☆利き足インステップリフティングの効果②

スキルアップ 檜垣裕志 練習法

★利き足のインステップから繋がるボール感覚

人間が立った状態から、一番シンプルにボールを持てるボールの置き場所は、利き足の前であり、それは利き足の指の前です。

そこに繋がるようになるためにも、利き足のインステップのリフティングは確実に効果があります。

両足リフティングだと、ボールコントロールミスには両足でボールに反応することになり、その時点で身体も開くし、ボールを追うポイントもまた身体が開いた状態になります。

日本人特有の右のボールには右足、左のボールには左足というように、身体が開いた状態でボールに合わせることになってしまいます。

★ボールに合わせるポイントは一つ

利き足のインステップでリフティングすることは、一つのポイントでボールに合わせる感覚を養うことが出来ます。

ボールは一個ですから、合わせるポイントも一つであり、その合わせる感覚こそが、ボールを自分のものにするためのポイントです。

ですから、利き足のインステップのリフティングは基礎中の基礎であり、それを確実にしっかりやることが、スタートとして非常に重要なのです。

★利き足のインステップに合わせるポイント

利き足のインステップにボールを合わせるという感覚が、ボールを自分のものにする感覚と技術に繋がります。

それは、トラップ、キック、ドリブルなど、すべてのボール感覚、ボールコントロールに繋がるということです。

例えば、利き足のインステップリフティングは、ボールに合わせるポイントが正しく利き足のインステップに真っ直ぐ合っていれば、ちゃんとボールタッチが出来ます。

それがズレていると、ボールタッチのミスに繋がりますからね。

こういう感覚は、トラップ、キック、ドリブルなど、あらゆるボールコントロールの感覚に関係しています。

だからこそ、先ずは利き足のインステップリフティング千回と、利き足のインステップリフティングウォーキング500メートルを目指してやりましょう。

★ボールに合わせるポイントが作られる

ボールを無理矢理にコントロールする感覚では、ボールは自分のものにはなりません。

両足を使って何でもありでボールをコントロールするという感覚の時点で、それは技術ではありません。

ボールは一個、利き足からボールに合わせるという感覚こそが、ボールを自分のものに出来る「はじめの一歩」です。

利き足のインステップこそが、その感覚に繋がるはじめの一歩でもあります。

★点と点

ボールは一個、その瞬間にボールに合わせるのは一点のみ。

身体中どこを使っても、ボールをコントロールする感覚では、すでに身体も開き、まともなボールコントロールにはなりません。

しかし、サッカーはフィジカル要素もありますから、フィジカルだけで雑でも何でもボールコントロールし、サッカーをやっている人は、ブラジルにもいます。

それでは、上手くなる要素は全くありません。

サッカーは技術が上がってこそ、さらにサッカーを楽しめて、高いステージへと繋がるのです。

★ボールに合わせようという意識

点と点が繋がるということは、はじめからそれが出来るわけではありません。

ボールという点に、自分の利き足という点を素直に合わせるという感覚です。

あらゆる場面、あらゆる状況の中で、そのボールという点に合わせる準備こそが重要なのです。

そのトレーニングとして効果があるのが「利き足のインステップリフティング」ということです。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。