【サッカー】ワンツーパスを成功させる3つのコツ

スキルアップ パス 戦術 トレーニング

今回は、相手選手を置き去りにするワンツーパスについてお話していきたいと思います。

ワンツーパスは、2人組の関係で状況を打開するプレーですが、相手選手を置き去りにするためにある下準備がとても重要になってきます。

今回は、ワンツーパスをする時の下準備についてお話します。

これを意識するだけで、成功確率は上がると思うので参考にしてみてください。

目的

まず、ワンツーは相手選手の背後を取る必要があるので、相手選手が食いついていない状態だと背後を取ることは難しく、失敗してしまいます。

今回紹介する下準備の目的は、相手選手を食いつかせることです。

3つの下準備を紹介しますので、それらを利用して相手選手を置き去りにしましょう。

①その場でトラップする

1つ目は、その場でトラップをして相手を食いつかせることで裏を取っていく下準備になります。

ボールを受けた瞬間にあえて足元でトラップし、相手選手が食いついてきたらパスを出して裏を取っていくワンツーです。

ポイント:ボールを足元に止めて相手が食いついた瞬間にパスを出す

②トラップで相手に近づく

2つ目は、あえて前にトラップして相手選手に近づいてワンツーをしていきます。

なぜ相手に近づくかと言うと、相手選手が距離を取って食いついていない時に前にトラップして近づくことで、相手選手が食いつきやすくなります。

その時にパスを出して、ワンツーを狙っていきます。

ポイント:前にトラップしてDFに近づき、食いついてきた瞬間にパスを出す

③相手の心理を利用する

3つ目は、相手の心理を利用して食いつきたくなる状況でトラップをして、ワンツーを狙います。

ボールを受けた時に、あえて後ろにトラップをします。

これにより、相手選手はさらに食いついてくるので、その時にパスを出して裏を取っていくプレーです。

ポイント:後ろ向きにトラップすることで、相手が食いつきたくなる状況を作る

まとめ

今回ご紹介した、ワンツーパスの下準備は3つあります。

  1. 足元にトラップして、相手が食いついてきたらパスを出す
  2. 前にボールを運んで近づき、相手が食いついてきたらパスを出す
  3. 後ろに下がってトラップをして、相手がより食いついてきたら裏を狙う

この3つを意識することによって、ワンツーパスで相手選手を置き去りにできるようになると思います。

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。