パスコースがない時でも焦らずにプレーする方法とは?

スキルアップ パス

  • 「パスコースがなくて焦ってミスをしてしまう」
  • 「ボールを受けるとすぐに相手に囲まれる」
  • 「パスを受けた時にパスコースがなくても、焦らずにプレーできる方法を知りたい!」

こんな悩みに答えます。

「相手がボールを奪いにきても、冷静にプレーできるようになればな、」と思っているのではないでしょうか。

実は意外と簡単に「パスコースがなくて焦ってしまう」プレーを改善できます。

実際に、上手い選手のプレーを見れば簡単にわかるのですが、難しいことは一つもしていません。

状況にあったやるべきことを的確に行うだけで、相手からのプレッシャーを感じなくなります。

本記事を参考にすることで、冷静沈着にプレーできるような選手に変われます。

焦らずにプレーするためにやるべき3つのこと

  1. 受ける前にパスコースを確認しておく
  2. 味方を生かしたプレーをする
  3. ボールを受ける前から複数の選択肢を持っておく

この3つのことを意識してプレーすると、周りの状況をしっかり把握できるようになり、焦らずに冷静にプレーできるようになります。

それでは、一つずつ解説していきます。

受ける前にパスコースを確認しておく

前提として、サッカーでは5つのことを見ておかなければなりません。

  1. ボール
  2. ゴール
  3. 味方
  4. 相手
  5. スペース

試合中に、この5つを常に見るクセを身につけておきましょう。

そうすることで、ボールを受けてから次のパスコースに困らなくなります。

パスを受けて焦ってしまうのは、周りの状況を確認できていないからです。

しっかりと周りの状況を確認できるようになれば、相手が奪いにきても焦ることなくプレーできるようになります。

味方を生かしたプレーをする

「ボールを受けて相手がいてパスを出したいけど、味方もマークされている」

このような状況でも、相手にボールを奪われない方法があります。

「ワンツー」をすることです。

やり方は簡単で、

  •  味方にパスをする
  • スペースに動き出す
  • ダイレクトで落としてもらう

たったこれだけで、パスコースがない状況を打開できます。

この時に気をつけたいことは、マークされている味方にパスを出すときに、相手から遠い方の足に出すことです。

そうすることで、相手に奪われるリスクを小さくできます。

このようにパスコースがないと思っていても、工夫次第で打開することができます。

ボールを受ける前から複数の選択肢を持っておく

パスコースがなくて焦ってしまう原因に、複数の選択肢を持っていないこともあります。

選択肢が一つしかないと、そこを潰されてしまったら焦ってしまいます。

ですが、複数持っていると、Aのパターンがダメでも、Bのパターンができます。

ボールを受けることに頭を使いすぎるのではなく、ボールを受けた後にどうするべきかを考えるようにしましょう。

サッカーの試合を見てポジショニングを学ぶ

実際にやり方がわかっても、どのように動けばいいのかわからないでしょう。

言葉で理解するよりも、試合を目で見た方が理解しやすいです。

とにかく、ボールを奪われない選手のプレーを観察しましょう。

成長のためにトライ&エラーを繰り返す

試合をたくさん見て、動きを頭に叩きこめたら、実際に自分でチャレンジしてみましょう。

はじめは上手くいかないことが多いですが、何度も繰り返しチャレンジすることで、勝手に体が動いてくれるようになります。

一回やってできなくても、成長するためには「トライ&エラー」を繰り返していきましょう。

まとめ

まずは、前提として5つのことを見れるようになりましょう。

サッカーで焦ってしまう原因は、基本的に周りが見れていないことです。

パスコースがないと焦るあなたは、ボールしか見ていないのではないでしょうか。

まずは、顔をしっかり上げて周りを見れるようになりましょう。

そうすることで、パスコースがないことで焦ることもなくなります。

いきなり5つのことを見るのは難しいので、1つずつ見れるようになっていきましょう。

この記事を書いた人玉城 翔玉城 翔
サッカー歴は10年以上にもなり、県選抜候補に選ばれたことも。自身経験を活かし、地元の小学生に指導した経験も持っている

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。