イメージトレーニングで判断力を上げよう

スキルアップ 練習法

サッカーは、多くの判断を行うスポーツです。

少し挙げるだけでも、

  • ポジショニング
  • ボールの動かし方
  • 1対1
  • 試合の進め方や終わらせ方

などいくつもの判断があります。

イメージトレーニングは、それらを実際に経験することなく、体感することができる、とても良いトレーニングです。

そこで今回は、イメージトレーニングの3つのメリットとコツ、について紹介します。

イメージトレーニングする3つのメリット

イメージトレーニングには、3つのメリットがあります。

  • 自由にプレーできる
  • 人数が必要ない
  • どこでもできる

以下で、説明していきます。

自由にプレーできる

イメージトレーニングの良いところは、自由にプレーできることです。

自分がメッシやエンバペ、ハーランドのようなプレーもできます。

もちろん、あまりにも現実離れしたプレーを想像しても意味はありませんが、それでも、自由にプレーしている自分を想像することで、サッカーが楽しくなりますし、アイデアが豊富になります。

その中から、得意なプレーや意外性のあるプレーが生まれます。

イメージトレーニングは、実際にはチャレンジしなさそうな、自由なプレーをイメージすることで自分の選手としての幅を広げることができるのです。

人数を必要としない

イメージトレーニングは、自分一人でできるので人数を集める必要がありません。

実際に、戦術的なトレーニングをしようとすると、多くの人数が必要です。

チームの練習では人はいますが、自主練で人を集めるのは、難しいです。

でも、人が集まらなくてもイメージを使えば、一人でも効果的な戦術的トレーニングはできます。

イメージの中では、味方も敵も自由に増やしたり、減らしたりできます。

人に気を使わずに、思う存分、戦術のトレーニングができるのが、イメージトレーニングの良さです。

どこでもできる

イメージトレーニングの良いところは、場所を選ばないことです。

自宅でも、外出先でも、どこでもできます。

例えば、試合や練習が終わった後の帰りの電車やバスの中でもトレーニングできます。

そうすれば、記憶が新しいので、より良く自分のプレーを振り返れます。

どこでもできるということは、回数を重ねる上でも良いことなので、いつでもできるよう準備をしておくと良いでしょう。

イメージトレーニングの進め方の例

イメージトレーニングは、やり方は何でも良いですが、おすすめとしては、試合開始から終了までをイメージするやり方です。

試合がキックオフされ、20分経ち、前半が終了し、後半が始まり、ロスタイムになり、試合終了。

その中で、様々なことが起こると想定して、自分やチームがどういうプレーをすると良いサッカーや試合ができるかを考えることです。

その過程で、判断力が磨かれていきます。

例えば、試合の開始時点で、どんどん前線にボールを入れて、相手が落ち着く前に攻めこんでゴールを奪う、といったやり方があります。

それをイメージしておけば、自分のポジショニングや仕掛けるポイントなどを、冷静に前もって考えておけます。

そしてそれは、実践で大きな助けになります。

イメージトレーニングのコツ

イメージトレーニングのコツとしては、以下の3つがあります。

  • 良いプレーをイメージする
  • 改善点を考える
  • 今までやったことのないことをイメージする

それぞれ説明していきます。

良いプレーをイメージする

自分が良いと思っているプレーをイメージの中で、プレーしてみましょう。

自分がどこかで見たプレーや実際にできたプレーでも、そのプレーが再現できるようにイメージします。

例えば、どこかの試合で、誰かが左サイドからカットインして、シュートを決めたとします。

そのプレーを自分がやると、イメージするのです。

繰り返しイメージすることで、そのプレーへの成功のイメージも固まってきます。

良いイメージを頭に植え付けることで、そのプレーが自然と引き出されるようにするのです。

改善点を考える

実際のプレーや動画などで、うまくいかなかったプレーをイメージトレーニングで改善していきます。

例えば、最終ラインからのビルドアップで相手にはめられて、中盤でボールを失ったとします。

そこで、なぜ相手にハメられたかを考えます。

ボールを受けるポジショニングが悪かった、視野が狭くなっていた、などいくつか理由があると思います。

それをイメージの中で解決していきます。

実際にその場面を練習などで再現するのは、監督でもなければ、難しいことだと思います。

でも、イメージの中なら、何度でもその場面を再現し、改善することができます。

イメージトレーニングは、改善をするのに、とても良い方法なのです。

今までやったことのないことをイメージする

イメージトレーニングは、今までにしたことのないプレーをするのに、ピッタリのトレーニングです。

例えば、自分が今までウイングしかやったことがないのに、ワントップのポジションに指名されたとします。

ワントップの特徴的なプレーは、クサビを受けるプレーです。

クサビを受けたことがなくても、イメージトレーニングをしておけば、実際にプレーする時に、注意するポイントがわかります。

どんなパスが送られてくるか?、ディフェンスはどのような対応をしてくるか?、味方の動き方など、イメージトレーニングをしておくと良いです。

その場その場で判断すべきことを事前に想定することができます。

もちろん、やったことがないことなので、想定外のことは起こります。

それでも、イメージトレーニングを多くこなしていれば、対応力は格段に上がるでしょう。

まとめ

今回は、イメージトレーニングのメリットとコツについて紹介しました。

イメージトレーニングを行えば、楽しく、効果的にサッカーに必要な判断力を上げることができます。

今回の記事を参考にして、ぜひ判断力を上げるようなイメージトレーニングを行ってください!

 

この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。