれば、試合でも活躍することができます。

ボールタッチの練習は子供だけでなく、プロでも大切な練習としてウォーミングアップに取り入れています。

そこで今回は、ボールタッチのコツを4つ紹介します。

相手が投げてくれたボールを

①インサイドで返す

②インステップで返す

③モモでトラップして返す

④胸トラップして返す

この4つのボールタッチが正確にできるようになることでプレーの幅が格段に広がると思います。

インサイド

ポイントは、しっかり相手の胸に返すことミートさせて鋭い強いボールを相手にパスすることです。

フワッとパスをしてしまうと、敵にボールを取られてしまうので気をつけましょう。

浮いたボールをしっかり返すのは、試合中にゴロがきたボールよりも難しいです。

なので、しっかり浮いたボールをミートさせてパスができるようになればプレー幅も広がります。

インステップ

先ほどのインサイドと同じです。

しっかりボールの中心を捉えてミートさせ、相手の胸に強いパスを返すようにしましょう。

ミートさせたら、無回転に近くなります。

ボールがバック回転になっていると、ミートができていない証拠です。無回転か縦回転にできるように練習しましょう。

モモでトラップ

モモのトラップは、足元に落とすことを意識しましょう。トラップなので、ボールを落ち着かせないといけません。

しかし、モモでボールを上にあげてしまう人がいます。本当は、チョンと触ってボールを落とのが基本です。

モモトラップする時は、できるだけ早く下に落とすようにしましょう。

胸トラップ

モモトラップと同じで、下に落とすイメージです。胸に当てるが、しっかり下に落とすことをイメージしましょう。

胸トラップでボールを取られてしまう人は、胸を突き上げてボールを上げてしまいます。そのボールが上がっている間に、相手に取られてしまいます。

ボールを吸収して、早めに下に落とすようにしましょう。

胸トラップは胸の中心を当てると痛いので、筋肉がある場所でトラップするようにします。

胸トラップ、モモトラップをした後もしっかり、インサイド、インステップのように、相手の胸に強いボールで返すようにしましょう。

今回ご紹介した「ボールタッチのコツ」はいかがでしたか?

ウォーミングアップで今回紹介したコツを意識することで、ボールのコントロールができるようになります。

格段にプレーの幅が広がり、試合中活躍できるようになるので、ぜひ実践してみてください。