これを知らなきゃ始まらないサッカーの4つのポジション“DF編”

ポジション フットボールの勉強

今回、前回の続きでトレーニング記事ではなく、サッカーのポジションについてお話していきたいと思います。

 

4つある基本的なポジションの中から、今回は“DF”についてお話しさせていただきます。

 

 

DF(ディフェンダー)

基本的に、相手チームの攻撃陣と対面することが多いです。

守備の選手は、“ディフェンス”という言葉があるように、ディフェンスをする選手なので、ディフェンダーと覚えておいてもいいと思います。

 

他には、DFの列のことを“最終ライン”と呼んだりします。これは、よく使われる言葉ですので、覚えておいてください。

 

なぜ最終かと言うと、FP(フィールドプレーヤー)の最後の列なので、“最終ライン”と呼んでいます。古い言葉だと、DFのことを“バックス”と呼んでいました。

※FP=GK以外の出場選手(DF,MF,FW)

 

 

また、DF関係の言葉で“3バック”“4バック”という言葉があります。

この言葉は、フォーメーション(陣形)の話になります。

 

現在のサッカーでは、大きく分けて2つの陣形の区分けがあります。

この2つの陣形の分かれ目になるのが、DFの人数の違いになります。

 

DFが3人=3バック、DFが4人=4バックになります。

多くは、この2種類でフォーメーションを大きく区分けしています。

 

 

サッカーは前に進むスポーツですので、自陣の深いところから攻撃していく場合、DFは自ゴールに近い場所にいます。

そのため、深いところから攻撃する場合は、攻撃のとっかかりの部分を主に担当することになります。

 

なので、GKと同じく守備の選手ではありますが、攻撃にも当然かかわってくるポジションになります。守備だけを、見ていればいいというわけではありません。

 

また、相手チームが攻めてくる場合は、最終ラインですので、最後の防衛ラインがDFになります。

攻撃も大事ですが、基本的には守備がしっかりできないといけないことが、このポジションには言えることじゃないかなと思います。

 

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。