スタミナをつけるメリットと練習法

スキルアップ ポジション 戦術 練習法

チーム内で、自分よりスキル的に巧い選手に出会うことがあるかもしれません。

では、スキルの高い選手には、ポジション争いで勝てないか、と言えば、そうではありません。

スキルでは勝てなくても、スタミナという要素で勝てれば良いからです。

スタミナがあり、それを効果的に使える選手は、巧い選手以上の価値があります。

そこで今回は、サッカーにおける、スタミナをつけるメリットと練習法を紹介します。

スタミナをつける4つのメリット

スタミナをつけるメリットは、以下の4つです。

  • 広い範囲で貢献できる
  • 経験を増やせる
  • プレーの質を保てる
  • ケガの予防

それぞれ説明します。

広い範囲で貢献できる

スタミナがつくと、試合中に多くのプレーに絡むことができます。

例えば、ボランチの選手だとすれば、中盤のプレーだけではなく、前線に飛び出していって、ゴール前でシュートをしたり、ディフェンスラインの裏までいって、カバーをすることができます。

多くの場面に現れることで、チームに貢献できます。

経験を増やせる

スタミナがあると、多くのプレーをこなすことができます。

例えば、サイドバックだとして、もしスタミナがあれば、オーバーラップの回数を増やすことができます。

そして、オーバーラップの回数を増やせば、それだけトライ&エラーを経験できます。

その経験が、選手を上達させてくれます。

もし、スタミナがなければ、オーバーラップできる場面でも、疲れで上がるのを躊躇するでしょう。

スタミナは、プレー経験を増やす意味でも重要なのです。

プレーの質を保てる

疲れがたまると、プレーの質が落ちます。

例えば、前半は高いパフォーマンスを見せることが出来たとしても、スタミナがないと後半はバテます。

もし、スタミナがあれば、試合を通じて良いプレーをすることができます。

試合の終盤に相手ディフェンスと競り合った時に、相手は疲れてスピードが落ちているけれど、自分はスピードが落ちず、そのまま競り勝ってゴールにつなげた、という場面も起こり得ます。

相手にとっても、スタミナのある選手は、終盤になればなるほど、嫌な選手になります。

ケガの予防

疲れた状態でプレーを続けると、ケガのリスクが高まります。

逆に言えば、スタミナがあり、疲労が少ない状態でプレーすれば、ケガのリスクは減らせるということです。

例えば、疲労がたまった時に相手と競り合った場合、疲れていない時なら、受け身をとれたのに、疲労で受け身をとれずに倒れてしまい、ケガを負うことがあります。

スタミナをつけることは、ケガの予防につながります。

スタミナをつける3つの練習法

ここでは、自主練、または普段の練習の中でスタミナをつける、3つの練習法を紹介します。

ただ、気をつけないといけないのは、疲れはケガにつながるので、決してオーバーワークをしない、ということです。

疲れすぎているな、と感じたら、しっかりと休憩をとる、又は中止する、ということも意識してください。

  • ダッシュとジョグを組み合わせる
  • 1対1や2対2を多くこなす
  • ペース配分をしない

ダッシュとジョグを組み合わせる

体力をつける時に、一般的に考えられるのが、持久走です。

2~5キロ以上の距離をランニングする方法です。

しかし、サッカーでは、ダッシュする時間以上にゆっくりと動いている時間が多いです。

なので、試合に合わせて、ダッシュとジョグを組み合わせることをオススメします。

例えば、1キロを走るなら、50mダッシュと50mジョグを1セットとして、それを10セット行うと良いです。

さらに、試合をイメージしながら、10セットを行うと、より効果的です。

1対1や2対2を多くこなす

サッカーで特に疲労がたまるのは、対人プレーの時です。

相手との競り合いやぶつかり合いで、体力は削られていきます。

なので、練習や自主練の時は、意識的に1対1や2対2をする回数を増やしましょう。

この練習は対人スキルを身につけながら、スタミナをつけることができるので、一石二鳥の方法です。

ペース配分をしない

通常試合では、ペース配分をします。

しかし、ここでは、スタミナをつけるために、あえてペース配分をしないことをオススメします。

ペース配分をしないことで、もしかしたら、前半しかもたないかもしれません。

しかし、その分ゲームでのスタミナは確実につきます。

結局サッカーでは、試合のスタミナは試合でつけるのが、最も効果的だからです。

もちろん、この方法は監督やチームメイトの協力が欠かせませんので、実行する時は同意を得ておきましょう。

まとめ

今回は、スタミナをつけるメリットと練習法を紹介しました。

スタミナをつけるメリットは、以下の4つです。

  • 広い範囲で貢献できる
  • 経験を増やせる
  • プレーの質を保てる
  • ケガの予防

練習法は、次の3つです。

  • ダッシュとジョグを組み合わせる
  • 1対1や2対2を多くこなす
  • ペース配分をしない

スタミナをつけて、ポジション争いに勝ち、ぜひ試合で活躍してください!

 

この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武

 

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。