閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】試合になると増えるパスミスの原因とは!?
  2. 【サッカー】ゴールにつながる3つのターンシュートトレーニング
  3. 【サッカー】DFがボールを奪う時の考え方
  4. 【サッカー】パスカットを行うための考え方
  5. 【サッカー】フリーでボールをもらうコツ
  6. 【サッカー】ボランチの選手に実践してほしいトレーニング
  7. 【サッカー】プロになる人の特徴“後編”
  8. 【サッカー】プロになる人の特徴“前編”
  9. 【サッカー】PKを蹴る時のコツ
  10. 【サッカー】エラシコの3つのコツ
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

サッカーの本質から見るゾーンディフェンス

今回は、サッカーの本質からゾーンディフェンスを、考えていきたいと思います。

 

 

ボールコントロールが難しい

サッカーは、ボールを足で扱うスポーツなので、ボールコントロールが難しいです。

パスをするにしてもドリブルをするにしても、自分が思った通りのコースに動かすのは非常に難しいです。

 

また、手でボールを扱う競技に比べて、支点と力点までの距離が長いので、フォームがどうしても大きくなってしまいます。

このように、ボールを扱う難しさがあります。

 

 

なぜサッカーは人気なのか

では、なぜサッカーは、ゲームとしてこんなにバランスが取れているのでしょうか。世界中で人気を博していけるのでしょうか。

 

その答えは、ピッチの大きさにあります。

 

ピッチが大きいため、多少のミスをしても、それが許容されるようになっています。

フォームが大きくても、スペースがあるから大丈夫なんです。

 

サッカーは、ボールを扱う難しさを、ピッチの広さでカバーしバランスを取っているスポーツなんです。

 

 

守備はどうすればいいのか

では、守備としてはどういった戦略を取ればいいのか。

その答えは、ピッチを狭くすることです。

 

そして、ピッチを狭くする戦術こそが、ゾーンディフェンスです。

4-4-2のゾーンディフェンスを例にして、お話していきます。

 

 

4-4-2のゾーンディフェンス

相手攻撃側が、CBからSBにパスを出します。そうすると、守備側は一番近い選手が、ファーストディフェンダーとしてチェックをかけます。

そのDF選手との距離を埋めるように、他のDF選手が動き、連動して距離を詰めていきます。

 

このように、ボール周辺での密度を高めて、他のスペースを殺すのがゾーンディフェンスです。

この状況ですと、最終ラインとGK間のスペースと逆サイドのスペースは、死んだスペースとなります。

 

死んだスペースにするには、ファーストディフェンダーのクオリティが重要になります。

もし、サイドチェンジされると一気にピンチに陥るため、ファーストディフェンダーのクオリティは担保しなければなりません。

※ゾーンディフェンスでは、ボールにチャレンジする選手のクオリティが、成功の必須条件です。

 

解説者でよく、逆サイドのスペースは捨てるという表現がありますが、私はそれは間違っていると思っています。

ゾーンディフェンスは、逆サイドのスペースを殺しているんですね。デッドスペースにしているんです。

素早いサイドチェンジをさせないという意識が重要になります。

 

それが分かる例をもう一つお話します。

 

 

ゾーンディフェンスが有効でない場合

相手陣内に、プレッシングをかけた場合ですね。

 

通常、現代サッカーでは、相手陣内ではマンツーマンが主流になっています。ゾーンは、ほとんど使われていないです。

※基本的に、相手ゴールに近づくほど、相手選手に基準を置くディフェンスをします。

 

その理由としては、以下の2つのポイントになります。

 

①オフサイドラインが、ハーフウェイラインから上がらないから

②相手GKが攻撃参加できるから

 

これによって、ゾーンディフェンスではスペースを消すことができなくなります。

仮に、ゾーンディフェンスをした時のことをお話します。

 

DFラインは、ハーフウェイライン付近にピン止めされてしまいます。

DFラインがピン止めされてしまうと、第二ラインもピン止めされます。

 

大体、最終ラインと第二ラインとの間隔は、最大20mとされています。

これ以上離れてしまうと、相手選手にスペースでボールを、自由に持たれてしまうことになります。

 

ですので、ハーフピッチの長さ53m-20m=30m以上のところで、ほぼ自由に相手選手にボールを持たれてしまうことになります。

 

となると、ゾーンディフェンスは機能しません。

上記で説明したように、ボールホルダーへのチェックは、ゾーンディフェンスの第一条件です。スペースを消すための第一条件になります。

 

かといって、ハーフウェイラインのオフサイドラインを無視して、ゾーンディフェンスを無理矢理仕掛けていくと、裏のスペースが空いてスペースができてしまうため、ゾーンディフェンスが機能しません。

 

深さが十分あるため、GKやCBを使って裏抜けの攻撃ができてしまいます。ですので、ゾーンディフェンスは有効ではありません。

スペースを消すことができないので、ゾーンディフェンスは使えないということです。

相手選手が有効利用できるスペースを消すことができなければ、ゾーンディフェンスは機能しません。

 

逆に言えば、スペースを消せる状況であれば、ゾーンディフェンスは有効だということです。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。まとめると、以下のようになります。

 

・サッカーはボールコントロールが非常に難しい

・それを補うためにピッチが広く取られている

・ゾーンディフェンスはピッチを狭くする戦術

 

今回の記事が、ゾーンディフェンスを考えるうえでの、参考になれば幸いです。

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. サッカーの見かたが大きく変わるサッカー戦術の基礎知識【サッカー】…

  2. 【サッカーの本質】サッカーを教育のツールしてはいけないという話

  3. 【サッカー】DFがボールを奪う時の考え方

  4. 【サッカーの本質】サッカーを嫌いにさせてしまう大人、サッカーを下…

  5. 【指導法】中学生になってもサッカーを続ける時の注意点とは?

  6. これを知らなきゃ始まらないサッカーの4つのポジション“GK編”

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 今回は、普段の練習ならパスが上手く通るのに、試合中など動いている時だとパスが上手くいかない選手が、上…
  2. 今回は前線の選手、特にFWの選手が意識して行うと、たくさん点が取れるコツをご紹介していきたいと思いま…
  3. 今回は、1対1でディフェンスがボールを奪う方法や考え方を、解説していきたいと思います。&nb…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】試合になると増えるパスミスの原因とは!?
  2. 【サッカー】ゴールにつながる3つのターンシュートトレーニング
  3. 【サッカー】DFがボールを奪う時の考え方

line

SNSでも情報配信中!

facebook

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。